コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【唐津】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【唐津】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【唐津】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

by mapple

更新日:2018年12月16日

国の特別名勝の虹の松原を筆頭に、玄海国定公園の風光明媚な景観と玄界灘の海の幸が楽しめる。

西ノ門館 

さまざまな出土品が見られる
唐津市内で発掘された出土品などを展示するほか、唐津くんちに使われる曳山の修理期間中は、その様子が見学できる。唐津焼の展示即売や曳山の姿掛けなどの唐津みやげも販売。

西ノ門館 

白壁蔵造りの建物。唐津城下散策の休憩所としても利用できる

旧高取邸

見ごたえのある炭鉱王の邸宅
石炭産業で富をなした高取伊好の邸宅。和風建築に洋間や洋風の装飾を取り入れた独特のたたずまいは見ごたえがある。72枚におよぶ杉戸絵、欄間、能舞台など秀麗な意匠が目を引く。

旧高取邸

大広間棟の座敷に組み込まれた能舞台

鏡山

「領巾振山」とも呼ばれる山
虹の松原の後方に控える標高284mの山。奈良時代からさまざまな歌人が訪れては万葉の歌を残したと伝わり、領巾振山とも呼ばれる。展望所からは、270度の広大なパノラマが楽しめる。

鏡山

唐津市の東部にそびえる小高い山

近松寺 

近松門左衛門ゆかりの寺
創立は乾元元(1302)年といわれ、その後波多氏が再建した臨済宗南禅寺派の禅寺。境内には江戸時代の浄瑠璃作家近松門左衛門の遺髪塚、庭園「舞鶴園」、織部灯籠、茶室などがある。

近松寺 

風格のある山門は名護屋城の一部を移したものとされる

旧唐津銀行

赤レンガのアーチ窓がレトロ
唐津出身で東京駅を設計した辰野金吾が監修。明治45(1912)年に唐津銀行の本店として建てられ、平成9年まで使われた。平成23年に創建当時の状態に復元。12月29日から31日は休館。

旧唐津銀行

赤レンガと白い御影石を使ったデザイン

唐津市ふるさと会館アルピノ 

みやげ、食事、絵付け体験などができる
1階は唐津の名産品がそろう「土産コーナー」、2階は唐津焼の展示即売所、3階は食事処「からつ」がある。絵付け体験(湯呑み1620円)やレンタサイクル(有料)を受け付けている。

唐津市ふるさと会館アルピノ 
唐津市ふるさと会館アルピノ 

JR唐津駅前にある複合施設。唐津焼なども買える

魚見台公園

かつては魚の見張り台
唐津湾沿いに延びる名勝虹の松原(P.9参照)が一望できるスポット。昭和10年ころまでは魚の群れの見張り台として利用されていた。桜やツツジの名所としても人気がある。

魚見台公園

唐津湾を望む眺めのよいオープンスペース

宝満神社

創建は享保4(1720)年と伝わる。「産神宝満寺宮」とも呼ばれ、産婦と新生児を守護する神社。

宝満神社

猪堀の滝

通称「御滝様」と呼ばれ、森林浴の森100選の一つ。落差13mの男滝と落差5mの女滝の美しい滝からなる。

猪堀の滝

観音の滝

眼病に効くと伝わる滝
木がくれの淵、白竜の滝など8つの滝と淵が清流で結ばれ、豪快にしてしなやかな流れの滝。日本の滝百選に選ばれている。清らかな水は眼病に効果があると伝わる。

観音の滝

野鳥の声を聞きながら散策できる

ブーゲンの森 

唐津湾や虹の松原を見下ろす高台にあり、通年30種120本のブーゲンビリアが見られる。見ごろは5月と11月。

ブーゲンの森 

岸岳ふれあい館 

唐津市北波多と相知町の境界をなす岸岳の登山口休憩施設。北波多地区の歴史や岸岳城跡に関する案内板がある。

岸岳ふれあい館 

樫原湿原 

山間地の豊かな湧水で形成されたおよそ8haの湿地帯。6月はトキソウ、8月はサギソウなどの花が咲く。

樫原湿原 

見帰りの滝 

滝しぶきの迫力は九州に類を見ない。春は桜、初夏は新緑とアジサイ、秋は紅葉が周辺を彩る。

見帰りの滝 

イタリアン創作料理欅

唐津産の材料でつくる本格イタリアン
家族3人で営むイタリアンレストラン。野菜や魚は、すべて唐津でとれたもの。メニューはコース料理のみ。コーヒーカップや前菜の器は唐津焼を使っている。

イタリアン創作料理欅

野菜をたくさん使った料理が並ぶ

海幸 

ワインとともにすしをつまむ
地下にレンガ造りのワインセラーがあり、ワインとともに唐津市場から仕入れた魚介を使ったにぎりずしが味わえる。ワインはグラスでも注文でき、150〜200本をそろえる。

海幸 

 すしのほか、ワインに合うメニューがそろう

海浜館 唐津本店

名勝「虹の松原」内にあるレストラン
100万本ほどの黒松が美しい景観をつくる虹の松原内に、2000坪の敷地を広げる欧風創作料理レストラン。和風の味を生かした味付けで、海の幸のスパゲティーなどのメニューがある。

海浜館 唐津本店

地元産の旬の魚介を使った欧風の創作料理

玄海肴処 旬風

目利きの店主が選んだ旬の魚を味わう
魚市場での仲買人の経験から、店主の目利きは確か。毎朝仕入れる魚介は刺身、焼き物、煮物、蒸し物など多彩な調理法で味わえる。7、8種類がのる刺身盛り合わせは人気。

玄海肴処 旬風

おまかせ刺身盛り合わせ。写真は3、4人前

鮨処 つく田

江戸前ずしで楽しむ玄界灘の旬
コウイカ、車エビなどの旬を江戸前に仕立てたネタは、玄界灘産がほとんど。砂糖を使わず、酸味が少ない赤酢を使った酢めしは、ネタとのバランスで握り方を変えている。

鮨処 つく田

一人前のにぎりは8カンから10カン

あわび料理専門店 魚又

唐津湾でとれたアワビを味わう
創業65年を超えるアワビ料理専門店。アワビの刺身、湯引き、浜焼きなどアワビ料理だけで30品を数える。アワビと生ウニがのった二重丼は、玄界灘の海の幸が同時に味わえる。

あわび料理専門店 魚又

二重丼は2484円または3240円

ステーキハウス蜂

独自の熟成法でさらにうまみが増す
肉は独自の保存方法で熟成。ステーキは肉の味を最大に生かすために塩、コショウに加え、赤ワインで風味付けする。肉汁を封じ込めるため、ブランデーでフランベして仕上げる。

ステーキハウス蜂

佐賀産和牛や地元の魚介を鉄板焼きで味わう

日本料理 花菱

日本料理で唐津の美味を堪能
玄界灘の活魚、唐津の旬の産物を使った日本料理が味わえる。料理はすべておまかせの会席料理。客室は個室で、唐津の静かな町中で、ゆっくりと季節の料理を楽しむことができる。

日本料理 花菱

季節の味が唐津焼や有田焼に盛られて出る

潮路乃 

200m沖の海水で鮮度を保ったイカ
イカの活造りがおいしい店。店内の水槽には、魚の餌になるプランクトンが豊富な幸多里沖浜沖合200mの海水を引き込んでいて、イカをはじめ、どの魚介も鮮度が高い。

潮路乃 

透き通ったイカが鮮度の高さを示す

キャラバン 佐賀唐津*和牛ステーキ専門店

絶品ステーキ&熱いシェフとの出会い
厳しい審査を受ける佐賀牛のなかでさらに最高ランクの肉を吟味。客の前で、まず肉の品質や部位の説明をして、切り出したあとに300℃の鉄板で焼き上げる。人気店なので予約必須。

キャラバン 佐賀唐津*和牛ステーキ専門店

佐賀牛特選ヒレ・サーロインMixコースランチは6000円から。岩塩をひと粒のせて食べると肉の甘みが際立つ

Tea&Space 基幸庵

茶と手製の和菓子でほっこり
桜、栗、ナラなどの木を使った家具と土壁のぬくもりを感じるカフェ。メニューは抹茶、ほうじ茶、和紅茶やコーヒーに、地元の菓子職人が手がける和菓子を添えたセットやぜんざいなどがある。

caféサンの森

ランチと手製のスイーツが人気
のどかな田園風景が見える店内でくつろげる。人気が高い平日のランチは、3種類からメインを選ぶことができる。材料を吟味したスイーツの評判が高く、とくにパフェが充実。

caféサンの森

スウィーツプレートの内容は季節により替わる

珈琲 檸檬樹 

唐津のご当地グルメに注目
JR唐津駅のそばにある喫茶店。食パンをくりぬいてドリアを入れた独自のドリアボートをもとに、「唐ワン伽哩ドリア」を考案。食パンにキーマカレーが入る。

珈琲 檸檬樹 

食パンが器の役割を果たす

大豆工房いきさ屋 

豆腐を使った商品が並ぶ専門店
見帰りの滝がある伊岐佐地区の豆腐専門店。地元産の風味のよい大豆「フクユタカ」を原料に、豆腐ババロア、豆腐プリン、ざる豆腐、よせ豆腐などをつくる。昼の豆腐定食(750円)も好評。

大豆工房いきさ屋 

豆腐ババロアと豆腐プリン(写真はイメージ)

からつバーガーとコーヒーの店

ハンバーガーをマイクロバスで販売。地元では「からつバーガー」の愛称で親しまれる。種類は5種類。

からつバーガーとコーヒーの店

和菓子の開花堂 

50年ほど前につくられた「さよ姫」を看板商品とする創業明治31(1898)年の和菓子店。

和菓子の開花堂 

たまご色のケーキ屋さん 

放し飼い鶏の卵を使ったケーキやプリンを販売。純生クリームを巻いたロールケーキは人気が高い。

たまご色のケーキ屋さん 

鳴神の庄

七山のみずみずしい野菜や果物が並ぶ。弁当や七山茶、よもぎ饅頭などの特産品も扱う。

鳴神の庄

天佑庵 

マツキン醸造の直売店。マツキンのほぼ全商品を扱うほか、味噌せんべいや甘酒アイスなどを販売。

天佑庵 

ななのゆ足湯バス停

バスの待ち時間に足の疲れを癒す
七山にある昭和バスななのゆバス停に設けている足専用の温泉。七山産の杉を使ったロッジふうの建物内に浴槽があり、それを取り囲むように7つの丸太椅子を設置。開放している期間は自由に利用できる。

ななのゆ足湯バス停

温泉に足をつけてのんびり

筆者:mapple

まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里

発売日:2017年07月21日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×