トップ > 中国・四国 > 四国 > 徳島・鳴門 > 鳴門 > 

【お遍路×立ち寄りスポット】巡礼途中に立ち寄りたい「おやすみ処門前一番街」

[霊山寺からすぐ]

第1番札所、霊山寺門前に建つ。庭園を囲むように特産品コーナーや茶席、食事処が集まり、巡拝用品が一式そろう売店もある。

【お遍路×立ち寄りスポット】巡礼途中に立ち寄りたい「おやすみ処門前一番街」

名物の焼き餅・あわくった(2個入り240円)が人気

おやすみ処門前一番街

住所
徳島県鳴門市大麻町板東西山田23
交通
JR高徳線板東駅から徒歩10分
料金
あわくった(よもぎ、あわ)=各240円(1人前、2個入)/

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

御本尊の阿弥陀如来は指定重要文化財(非公開)。境内に大師が植えたと伝わる樹齢約1200年の「長命杉」がそびえる。「安産大師」とも呼ばれ、安産祈願に訪れる人も多い。

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

朱塗りの山門をくぐって境内へ

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

長命杉に結ばれた紅白のひもに触れてパワーをもらおう

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

広々とした境内が気持ちいいな

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

見どころ
釈迦の足跡を刻んだ仏足石があります

【お遍路×第2番札所】弘法大師が植えたと伝わる長命杉が見事「極楽寺」

極楽寺の安産御守 2000円

極楽寺

住所
徳島県鳴門市大麻町桧段の上12
交通
JR高徳線阿波川端駅から徒歩20分
料金
納経料=300円/白衣=200円/軸=500円/カラー御影=200円/

【お遍路×立ち寄りスポット】お遍路グッズが充実「長寿庵」

[極楽寺からすぐ]

極楽寺併設のお遍路用品店で、オリジナルの納経帳やお守りがそろう。

【お遍路×立ち寄りスポット】お遍路グッズが充実「長寿庵」

ここでしか手に入らないものも多い

長寿庵

住所
徳島県鳴門市大麻町桧ダンノ上12
交通
JR高徳線阿波川端駅から徒歩18分
料金
要問合せ

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

日照りに苦しむ村人たちを見た弘法大師が井戸を掘り、ここから湧き出た霊水を「黄金の井戸」としたことが寺名の由来。境内には弁慶が力試しをした「弁慶の力石」が残る。

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

堂々とした仁王門に圧倒されます

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

見どころ
境内にある黄金の井戸。のぞき込んで自分の顔が映ると長生きできるかも!?

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

第2番札所をでたところで、遍路道を案内する道しるべを発見☆
これに沿って歩けばいいんだね

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

第3番札所に続く田畑の中のあぜ道を歩きます
のどかな景色に心が癒されるね

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

第3番から第4番札所までは今回の最長区間です。がんばろう!
歩き遍路だからこそ通れる山道だよ

【お遍路×第3番札所】弘法大師が掘った黄金の井戸「金泉寺」

たくさんのお遍路さんがたどってきた道なんですね
記念写真をパチリ

金泉寺

住所
徳島県板野郡板野町大寺亀山下66
交通
JR高徳線板野駅から徒歩15分
料金
情報なし

【お遍路×立ち寄りスポット】名物”こんせんうどん”に舌鼓「こんせん」

[金泉寺から徒歩7分]

本場の讃岐うどんが食べられる店。名物は肉、卵、エビの入ったこんせんうどん。麺の食感とのどごしを楽しむなら、ざるうどんがおすすめ。

【お遍路×立ち寄りスポット】名物”こんせんうどん”に舌鼓「こんせん」

こんせんうどん(大)900円

こんせん

住所
徳島県板野郡板野町川端金泉寺南1-2
交通
JR高徳線板野駅から徒歩10分
料金
こんせんうどん=800円(小)・900円(大)/ざるうどん=400円(小)・600円(大)/

【お遍路×立ち寄りスポット】焼きたてワッフルでひと休み「カフェレスト・クローバー」

[金泉寺から徒歩30分]

札所に近く、地元の人にも親しまれる喫茶店。ワッフルは生地から手作りし、注文が入ってから焼き上げる。

【お遍路×立ち寄りスポット】焼きたてワッフルでひと休み「カフェレスト・クローバー」

木目調の落ち着いた雰囲気

【お遍路×立ち寄りスポット】焼きたてワッフルでひと休み「カフェレスト・クローバー」

チョコバナナワッフル(650円)

カフェレスト・クローバー

住所
徳島県板野郡板野町大寺岡ノ前41-1
交通
JR高徳線板野駅から徒歩15分

【お遍路×第4番札所】朱塗りの鐘楼門が目を引く古刹「大日寺」

弘法大師がこの地にとどまって修行をしていたとき、自ら大日如来像を刻み、本尊として創建したと伝えられる。何度かの廃寺の後、天和・貞享年間(1681~88)に再興した。

【お遍路×第4番札所】朱塗りの鐘楼門が目を引く古刹「大日寺」

阿波藩主蜂須賀家に帰依されて繁栄した

【お遍路×第4番札所】朱塗りの鐘楼門が目を引く古刹「大日寺」

見どころ
本堂と大師堂を結ぶ廻廊には、33体の木造観世音像が安置されています

【お遍路×第4番札所】朱塗りの鐘楼門が目を引く古刹「大日寺」

歩き遍路用の休憩所でちょっと一息
あと少しだよ〜

大日寺

住所
徳島県板野郡板野町黒谷居内28
交通
JR高徳線板野駅からタクシーで10分
料金
情報なし
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください