トップ >  関西 > 北近畿 > 福知山・篠山 > 篠山 > 

丹波焼の里 立杭で器を求めて窯元めぐりをしよう

jigen

更新日: 2023年7月24日

この記事をシェアしよう!

丹波焼の里 立杭で器を求めて窯元めぐりをしよう

瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯に数えられる丹波焼。
シンプルな美しさが光るその焼物と、日本では珍しい「登り窯」などにじっくりとふれる窯元めぐりを楽しんでみよう。

【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」

緑豊かな自然の中で、丹波焼を見て、体験して、楽しむことができる施設。古丹波の名品と現代作家の最新作を展示する伝産会館、丹波焼を展示販売する窯元横丁、登り窯など見どころが盛りだくさん。陶芸体験も人気。

【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」

丹波焼を生み出す「登り窯」の風景

【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」

50軒の窯元の個性豊かな作品を展示販売する窯元横丁

【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」

丹波焼の郷、立杭の中心にある広々とした施設

【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」
【立杭の丹波焼】まずはここへ! 里山に囲まれた丹波焼の郷「丹波伝統工芸公園立杭陶の郷」

窯元めぐりは風情のある町並みを歩く

いろいろな器が買えます!

 

 

いろいろな器が買えます!

赤色の使い方が印象的で目を引くカップ(丹文窯)

いろいろな器が買えます!

細かな色の組み合わせが見る角度によって違う表情を見せる器(雅峰窯)

いろいろな器が買えます!

深い青の編み目が美しい編目紋の皿(山五陶勝窯)

いろいろな器が買えます!

愛らしい絵柄に癒される猫好きにも大人気のマグカップ(昇陽窯)

陶芸体験もできます!

立杭陶の郷では少人数なら予約なしで体験できる陶芸教室を開催。初心者はもちろん、子どもから大人まで手びねりや絵付け体験に挑戦できる。作品は釉薬をかけて焼き上げた後、自宅まで配送(送料実費負担)してくれる。

陶芸受付10:00〜15:30
手びねり体験1320円~、絵付け770円~

丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭3
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス清水寺行きまたは兵庫陶芸美術館行きで15分、陶の郷前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉館、時期により異なる)
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入園料=大人200円、小・中学生50円/絵付け=700円~/粘土細工(手びねり体験)=1200円~/(20名以上の団体は入園料160円、障がい者手帳持参で入園料半額)

【立杭×丹波焼】この窯元を訪ねてみよう

【立杭×丹波焼の窯元】線を生かしたデザインと色彩のコントラスト「市野悟窯」

白い泥に色を混ぜ、滑らかなラインや幾何学模様を描いていく技法「彩色線象嵌(ぞうがん)」。青や赤、緑やピンクなどの差し色が楽しい作品は、鑑賞陶器から日常使いにもおしゃれなものがいっぱい。

【立杭×丹波焼の窯元】線を生かしたデザインと色彩のコントラスト「市野悟窯」

徳利をモチーフにした個性的なフォルムの酒器1万2000円

【立杭×丹波焼の窯元】線を生かしたデザインと色彩のコントラスト「市野悟窯」

削った溝に化粧土をはめ込んで模様を作る彩色線象嵌のウォーターボトル7000円

【立杭×丹波焼の窯元】線を生かしたデザインと色彩のコントラスト「市野悟窯」

土の質感に差し色の三角がかわいいワインカップ5000円

【立杭×丹波焼の窯元】線を生かしたデザインと色彩のコントラスト「市野悟窯」

日常をアップグレードしてくれそうな食器が並ぶ

市野悟窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭398
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで10分、陶の郷前下車、徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00(陶芸体験は要問合せ)
休業日
不定休
料金
ワインカップ=5000円/とっくり=12000円/ウォーターボトル=7000円/

【立杭×丹波焼の窯元】普段づかいが楽しくなる、温かみある器たち「丸八窯」

母と息子の親子2代で焼き上げる作品は、丹波焼らしい民芸風のものから現代風の創作食器まで種類豊富。「毎日の生活の中で使いやすいものがいちばん」というコンセプトで作る食器や壺、花器や酒器などがそろう。

【立杭×丹波焼の窯元】普段づかいが楽しくなる、温かみある器たち「丸八窯」
【立杭×丹波焼の窯元】普段づかいが楽しくなる、温かみある器たち「丸八窯」

菊の花をイメージさせる上品な皿は小770円、中1100円、大2750円。鈞窯(きんよう)と白の2色がある

【立杭×丹波焼の窯元】普段づかいが楽しくなる、温かみある器たち「丸八窯」

昔から丹波地方の家庭でよく使われてきた伝統的な盖壺(ふたつぼ)。黒、白、かきの3色で、小さめの2号(1650円)から2升(1万1000円)までがある

【立杭×丹波焼の窯元】普段づかいが楽しくなる、温かみある器たち「丸八窯」

店の裏にある工房で陶芸体験もできる窯元

丸八窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭363-1
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで10分、陶の郷前下車、徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00
休業日
不定休
料金
蓋壷=1500円(2号)、5000円(2升)/皿=700円(小)、1000円(中)、2500円(大)/

【立杭×丹波焼の窯元】独自のセンスが光る器を暮らしの中に「俊彦窯」

伝統的な技法を受け継ぎながら、現代の暮らしにも調和する日用雑器を中心に制作。シンプルだがぬくもりと存在感があり、洗練されたデザインの作品は性別年齢を問わず幅広い層に人気。

【立杭×丹波焼の窯元】独自のセンスが光る器を暮らしの中に「俊彦窯」

シンプルなライン模様がおしゃれな糠釉鎬手(ぬかゆうしのぎで)マグカップ(小)2200円、(大)2480円

【立杭×丹波焼の窯元】独自のセンスが光る器を暮らしの中に「俊彦窯」

色分けが美しい掛分鎬手コーヒーカップ&ソーサー2750円

【立杭×丹波焼の窯元】独自のセンスが光る器を暮らしの中に「俊彦窯」

坂の上に建つ工房兼ギャラリー

俊彦窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭396
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで15分、陶の郷前下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(要問合せ)
休業日
無休
料金
マグカップ=2160円~/糠釉鎬手(ぬかゆうしのぎで)マグカップ=2160円/コーヒーカップ&ソーサー=2700円/掛分鎬手(かけわけしのぎで)コーヒーカップ&ソーサー=2700円/

【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」

親子三代が作陶に励む窯元。二代目の正さんが作る赤土部(あかどべ)という江戸時代にあった技法で焼かれた花器や茶器、三代目の春奈さんの女性らしいデザインの食器など、個性的な作品がズラリ。

【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」

花柄をあしらった華やかな鯛づくしカップ&ソーサー1万1000円

【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」

人気の燕シリーズの丸皿、雲に燕5500円

【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」
【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」

赤土部ぐい呑み2万7500円と灰釉ぐい呑み3万3000円

【立杭×丹波焼の窯元】3世代で作る多彩な作品が並ぶ「末晴窯」

県道292号沿いにある工房兼ギャラリー

末晴窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭2-9
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで15分、兵庫陶芸美術館下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00
休業日
無休(盆時期休、12月30日~翌1月1日休)
料金
箸置=540円/皿=2160円/カップ=3240円/赤土部器=130000円/

【立杭】おすすめ立ち寄りスポット

【立杭×立ち寄りスポット】登り窯と同じ造りの手作り窯で焼くピザ「DONO」

注文が通ってから生地をのばし、オーナー手作りの薪窯で1枚ずつ焼くオリジナルピザが味わえる。スイートな具を使用したデザートピザも用意。

【立杭×立ち寄りスポット】登り窯と同じ造りの手作り窯で焼くピザ「DONO」

人気のピザマルゲリータ(手前)と生ハムのサラダ(奥)

DONO

住所
兵庫県丹波篠山市今田町釜屋629
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス清水行きで9分、釜屋口下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(閉店15:00、ピザ生地がなくなり次第閉店)
休業日
月曜、祝日の場合は営業(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
ピザ各種=1000円~/マルゲリータ=1300円/生ハムのサラダのピザ=1400円/ランチセット(ミニサラダとドリンク付き)=1300円~/デザートセット(デザートとドリンク付き)=1500円~/

【立杭×立ち寄りスポット】森の中にたたずむモダンな美術館「兵庫陶芸美術館」

日本遺産に認定された六古窯のひとつである丹波焼の常設展示のほか、多彩な企画展を通じて陶芸の魅力を発信する美術館。展望デッキやレストランもある。

【立杭×立ち寄りスポット】森の中にたたずむモダンな美術館「兵庫陶芸美術館」

緑に包まれた白壁の建物が青空に映える

兵庫陶芸美術館

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水寺行きで15分、兵庫陶芸美術館下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉館19:00)、11~翌3月は~17:30(閉館18:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌平日休(12月31日~翌1月1日休)
料金
展覧会により異なる(満70歳以上・障がい者割引あり)

北近畿の新着記事

【京都府・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!京都の初詣スポットおすすめ8選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、京都府のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【兵庫県城崎・カニ】この冬もシーズン到来!城崎でカニを堪能できる宿3選&気軽にカニを楽しめる店6選をご紹介

名湯につかりながら鮮度抜群のカニを! 西日本屈指の温泉街。 冬は車で5分ほどの位置にある津居山漁港のカニが楽しめます。 漁場まで2時間と近く、日帰り漁も可能な津居山ガニは鮮度抜群!...

【兵庫県香住・カニ】紅ズワイはすでにシーズン中!本場香住のカニをお得に楽しめる宿6軒&市場3軒をご紹介

カニの本場、兵庫県香住町。 本場の美味しいカニを求めて、遠くからわざわざ訪れる人も多い町です。 そんな香住町で本場のカニを味わえる温泉宿や、お土産に買って帰りたくなるカニが豊富に揃う市場などを...

【京都府の花火大会2023】今年こそ間近で観たい!開催日や打ち上げ数などの情報満載!京都府の花火大会4選

2023年の京都府のおすすめの花火大会をご紹介します。 打ち上げ数や開催日などでお好みの花火大会を探すことができます。 各大会の花火の特徴や見どころをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくだ...

【兵庫県の花火大会2023】今年は間近で観れる!開催日や打ち上げ数などの情報満載!兵庫県のおすすめ花火大会7選

2023年の兵庫県のおすすめの花火大会をご紹介します。 打ち上げ数や開催日などでお好みの花火大会を探すことができます。 各大会の花火の特徴や見どころをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくだ...

丹波のおいしいグルメに出会う旅。豊かな山の幸を生かした食づくりに触れよう

兵庫県の山間にある丹波市は、栗や黒豆を代表とする豊かな山の幸が有名です。 市内にはそれらを使ったご当地色たっぷりのメニューや食みやげを提供する店が点在し、そこだけで味わい、買うことができるおいしい食...

赤ちゃん連れ旅行を実現!子どもウェルカムな関西エリアのおすすめ宿15選

関西で赤ちゃん連れ旅行にピッタリの宿を厳選してご紹介! 旅館に精通したライターが太鼓判を押す物件はこちらです。 旅行に出かけたいけれど、わが家の子はまだベビー。 準備に手間がかかるし、食事の...

関西のおすすめアスレチック31選!大人も子供も楽しめる!

関西のおすすめアスレチックスポットをご紹介! 気軽に行ける公園から本格的なアスレチックまで、関西には子供だけでなく、大人も楽しめるアスレチックもありますよ。 天気の良い日は、思う存分に体を...

【京都】子供の遊び場30選!子供と行きたいおすすめスポットご紹介

今回は、子供と一緒に行きたい京都のおすすめ遊び場スポットをご紹介! ふだんはお家のなかや近所の公園を遊び場にしている子供たち。 毎日のことなので、いつもの場所でいつもの道具を使った遊びに飽きて...

京都でお参りしたい神社 7選 ~神話や地域を守る神さまにご挨拶~

京都の神社といえば、真っ先に声があがるのは、伏見稲荷大社かもしれません。 伏見稲荷大社のご祭神は、穀物の神である宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)をはじめとする、日本神話に登場する神々です。 ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者
jigen

まっぷるの奈良、山陰地方を担当。担当エリア以外にもオモシロネタを発信します!