フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  四国 > 香川県 >

満濃池は空海が唐で学んだ最先端の技術を駆使して修築工事を完遂した

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年6月11日

この記事をシェアしよう!

満濃池は空海が唐で学んだ最先端の技術を駆使して修築工事を完遂した

香川県にある満濃池は、日本最大級のため池です。今から1200年ほど前、この満濃池を香川県出身の空海が改修工事を行いました。遣唐使として唐で学んだ知識を、空海は地元に還元することができたのです。

満濃池の決壊後の修築に問題発生

空海は唐に滞在中、密教以外にもさまざまな技術を習得しています。その象徴ともいえるのが、日本最大級の農業用ため池・満濃池(香川県まんのう町)の修築ではないでしょうか。

818年、大洪水により満濃池の堤防が決壊します。朝廷は堤防の修復を担当する築池使として路真人浜継(みちのまびとはまつぐ)を派遣したのですが、修復規模が広いうえに人手が足らず、1年経っても完成の目処(めど)が立ちませんでした。

1 2

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  四国 > 香川県 >

この記事に関連するタグ