コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【釧路湿原】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【釧路湿原】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年9月26日

道の駅阿寒丹頂の里

北海道内最大級の広さを誇るグルメやおみやげが充実の道の駅
釧路市中心部と阿寒湖湖畔を結ぶ国道240号沿いに立地。インフォメーションセンター「クレインズテラス」では、地元の食材を使った軽食や加工品を販売し、ドライブ客に人気。また、真向かいには宿泊施設や温泉などを併設する「丹頂の里温泉赤いベレー」があり、阿寒摩周国立公園、釧路湿原国立公園の観光拠点として利用しやすい施設がそろう。徒歩圏内にはタンチョウの観察ができる「阿寒国際ツルセンター【グルス】」がある。

釧路産のカラマツ材を使ったインフォメーションセンター「クレインズテラス」

美肌の湯が楽しめる天然温泉(丹頂の里温泉赤いベレー)

地元の特産品が並ぶ「阿寒マルシェ」(釧路・阿寒特産品販売店)

「クレインズテラス」には観光案内所や特産品販売店、軽食喫茶室などを併設

軽食コーナーで販売する丹頂ソフトクリーム(380円)

人気おみやげ

フリーズドライ山わさび(480円)

道の駅まんじゅう(8個入・756円)

釧路市動物園

北海道ゆかりの動物たちが見られる
約370点にものぼる動物を飼育。天然記念物のシマフクロウなど、希少な野生動物が見られる。

ヒグマ観察窓があり、ガラス越しにエゾヒグマが見られる

動きが人間っぽいとSNSなどで一躍人気となったホッキョクグマの「ミルク」

塘路湖

釧路湿原で最も大きい湖
釧路湿原三湖のなかで最も大きいにもかかわらず、最大深度は約7mと浅い。周囲にはアイヌの人々が食料にしていたというペカンペ(ヒシ)が茂っている。遊歩道とキャンプ場があり、カヌーもできる。

湖畔には塘路湖エコミュージアムセンターや標茶町郷土館もある

塘路湖エコミュージアムセンター あるこっと

塘路湖周辺の自然について紹介
釧路湿原の四季折々の自然や、その利用についての情報を提供。ジオラマや展示パネルなどで湿原の生態も学ぶことができる。

「水」をテーマにした館内の展示

釧路湿原野生生物保護センター

野生生物や湿原について学ぶ
釧路湿原の情報や道東の野生生物について解説。保護収容されているシマフクロウのリハビリの様子をモニターで観察できる。

野生生物や生態系をパネルやジオラマなどで紹介

釧路市ふれあいホースパーク

乗馬などで馬とふれあえる
乗馬や引き馬はもちろん、馬に乗れない人のために馬車も用意している。

子どもに大人気の馬車。のんびり園内をまわる

佐々木榮松記念釧路湿原美術館

釧路湿原を描き続けた画家・佐々木榮松氏を記念した美術館。

Pomme de terre

釧路湿原を望むカフェ。かわいらしい雰囲気の店内で自家製ケーキやドリンクが味わえる。

釧路市湿原展望台

遊歩道を歩く前に立ち寄りたい
釧路湿原について学べる施設。建物周辺はサテライト展望台や温根内ビジターセンターに通じる遊歩道がある。

釧路湿原のジオラマが見られるエントランス

「ヤチボウズ」がモチーフの建物

温根内木道コース

一年を通してさまざまな野鳥が見られる
「温根内ビジターセンター」を起点とする約3kmの遊歩道。釧路市湿原展望台の散策路(P.59) ともつながっている。道道53号沿いに駐車場があり、そこが湿原への入口。

バリアフリーの木道を設置している

ガイドマップなども置いてある温根内ビジターセンター(火曜休館)

山花温泉リフレ

よく温まると評判の温泉は日帰り入浴も可。道東道阿寒ICから車で10分の場所にある。

鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO

重曹泉という珍しい泉質は、肌がツルツルになると評判。

ファームレストランハートンツリー

見晴らしの良い丘の上にあるファームレストラン。鶴居村の「幸せ牛乳」を使った料理が味わえる。ガーデンランチは2100円。

鶴居たんちょうプラザ つるぼーの家

鶴居村でつくられているオリジナルチーズを筆頭に、特産品が一堂にそろう。鶴居村産の「たんちょうソフト」も味わえる。

鶴居どさんこ牧場

どさんこと一緒に湿原散策へ
初心者でも乗馬に気軽に参加できる。乗馬経験者向けには秘境「キラコタン岬コース」もある。

強い足腰と持久力が特徴の、背の低い小型の道産馬に乗る

レストラン・オズ

釧路湿原にひっそりとたたずむ
ビーフシチューなどの洋食のほか、健康に配慮した和食系の料理も提供。店内はジャズが流れ、落ち着いた雰囲気。

[なるほどCOLUMN]丘の田園風景が広がる「鶴居村」へ行ってみよう

鶴居村は釧路市街から34kmほどの場所にある小さな村。タンチョウが見られるスポットやロケーションのいいカフェ、チーズ工房などがあり、北海道らしい風景と食材が楽しめると評判だ。日本の美しい農山漁村が加盟する「日本で最も美しい村」連合のひとつで、風景や食などで、美しい村づくりを推進している。

小高い丘の上にカフェやレストランがあるのも魅力

筆者:mapple

まっぷる知床・阿寒 網走・釧路湿原’19

発売日:2018年04月23日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×