>  >  >  > 

東京在住者限定!「もっと楽しもう!TokyoTokyo」を活用して旅行をぐっとお得に! 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年11月13日

この記事をシェアしよう!

東京在住者限定!「もっと楽しもう!TokyoTokyo」を活用して旅行をぐっとお得に!

いよいよ始まった、都内観光促進事業「もっと楽しもう!TokyoTokyo」。名前はよく聞くものの、これまでの「GoTo」キャンペーンと組み合わせることでどんな特典があったりどれだけお得になるのか、ちょっとわかりにくいという人も多いのでは。
そこで今回は、東京都民の皆さんが、東京に住んでいるからこそ受けられる、Go Toキャンペーンと、それに関連したプラスアルファについて詳しくみていきましょう。

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」で、都内の旅行をさらにお得に

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」で、都内の旅行をさらにお得に
写真:123RF

10月23日に、都内観光促進事業として「もっと楽しもう!TokyoTokyo」がスタートしました。東京都民を対象に、東京都内を宿泊地・目的地とする旅行(都内周遊に限る)に対して補助(割引)を行う「もっと楽しもう!TokyoTokyo」。宿泊を伴う旅行または宿泊のみの場合は1人1泊あたり5,000円日帰り旅行の場合は1人1回あたり2,500円が補助される事業です。

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の補助対象の条件は?

① Go Toキャンペーンと併用する場合
「宿泊を伴う旅行」と「宿泊のみ」では税込9,000円以上
「日帰り」では税込4,500円以上の旅行商品

② Go Toキャンペーンと併用しない場合
「宿泊を伴う旅行」では税込6,000円以上
「日帰り」では税込3,000円以上の旅行商品

Go Toキャンペーンと併用せず宿泊のみ、という場合は補助の対象とはならないため注意が必要です。

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の対象期間は?

対象期間は2021年3月31日までに完了する旅行(4月1日チェックアウト分を含む)ですが、各取扱事業者にあらかじめ配分した予算が消化され次第、事業が終了となる場合もあります。また、各取扱事業者の販売する東京都内旅行、あるいは東京都内宿泊が、すべて「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の対象であるとは限らないので、旅行の計画や予約の際には必ず確認してください。

>>旅行事業者などの一覧が見られる「もっと楽しもう!TokyoTokyo」のサイトはこちら

GoToキャンペーンとの併用で、さらにお得に

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の大きな特長は、やはりGoToキャンペーンと併用できることです。以下に具体的な例を挙げてみます。

(例1) 宿泊を伴う旅行、または宿泊を9000円で利用する場合
・Go Toキャンペーンで3,150円(35%)の割引
・「もっと楽しもう!TokyoTokyo」で5,000円の割引
となり、旅行者の支払額はたったの850円!
しかも、Go Toキャンペーンの地域共通クーポン1,000円分が付与されるので、実質的にはタダで東京都内の旅行を楽めます。

(例2) 宿泊を伴う旅行、または宿泊を20,000円で利用する場合
・Go Toキャンペーンで7,000円(35%)の割引
・「もっと楽しもう!TokyoTokyo」で5,000円の割引
となり、2つの事業による補助額の合計は12,000円、かつ3,000円分の地域共通クーポンももらえ、実質5,000円分の負担で済みます。

さあ、この機会にこれまで身近にありながら気づかなかった、あるいは通り過ぎていた東京の魅力を発見する旅に出てみましょう!

新ワークスタイルにも「もっと楽しもう!TokyoTokyo」をお得に活用 !

新ワークスタイルにも「もっと楽しもう!TokyoTokyo」をお得に活用 !
写真:123RF

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」は、東京都民の東京都内の観光のみならず、ビジネスでの利用も可能です(公費によるものは除く)。
ホテルに滞在して集中して仕事をする、混雑している通勤電車を避け、オフィスに近いホテルで「職住近接」の快適さを味わいたい、そんなビジネススタイル。Go Toキャンペーンと「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の強力タッグの活用で、ウイズコロナ時代の新しいワークスタイルを体験してみるのはいかがでしょうか?

平日5日間をホテルでワーケーション!

Go Toキャンペーンでは1回の旅行で最大7泊までが、「もっと楽しもう!TokyoTokyo」では同じく5泊までが補助の対象になっているので、日曜日の夜にチェックインして金曜日の朝にチェックアウトすれば、ちょうど5泊。
もし、ビジネスホテルに滞在する場合、1泊の料金が税込9,000円であれば、先述の例の通り1週間実質タダで新しいワークスタイルを体験できることになります。また、シティホテルに5泊滞在しても通常より大幅に安く泊まれることから、ハイグレードな施設と雰囲気の中、ワーケーション(テレワークを活用しながら、働きながら休暇をとる過ごし方)を体験してみるのも良いでしょう。

写真:123RF

シティホテル のお得プランをこまめにチェック

都心の各シティホテルでも、それぞれGo Toキャンペーンと「もっと楽しもう!TokyoTokyo」と連動した、通常よりもお得な料金プランを用意しています。シティホテルのスペシャル料金プランは人気が高いので、すでに完売になっているものも少なくありませんが、これから発売されるプランもあり、随時状況が変わっていくので、こまめに情報をチェックしてみましょう。

八丈島や小笠原…南の海に浮かぶ、「東京」の島々への旅

八丈島や小笠原…南の海に浮かぶ、「東京」の島々への旅
写真:123RF

東京都民限定で、格安で東京都内の旅ができるチャンスといっても、やはり東京都内だけでは近過ぎてしまって物足りない…と思っている方、忘れていませんか?東京の南、太平洋に浮かぶ島々の存在を…。

羽田空港から飛行機で約1時間の八丈島も、東京からの交通手段は所要時間24時間の船旅だけという小笠原も、間違いなく「東京都内」。今、東京都民だけの特権、Go Toキャンペーンと「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の併用で、遠くの島を訪れてみてはいかがでしょうか? 東京都に属する島々で、旅先として訪れることができるのは、伊豆諸島の9島(伊豆大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島)と、約1,000km離れた小笠原諸島の2島(父島、母島)の、合計11の有人島です。

伊豆諸島や小笠原諸島なら、さらにお得なサービスが!

今なら、11島を対象にプレミアム付き宿泊旅行商品券「しまぽ通貨」が販売中。これは、スマートフォンや携帯電話を利用した、東京諸島11島の加盟店と竹芝客船ターミナルの一部で使えるお得なサービスです。

「しまぽ通貨」は、1セット10,000円のチャージ額が8,000円になり2000円のお得、さらに1人で8セットまで購入可能。つまり、もらえるプレミアム額は最大18,000円!
利用には身分証明書とクレジットカードが必要で、1セットのチャージ額のうち3,000円分は宿泊施設のみでの使用となります。

>>「しまぽ通貨」を購入できる、「電子しまぽ」のホームページはこちら

なお、東京11島への旅をする場合、八丈島、小笠原などに向かう夜行の船の場合、運賃はGoToキャンペーンにより35%割引、さらに運賃の15%分の地域共通クーポンも付与されますが、「もっと楽しもう!TokyoTokyo」による割引はありません

また、夜行でない船、座席だけの船、飛行機の運賃は、Go Toキャンペーン、「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の、いずれの割引も受けられません。2つの割引が受けられるよう、自分の希望や都合にあった、交通手段と宿泊がセットになったパッケージツアーを探し、予約するのがベターです。

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」だけじゃない! 都民限定の特典プランをチェック

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」だけじゃない! 都民限定の特典プランをチェック
写真:123RF

東京都外へ旅する場合は、「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の適用対象外なので、Go Toキャンペーンでの補助しか受けられません。しかし、全国各地では、東京都民に限定した特典プランを提供している宿泊施設もあります。
たとえば東京都民限定で朝食や駐車場を無料でサービスする、宿泊前日夕方までキャンセル料無料となるといったプランが発売されています。

写真:123RF

東京都外への旅行を計画するのなら、目的地に東京都民限定の特典プランを提供している宿泊施設がないか、念のためチェックしてみるとよいでしょう。
例えば、箱根の「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」では、入浴券とドリンクの特典付きの「東京都民 応援ステイプラン」や、塩原温泉の「塩原 湧花庵」では通常価格より4000円安くなる「東京都民限定(1泊2日)プラン」などが用意されています(2020年11月11日現在)。

実家への帰省にも、Go Toキャンペーンを活用しよう

実家への帰省にも、Go Toキャンペーンを活用しよう
写真:123RF

東京にお住まいで、ふるさとは東京都外にあるという皆さんの中には、今年のゴールデンウィークも夏休みも帰省を自粛した、という方も少なくないことでしょう。そこで、年末年始こそは帰省を、という方に向けて、Go Toキャンペーンの活用方法をご紹介します!

多くの場合、帰省は実家で過ごすため、宿泊施設を予約するということはあまりないですよね。しかし、Go Toキャンペーンでは、交通手段の予約だけでは割引が受けられないため、交通手段と宿泊施設がセットになったパッケージツアーを予約しましょう

Go Toキャンペーンで地域共通クーポンも含めて実質半額になれば、例年に比べ帰省費用が大きく増えることはないでしょう。

写真:123RF

地元に帰省して、わざわざ宿に泊まるなんてもったいない、と思われるかもしれませんが、まだまだ新型コロナウイルスの感染が収まらない中、帰省先でホテルなどに泊まることは、実家にお住いのご家族への感染リスクを抑えることにつながります。特に高齢のご家族がいらっしゃる場合などは、「東京から来た、東京から来る」という、お互いの精神的な負担もやわらぐのではないでしょうか。

東京在住の特権を存分に活用して安心安全な旅行を

以上、東京に住んでいるからこその、Go Toキャンペーンや「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の活用術を紹介しました。都内のホテルをビジネスで活用したり、南の離島でのんびりしたりする以外にも、帰省などでも活用できるお得なプランが続々と登場しています。年末に向け、健康チェックの実施、3密回避、マスク着用、会話は控えめなど、「新しい旅のエチケット」を忘れず、お得に旅を楽しんでください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください