トップ > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 阿蘇・くじゅう > 黒川温泉・小国郷 > 

【鍋ヶ滝】水のカーテンがきれい! インスタ映えスポットして大人気の滝

クロス編集事務所

更新日:2021年7月29日

この記事をシェアしよう!

【鍋ヶ滝】水のカーテンがきれい! インスタ映えスポットして大人気の滝

熊本県小国町にある「鍋ヶ滝(なべがたき)」は、かつてお茶のCMのロケ地として映像が流れて以来、一躍有名になりました。今もインスタ映えする絶景スポットとして人気のスポットで、多くの人が訪れています!

「鍋ヶ滝(なべがたき)」は横幅が広く、流れ落ちる水が白いカーテンのように美しい滝。滝の裏側から水が落ちる様子を眺められることから、「裏見の滝」とも呼ばれているのです。

鍋ヶ滝の一帯は公園として整備され、森の中の遊歩道を歩く滝への道はマイナスイオンたっぷり!水と緑に包まれた癒やしスポットしても人気を集めてます。

今回は、そんな鍋ヶ滝の楽しみ方を徹底的にご紹介しますね!

鍋ヶ滝って、どんな滝?

鍋ヶ滝って、どんな滝?
滝の落差10m。滝としては小規模ながら、その優美さにひきつけられて多くの人が足を運ぶ

鍋ヶ滝は高さ10m、幅20m。名称の由来は、滝を横から見ると鍋から水があふれ出ているように見えるからだそう。

阿蘇のカルデラは、約9万年前の巨大噴火によって、世界有数の規模を誇るカルデラをつくったといわれます。流れ出た火砕流の蓄積物が、長い歳月をかけて浸食され、現代の形になったとされます。
滝上部のかたい岩盤や滝の裏のやわらかい地層は、今も浸食が続き、少しずつ形を変えているのだとか。

鍋ヶ滝の落下下部の裏側は奥行10mにわたってえぐられています。そこを人が歩くことができ、滝の裏側から水の流れを見ることができるのも大きな特徴です。

2015年に認定された「阿蘇ユネスコジオパーク」の「北外輪火砕流ジオサイト」に位置。優美な鍋ヶ滝の流れに、阿蘇の火砕流がもたらした大自然の力を感じることができます。

鍋ヶ滝

住所
熊本県阿蘇郡小国町黒渕
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス杖立温泉行きで1時間、ゆうステーション下車、タクシーで15分
料金
入園料=大人300円、小・中学生150円、小学生未満無料/

鍋ヶ滝へのアクセス

鍋ヶ滝を見るには、鍋ヶ滝公園をめざします。公共の交通機関で行くには不便な場所なので、自家用車かレンタカーでのアプローチがおすすめ。
阿蘇くまもと空港からレンタカーを利用するなら、まず国道212号を阿蘇方面へ。

【電車・バスの場合】
JR阿蘇駅
↓産交バス 杖立行き 約1時間2分
ゆうステーション
↓タクシー15分
鍋ヶ滝公園

【車の場合】
九州自動車道熊本IC
↓約1時間20分
鍋ヶ滝公園

入園料を支払って、いざ鍋ヶ滝へ!

入園料を支払って、いざ鍋ヶ滝へ!
受付から鍋ヶ滝までは歩いて5分ほど。階段は勾配がきついところも

鍋ヶ滝公園の受付で入園料(300円)を払います。開園時間は午前9時から、最終受付は午後4時半で、休みはありません。
受付の裏手から、木製の階段を下りて園内へ進みます。

遊歩道は階段+石畳の坂道で、受付から鍋ヶ滝までは500mほど下ります。足元が心配な人は入り口に置かれている杖を借りましょう。

遊歩道のハートストーンを見つけよう!

遊歩道のハートストーンを見つけよう!
ハートストーンを全部クリアすれば幸せになれるかも!?

整備された遊歩道は木々に囲まれていて、歩いているだけでリフレッシュできます。
階段の上り下りと、一部足場が悪いところもあるので、スニーカーなどの歩きやすい靴がおすすめですよ。

じつは、石畳には5つのハート形の石が隠れています。よく見ないとわかりませんが、とある場所にかたまってあるので目を凝らして探してみましょう!

全部見つけることができれば、幸せになれるといううわさも♪  滝の神秘的なパワーとあわせて、ご利益があるかもしれませんね。

木漏れ日に照らされてきらめく、鍋ヶ滝の美しさ!

木漏れ日に照らされてきらめく、鍋ヶ滝の美しさ!
木漏れ日の中の鍋ヶ滝。神々しささえ感じられる風景

受付から5分ほど歩いていると、やがて滝の音が聞こえてきます。目の前が開けると、同時に見えるのが鍋ヶ滝!白い絹糸のように流れる優美な滝の眺めに、思わず声があがってしまいます。

まわりの濃い緑とのコントラストも鮮やかで、SNSにアップされる画像が多いことにもうなずける美しさ!

濡れた土やごろごろした石が多いので、足元に気をつけながら自分だけのベストショットを撮りましょう。

森のひんやりとした空気の中で鍋ヶ滝の音だけが響き、なんとも神秘的な雰囲気。とくに夏は、避暑地としても人気を集めます。

水と緑が生み出すマイナスイオンをたっぷり浴びれば、日ごろのストレスも解消できそうです。

 

滝の裏にまわりこんで見る鍋ヶ滝は絶景!

滝の裏にまわりこんで見る鍋ヶ滝は絶景!
滝の裏手に道が延びていて、裏側からも観賞できる

鍋ヶ滝は、長い年月をかけて岩が水に削られたことにより、滝の裏側に広い空間ができています。そのため、裏にまわって間近に滝の流れを見ることができます。それが鍋ケ滝が「裏見の滝」とも呼ばれるゆえん。

大きな岩がえぐられたような滝裏の奥行きは10mほど。目の前に絶え間なく落ちてくる水は、レースのカーテンのように向こう側の景色が透けて見えます。

静かに流れる水の音に耳を傾けながら、水のカーテン越しに緑の木々と太陽の光が描く風景を眺めていると、まるで別世界にいるよう!

ただし、天井から水滴が落ちてくるのでご注意を。帽子やタオルの持参がベストですね。

 

四季折々に表情を変える鍋ヶ滝。春はライトアップも!

四季折々に表情を変える鍋ヶ滝。春はライトアップも!
春のライトアップは期間限定なので、確認が必要

表と裏、一度で2つの違った風景が楽しめる鍋ヶ滝は、季節ごとの表情も豊か。

夏はあたり一帯の新緑や苔に彩られ、天然のミストと暑さを忘れさせてくれるような涼しげな風景が広がります。

周囲の木々が色づく秋は、紅葉とのコラボレーションが必見です。冬になると滝の一部が凍って、巨大なつららができることも。寒さ対策を十分にしてダイナミックな自然のアートを観賞に行きましょう。

春は4月上旬に1週間ほどライトアップされます。日程は確認が必要ですが、タイミングを合わせてでかけてましょう。

ライトアップの情報はこちら>>小国町情報課公式HP

 

心身をリフレッシュさせてくれる鍋ヶ滝へ行こう!

心身をリフレッシュさせてくれる鍋ヶ滝へ行こう!

鍋ヶ滝は、いかがでしたか?

テレビCMで流れたビジュアルの美しさから、全国区になった鍋ヶ滝ですが、今も知る人ぞ知る隠れ家的なスポットではあります。

鍋ヶ滝から車で15分ほどのところには、露天風呂めぐりで有名な九州屈指の人気温泉地「黒川温泉」をはじめ、「杖立温泉」や「わいた温泉郷」などの温泉地があります。

鍋ヶ滝+温泉というプランを立てて足を運べば、美しい風景と名湯で、よりリフレッシュすることができますよ。

次のおでかけには、ぜひ鍋ヶ滝を訪れてみませんか?

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください