>  >  >  > 

【東京近郊】高級サンドイッチをテイクアウト! 珠玉のグルメサンドイッチ5選

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年12月4日

この記事をシェアしよう!

【東京近郊】高級サンドイッチをテイクアウト! 珠玉のグルメサンドイッチ5選

ホームパーティー が増えるこの季節、もう何を食べるかお決まりですか?
コロナ禍や外食の消費税の増税などが影響し、いま名店のテイクアウトメニューが注目されています。
パーティーの主役に、ちょっと贅沢なサンドイッチはいかがでしょう。

ここでは上質な食材にこだわった、ワンランク上のサンドイッチが評判の5店を紹介します。
この時期だからこそ味わいたい、テイクアウトの極上サンドイッチでプチ贅沢を!

【高級サンドイッチ×テイクアウト】老舗の名店がつくる、海老フライのサンドイッチ 「赤坂 津つ井 総本店」

【高級サンドイッチ×テイクアウト】老舗の名店がつくる、海老フライのサンドイッチ 「赤坂 津つ井 総本店」
2種類のソースが決め手の「海老フライサンド」2,200円

昭和25(1950)年創業の赤坂津つ井は、戦後の時代から洋食文化の礎を築いた老舗洋食店。日本人の口に合う味を箸で食べる「にっぽんの洋食」をモットーに、伝統の味を守りながらも、新しい技術やアイデアを取り入れた料理を提案しています。

創業当時から変わらないお店の看板メニュー「ビフテキ丼」ももちろんおすすめですが、隠れた名品「海老フライサンド」にも注目です。オーブンで焼いた厚切りの食パンの間には、細かいパン粉を付けてカラッと揚げた大ぶりのブラックタイガーがなんと4本も!

食パンの片面には新鮮な卵を使った自家製マヨネーズにピクルスや玉ねぎ、卵を加えたタルタルソースを、もう片面にはマスタードやウスターソース、ケチャップを混ぜたカクテルソースがたっぷり塗られ、エビフライとの相性もバッチリです。サクサク、プリプリの海老フライサンドをぜひご家庭で。
お肉派には上質な豚のヒレ肉を贅沢に使った、分厚い「カツサンド」2,200円もおすすめです。

老舗の風格が漂うたたずまい

赤坂 津つ井 総本店

住所
東京都港区赤坂2丁目22-24泉赤坂ビル B1~1階
交通
地下鉄赤坂駅から徒歩5分
料金
Aランチ(15食限定)=2000円/名物ビフテキ丼=2808円/ビーフシチュー=3013円/ハンバーグステーキ=1998円/特味彩セット=3780円/桜坂コース=7776円/カニクリームコロッケ=1230円/牛フィレカツ(100g)=4700円/(月~金曜ディナータイム個室利用はチャージ・サービス料別10%)

【高級サンドイッチ×テイクアウト】山形牛A5ランクのハンバーグサンドイッチ「加藤牛肉店 銀座」

【高級サンドイッチ×テイクアウト】山形牛A5ランクのハンバーグサンドイッチ「加藤牛肉店 銀座」
ふんわり食パンで150gのハンバーグを挟んだ「ハンバーグサンドイッチ」3,000円

銀座で最高級の牛肉を使ったステーキを提供する加藤牛肉店。牛肉に精通し「お肉博士」の称号も持つオーナーが選び抜いた、山形牛のサンドイッチが自慢です。

おすすめは「ハンバーグサンドイッチ」。厳選されたA5ランクの山形牛を贅沢に使ったハンバーグは、冷めてもしっとりジューシー。ランプ肉をベースに、うまみの強いスネ肉を加えたハンバーグは、ほどよい弾力を残しつつも、頬張るととろけるような食感で肉のおいしさが口いっぱいに広がります。さらに赤ワインとバルサミコソースで作った上品な味わいの自家製ソースが、肉の味を際立たせます。

ハンバーグと同様に、A5ランクの山形牛を焼き上げた「ステーキサンドイッチ」1万1,800円もおすすめです。ランプ肉をミディアムで焼き上げたステーキは、最上級の山形牛が持つ肉本来のうまみや甘みが存分に味わえる一品。ちょっと贅沢な品ですが、パーティーのリッチ度がアップすること間違いなしです!

間口も看板も控えめなので、通り過ぎないよう注意

■加藤牛肉店 銀座(かとうぎゅうにくてんぎんざ)
住所:東京都中央区銀座6-4-15 トニービル1F
電話番号:03-5537-2220
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜、年末年始、その他不定休あり
※テイクアウトは2〜3日前までに電話予約

【高級サンドイッチ×テイクアウト】魅惑の断面がそそる特製ビフカツサンドイッチ「umenoya.」

【高級サンドイッチ×テイクアウト】魅惑の断面がそそる特製ビフカツサンドイッチ「umenoya.」
「特製ビーフカツサンド」。テイクアウトは箱代込みで1,700円

横浜市青葉区にある、フレンチ出身のオーナーシェフが腕を振るうフレンチイタリアンの店。牛、豚、鶏を使った肉料理をはじめ、新鮮な魚介や地元の野菜をふんだんに取り入れたメニューが評判です。

シェフのイチ押しは、しっとりジューシーな「特製ビーフカツサンド」。牛肉はやわらかさにこだわって選び抜いた、オーストラリア産のヒレ肉を使用。厚さ約3㎝、110~120gとボリュームも満点です。
パン粉を薄めにまとわせ180〜190℃の油で約3分間揚げたあと、火から下ろして寝かせること15分。余熱で仕上げることで、カットした断面の美しい赤身が際立ちます!

カツの揚げ油は、コーン油とごま油をブレンドすることで、さっぱりとした仕上がりに。手作りソースの老舗が作った濃厚なとんかつソースをかけ、こんがり香ばしく焼き上げた食パンで挟んで完成です。
ヒレ肉のやわらかさは、ガッツリ頬張っても簡単に噛み切れてしまうほど。パーティーでは、ぜひワインと合わせお楽しみください。

カジュアルでアットホームな雰囲気の店なので気軽に入れる

■umenoya.(ウメノヤ)
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-27-16 平野グランドハイツ1F
電話番号:045-507-5616
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:30(L.O.21:30) ※変更の場合あり
定休日:火曜、不定休あり
※テイクアウトは事前に予約

【高級サンドイッチ×テイクアウト】厚×柔らかなポークカツサンドイッチ「Fukushima/フクシマ都立大学」

【高級サンドイッチ×テイクアウト】厚×柔らかなポークカツサンドイッチ「Fukushima/フクシマ都立大学」
「厚切りポークカツサンド」2,160円。注文は3人前〜

フレンチの料理人であるオーナーシェフが、納得した肉を仕入れたときのみ味わえる、幻の「厚切りポークカツサンド」。下処理やソース作りなど、手間ひまを惜しまず生み出した、究極のサンドイッチです。

使用するのは厳選したイベリコ豚。肉は揚げる前に、塊ごとスパイスやオリーブオイルとともにおよそ2時間半かけて低温で火入れをし、その後繊維を叩いてていねいに筋をカット。この手間のかかる下ごしらえを終えてから、粗めのパン粉を付けてカラリと揚げて蒸らします。

サンドイッチに使う食パンはカツに合うよう、パン職人に独自の配合で焼いてもらった特注品。鉄板でパンの両面を焼き、片面には自家製ソース、もう片面には自家製マスタードを塗ってスタンバイ。
蒸らしたカツにもソースを塗ったら、最後に秘伝の卵黄ソースを塗ってパンに重ねます。さらにアルミホイルで包んで休ませれば、フレンチの要素を盛り込んだカツサンドが完成です!

東急東横線都立大学駅の北口からすぐ

■Fukushima/フクシマ都立大学(フクシマ/フクシマトリツダイガク)
住所:東京都目黒区中根1-6-1 ニューヨークコーナー161 2B
電話番号:03-5726-9727
営業時間:17:00~21:00(L.O.)
定休日:木曜、月1~2回不定休あり
※カツサンドは3日前までに電話予約。受け取りは12:00〜16:00の間

【高級サンドイッチ×テイクアウト】大阪発、極上牛肉のヘレカツサンドイッチ「グリル梵 銀座店」

【高級サンドイッチ×テイクアウト】大阪発、極上牛肉のヘレカツサンドイッチ「グリル梵 銀座店」
「極上ビーフヘレカツサンド」1,100円

大阪の新世界で70年以上愛され続ける洋食店「グリル梵」が、東京にビーフヒレカツサンドを広めたいと、2008年に東京進出。初支店として銀座にヒレカツサンド専門店をオープンして以来、デパ地下や駅ナカなどにも支店が広がり、その味が評判となっています。

メニューは素材も揚げ方もこだわり抜いた、「極上ビーフヘレカツサンド」1品で勝負。メニュー名は大阪らしく、ヒレカツでなく「ヘレカツ」です。

牛肉は厳選したオーストラリア産のヒレ肉のみを使用しており、高温の油でミディアムレアに揚げたカツはジューシーであっさりとした仕上がりに。
フルーツや野菜のうまみが凝縮されたオリジナルの特製デミグラスソースは、絶妙なバランスの甘みと酸味がカツの味を引き立てます。
こんがりとトーストしたパンの間から顔をのぞかせる、肉厚で美しい赤身のビーフカツが食欲をそそります!
フランス語でおいしいという意味の「ボン(梵)」という店名のとおり、カツもソースも抜群のおいしさです。

昭和通りと演舞場通りの角から10mの場所にある

グリル梵 銀座店

住所
東京都中央区銀座7丁目14-1
交通
地下鉄東銀座駅から徒歩5分
料金
極上ビーフヘレカツサンド=1100円/

高級感のあるグルメサンドイッチで、ホームパーティーを華やかに

ちょっぴりハードル高めの高級店のメニューも、テイクアウトのサンドイッチならトライしやすいのでは。
話題の名店が提供する極上の高級サンドイッチをテーブルに並べれば、贅沢度も満足度もアップ!パーティーがより華やかになることうけあいです。

ここで紹介した店は希少な食材で作るメニューもあるので、事前に電話やSNSなどから予約がおすすめ。
とくに年末年始などの宴会シーズンは注文が殺到する可能性もあるので、予約はお早めに!

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください