コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【福島旅行】最旬ニュース&トピックスをチェック!

【福島旅行】最旬ニュース&トピックスをチェック!

by mapple

更新日:2018年8月31日

ふくしまを旅する時に知っていると、もっと楽しめる今旬な情報をご紹介。旅プランにぜひ加えてみて!

スパリゾートハワイアンズ

【2017年7月新設】
スパリゾートハワイアンズに日本一のボディスライダー「BIG★ALOHA」登場!
高低差、長さとも日本一を誇る「BIG☆ALOHA」は、オープンわずか3か月で利用者10万人を突破。ビル10階相当の高さを滑り降りるコースは、まさにモンスター級の興奮度。スパイラルとウェーブの2コースがあり、チューブ内は極彩色の異次元空間になっている。ゴールには自動撮影システムが設置され、ダイナミックな着水シーンを記念に残すことも可能。ビッグアロハ滑走証明書付きで1050円。

高さを実感してテンションアップ。身長120cm未満は利用できない

空前絶後のスケール感を体感せよ!

ウインナーとポテトの〝ダブルぐるぐる〟が楽しいロコモコ

ビッグアロハバーガーはパテ&ぐるぐるウインナーでボリューム満点

鶴ヶ城

【2018年1月~】
戊辰戦争から150年。2018年は、歴女落涙の幕末・会津に注目!
慶応4(1868)年、旧幕府軍と新政府軍が鳥羽・伏見で戦ったのを皮切りにはじまった戊辰戦争。旧幕府軍として参戦していた会津藩にも新政府軍が攻め込み、1か月に及ぶ鶴ヶ城での籠城戦の末、9月22日に降伏した。その激闘の舞台、鶴ヶ城を中心に関連の企画展やイベントなどが開催される。

鶴ヶ城に登場したVR体感シアター「VR幕末の会津若松」。会津藩ゆかりの人物が幕末の会津を案内してくれる

浅草から会津エリアへ直通で行ける特急「リバティ」が始動

2017年4月運行開始
東武鉄道の新型特急「リバティ」の運行がはじまり、浅草から鬼怒川温泉経由、南会津の会津田島駅までが直通運転となり格段に便利になった。途中の会津高原尾瀬口駅は、檜枝岐観光や尾瀬沼トレッキングの玄関口。リバティに合わせた路線バスも出ている。

会津田島駅までは最短で3時間9分。会津若松へはリレー号が連絡

檜枝岐や尾瀬沼、大内宿にも行きやすい!

トレッキングで人気の尾瀬沼。沼山峠までバスが出ている。リバティでアクセスが便利に

全国新酒鑑評会で金賞受賞数が5年連続№1!!

2017年8月
約70の酒蔵がある酒どころの福島県。全国トップレベルのおいしさと醸造技術力を示しているのが、「全国新酒鑑評会」での受賞歴だ。吟醸酒を対象に2017年は全国から860銘柄が出品され、福島は30銘柄が入賞し、そのうち22銘柄が金賞を受賞。都道府県別で5年連続日本一になった。豊かな自然と蔵元によって育まれた福島の酒をぜひ味わおう。

国権酒造

10年連続金賞の老舗酒蔵
明治10(1877)年創業の南会津の名酒蔵。厳選した酒造用米と会津の名水で仕込んでいる。代表銘柄「國権」は経験豊かな南部杜氏が手掛け、長年の金賞受賞をもたらしている。

特選大吟醸 國権(限定品)1万800円(1.8ℓ)
金賞受賞酒。ゆっくり熟成させた最高峰の大吟醸は芳醇な香りで、きめ細かな口当たり。2018年は5月上旬発売予定

いわきFC PARK

【2017年7月オープン】
「いわきを東北一の都市にする」いわきに、日本初の商業施設複合型クラブハウス誕生
2017年夏の天皇杯でJ1のチームを撃破したいわきFC。「いわきを東北一の都市にする」をビジョンに掲げるホームグラウンドに、商業施設を併設した、日本初の複合型クラブハウスがオープン。

レストランやトレーニングジムから専用グラウンドが見える

いわきFCは地元いわきがホームタウンの社会人サッカークラブ
チームカラーのKINGレッドを基調としたスタイリッシュな建物

3・11から復興中のふくしま

2017年春、飯舘村など4町村で3・11以来6年ぶりに避難指示が解除され、一部住民の帰還がスタート。住民の帰りを待つ桜並木や、大盛りメニューで元気をくれる村の食堂など、明るい話題が次々に届いている。

飯舘復興の桜

1997年に飯舘村の会田夫妻が自宅の敷地に植え始めた桜の木。その活動は3・11後にも続けられ、ついには3000本を突破。「飯舘復興の桜」として村民の心の支えになっている。

夫婦で植え続けた約3000本の桜
会田夫妻は避難先の相馬市から1時間かけて飯舘村に通い、植樹を継続させた

いいたて村の道の駅 までい館

もともと花栽培が盛んだった飯舘村らしい、花いっぱいの施設。県内2番目の重点「道の駅」にも選定された。

飯館村に道の駅誕生!

相馬野馬追

南相馬市小高区では、神旗争奪戦などで活躍した騎馬武者の凱旋「帰り馬」が7年ぶりに復活。地元を活気づけた。

ド迫力のサムライスピリットを目撃せよ!

石井食堂

避難指示解除の後に、いちはやく村に帰ってきた石井食堂。大皿にこれでもかという量がのった、名物のチャーハン大盛り650円も健在。村民の胃袋を支えるという心意気も特大サイズだ。

生鮮食品や日用品もそろう、村民の生活に欠かせない存在

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×