トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 浜松・浜名湖 > 浜名湖 > 浜名湖かんざんじ温泉 > 

浜名湖でウナギを食べるならココ!浜名湖周辺の味自慢の店をご紹介

くらしたび

更新日: 2023年12月21日

この記事をシェアしよう!

浜名湖でウナギを食べるならココ!浜名湖周辺の味自慢の店をご紹介

浜名湖周辺のウナギが美味しいお店をご紹介!
全国に先駆けてウナギの養殖を行い、全国からその味を確かめに来る旅行者が絶えません。

また、浜名湖はカキの養殖で全国的に有名。
さらに遠州灘も、天然トラフグなど魚介の宝庫。
どれを食べても、「どうまい(遠州弁でおいしい)」こと間違いなし!

浜名湖でウナギを食べるならココ!オススメの5軒!

稚魚が豊富に獲れたことから、明治33(1900)年に日本初の養鰻場が生まれた浜松。市内には老舗の専門店が数多い。

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ 八百徳 本店

「うな茶」発祥の店で老舗の味を満喫
だしと薬味で変化を楽しむ「お櫃うなぎ茶漬」の元祖で、明治42(1909)年創業。毎朝国産うなぎをさばき、3度のタレつけで焼く濃厚な味がたまらない。

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ 八百徳 本店

うな重 4290円
蒸しを加えた関東風のうなぎは、表面はカリッ、中はふっくらの焼き上がり

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ 八百徳 本店

名物「お櫃うなぎ茶漬」4400円。まずはうな丼、次にお茶漬けを楽しもう

うなぎ八百徳本店

住所
静岡県浜松市中区板屋町655
交通
JR東海道新幹線浜松駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(LO)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(夏休み明けは臨時休あり、GW・年始は振替休あり、盆時期・年末は営業)
料金
お櫃うなぎ茶漬=4070円/うな丼=3960円/うな重=3960円/うなぎ定食(松)=5830円/(個室利用時は要テーブルチャージ料)

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ料理 あつみ

国産備長炭で焼くふっくら食感が贅沢
明治40(1907)年の創業から現5代目まで、100年以上継ぎ足すタレが味の決め手。パリッと焼かれた蒲焼や、さっぱり味わう白焼きが好評だ。

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ料理 あつみ

うな重 4900円
一度蒸した柔らかな身を、パリッと香ばしくなるまで丁寧に焼き上げる

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ料理 あつみ

「白重」4950円。ワサビ、ショウガ、ネギ、柚子胡椒をといた醤油でどうぞ

うなぎ料理 あつみ

住所
静岡県浜松市中央区千歳町70
交通
JR東海道新幹線浜松駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(L.O.)、17:15~19:30(L.O.、全てうなぎが売り切れ次第閉店)
休業日
火曜不定休、水曜(5月4~5日休、12月30日~翌1月3日休)
料金
うな重(吸物・香の物・フルーツ付)=3850円(吸物を肝吸に変更はプラス50円)/うな丼(吸物・香の物・フルーツ付)=3000円(吸物を肝吸に変更はプラス50円)/白焼重(吸物・香の物・フルーツ付)=3950円(吸物を肝吸に変更はプラス50円)/白焼=2300円/香味焼き=2300円/肝焼き=750円/

【ウナギおみやげはコレ!】勝美センター

うなぎ焼きおにぎり 5個1000円
うなぎ専門店のまかないメニューとして生まれた逸品。うな重と同じ米、蒲焼を贅沢に使っている。

【ウナギおみやげはコレ!】勝美センター

勝美センター

住所
静岡県浜松市浜名区三ヶ日町都筑1313-665
交通
東名高速道路三ヶ日ICから県道85号を三ヶ日町市街方面へ車で0.5km
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00
休業日
木曜
料金
うなぎ焼きおにぎり=770円(5個)/

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ中川屋本店

風格ある屋敷で楽しむ140年の伝統の味
明治10(1877)年から看板を守り、大正期の建物を残す。天竜川の伏流水で臭みを抜き、蒸してから焼くうなぎはふんわり香ばしい。

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ中川屋本店

うなぎとろろ茶漬 5445円
うな丼、茶漬け、とろろ茶漬けの3通りを味わえる。4代目考案の人気メニュー

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ中川屋本店

香ばしい蒲焼とだし汁、とろろの組み合わせが贅沢

中川屋

住所
静岡県浜松市中央区中野町861-2
交通
JR東海道本線天竜川駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(L.O.)、17:00~19:30(L.O.、12月30日は昼のみ)
休業日
毎月7日・17日・18日・27日、土・日曜、祝日の場合は振替休あり(12月31日~翌1月2日休)
料金
うなぎとろろ茶漬け=3942円/浜名湖丼=3456円/うな重=3024円/

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ藤田 浜松駅前店

備長炭で焼かれたうなぎと伝統のタレが相性ぴったり
浜名湖産など上質な国産うなぎを背開きでさばく関東風。備長炭で香ばしく焼き上げ、継ぎ足し続ける秘伝のタレに絡めると、まさに芳醇な味わいに。

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ藤田 浜松駅前店

うな重(山)
蒸すことで余分な脂が取り除かれ、うなぎのうまみだけが残る。ヘルシーな味わい

【浜名湖でウナギを食べるならココ 】うなぎ藤田 浜松駅前店

じっくり蒸し上げたうなぎを、備長炭でしっかり焼き上げる

うなぎ藤田 浜松駅前店

住所
静岡県浜松市中区砂山町322-7ホテルソリッソ浜松 2階
交通
JR東海道新幹線浜松駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00、17:00~21:00
休業日
火曜
料金
うな重=4840円(山)・4180円(花)・3520円(川)/

浜名湖周辺でカキを食べるならココ!

植物性プランクトンが多い浜名湖は、甘く大粒のカキを養殖するのに最適。冬季限定で湖畔にカキ小屋が複数登場する。

【浜名湖周辺でカキを食べるならココ】牡蠣小屋

プルンプルンで甘みが濃厚自分で焼くから倍ウマイ!
湖畔の観光施設「海湖館」に、1〜3月限定で開設。ブランドカキ「プリ丸」を購入し、網で焼くスタイルが人気で、焼きたてアツアツを味わえる。カキのアレンジ料理も豊富だ。
入荷にバラつきがあるのでご予約がオススメです

【浜名湖周辺でカキを食べるならココ】牡蠣小屋

まさに「小屋」そのもの。週末は行列必至だ

生食用ではないため、よく加熱を。軍手も販売している

【浜名湖周辺でカキを食べるならココ】牡蠣小屋

焼きカキ 価格未定
殻付きのまま両面をじっくり焼こう。卵を持つ寸前の3月後半がイチオシ

【浜名湖周辺でカキを食べるならココ】牡蠣小屋

「プリ丸丼」。こってり甘めのカキの味噌煮と玉ねぎが合う

牡蠣小屋

住所
静岡県湖西市新居町新居
交通
JR東海道本線新居町駅からタクシーで7分
営業期間
1月第1土曜~4月第1日曜
営業時間
10:00~14:00(閉店15:00、要予約)、土・日曜、祝日は9:00~(牡蠣がなくなり次第閉店)
休業日
期間中月曜
料金
カキフライ(3個)=700円/プリ丸丼=800円/

【カキのB級グルメ!】割烹 松の家

浜名湖牡蠣カバ丼
浜名湖産の牡蠣と地元特産の玉ねぎに秘伝のタレが絡み合う冬季限定の丼。夏季は遠州灘天然ハモの「鱧カバ丼」も。

【カキのB級グルメ!】割烹 松の家

割烹 松の家

住所
静岡県浜松市中央区舘山寺町2306-4
交通
JR東海道新幹線浜松駅から遠鉄バス舘山寺温泉方面行きで45分、舘山寺温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:30~14:45(閉店15:00)、17:00~20:30(土・日曜、祝日は10:30~20:30)
休業日
月1回月曜不定休、火曜
料金
浜名湖牡蠣カバ丼=1620円/長焼御膳=4860円/うな重定食=3780円/うなぎまぶし=3672円/蒲焼御膳=3780円/活すっぽんコース(2~4人前)=21600円/天然とらふぐコース(冬期限定、2人前より受付、1人前)=時価/(舘山寺温泉観光協会発行の飲食施設割引パスポートあり)

浜名湖周辺でどうまん蟹を食べるならココ!

漁獲量が少なく「幻の蟹」とも呼ばれ、夏はオス、秋冬は卵たっぷりのメスが旬だ。荷が不安定なため、事前に確認を。

【浜名湖周辺でどうまん蟹を食べるならココ】山本亭

硬い甲羅の中にうま味がギュギュッ!
新鮮な浜名湖の魚介を味わえる人気店。どうまん蟹は、身の詰まったメスが出回る秋冬がオススメだ。その味は調味料いらずの濃厚さ。すっぽんやうなぎ料理もぜひ。

【浜名湖周辺でどうまん蟹を食べるならココ】山本亭

どうまん蟹 100g 1620円
風味を活かすべくシンプルな酒蒸しに。希望グラムに相当する部位をカット

【浜名湖周辺でどうまん蟹を食べるならココ】山本亭

プリプリで濃厚!
大きくて硬い殻を割ると、身がぎっしり

【浜名湖周辺でどうまん蟹を食べるならココ】山本亭

春から初夏に、運がよければ味わえる「もちガツオ」。弾力が抜群!

浜名湖周辺でトラフグを食べるならココ!

国内流通の天然トラフグは、約6割が遠州灘産。舞阪漁港では毎年10月1日に漁が解禁され、地元の料理店で味わえる。

【浜名湖周辺でトラフグを食べるならココ】浜菜坊

刺身、唐揚げ、鍋とフグのフルコース!
地元舞阪で獲れるしらす、鱧などを、和食の職人が丁寧に調理。冬にはトラフグを手頃に味わえるコースが登場し、歯ごたえと甘みのある刺身、うまみの強い鍋などを満喫できる。

【浜名湖周辺でトラフグを食べるならココ】浜菜坊

舞阪とらふぐコース
フグ刺し、フグ皮ポン酢、フグ唐揚げ、フグ鍋、フグ雑炊にデザート付き

【浜名湖周辺でトラフグを食べるならココ】浜菜坊

「生しらす丼」も人気。鮮度抜群の証!

浜菜坊

住所
静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3101
交通
JR東海道本線弁天島駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
休業日
火曜、第2水曜(年末年始休)
料金
牡蠣カバ丼=1650円/シラス三昧定食=1880円/あさりの酒蒸し=680円/カキ鍋(11~翌2月)=1080円/

東海・北陸の新着記事

【岐阜・夜ごはん】岐阜で夜を楽しめるとっておきのお店6選!岐阜で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、岐阜でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長良川を望む...

【岐阜 高山・夜ごはん】高山で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高山で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜の高山で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高山でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 100...

【静岡 浜松・ディナー】浜松で夜を楽しめるとっておきのお店10選!浜松でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに静岡の浜松で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。そこで今回は、浜松でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 浜松っ子御...

【富山・ディナー】富山で夜を楽しめるとっておきのお店10選!富山でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに富山で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、富山でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 元祖白えび天...

【三重県 伊勢・夜ごはん】伊勢で夜を楽しめるとっておきのお店10選!伊勢で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに伊勢で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、伊勢でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 伊勢の山海の...

【福井・夜ごはん】福井で夜を楽しめるとっておきのお店10選!福井で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに福井で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、福井でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 ソースかつ丼...

10円パンは韓国発の人気スイーツ!映え間違いなしの10円パンを食べてみた!

みなさまは「10円パン」をご存じですか? 韓国で生まれた10円パン(10ウォンパン)は、SNSで話題の商品!2023年のトレンドやグルメランキングに軒並みランクインするなど、多方面から注目を集めてい...

【静岡県・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?静岡でおすすめのいちご狩りスポット9選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は静岡県で楽しめるいちご狩りについての基本情...

【愛知県・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?愛知でおすすめのいちご狩りスポット7選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は愛知県で楽しめるいちご狩りについての基本情...

【愛知県・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!愛知の初詣スポットおすすめ7選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、愛知県のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。