おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【武生・今庄・池田】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【武生・今庄・池田】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【武生・今庄・池田】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

by mapple

更新日:2019年2月17日

「ちひろの生まれた家」記念館

日本を代表する絵本画家いわさきちひろの生家
絵本画家いわさきちひろの生家。館内では、ちひろと母が暮らした大正時代の趣を復元しているほか、ちひろの東京の自宅アトリエも再現されている。ギャラリーでは季節ごとにちひろ作品の企画展が開催されている。【見る】

「ちひろの生まれた家」記念館

ちひろの生家は当時のままで、まるで時間が止まったかのよう

紙祖神 岡太神社・大瀧神社

和紙にゆかりのある神社
華麗な彫刻が施された社殿は国の重要文化財に指定されている。岡太神社には今から1500年ほど前に、この地に紙すきの技を授けた姫君・川上御前を祀っていて、お札(紙幣)の神様として崇敬されている。【見る】

紙祖神 岡太神社・大瀧神社

国の重要文化財の下宮は両本殿を併せて祀っている

タケフナイフビレッジ

越前打刃物作りを体験しよう
700年の伝統の技術が光る、切れ味の鋭さと強靭さ、研ぎやすさが特徴の越前打刃物。刃物に関する歴史的な資料が展示されているほか、工場内の作業を見学することができる。【遊ぶ】

タケフナイフビレッジ

刃物作りだけでなく、研ぎ方教室も実施

タケフナイフビレッジ

越前打刃物の美しい切れ味に感動!

今庄そば道場

できたてのそばの味を堪能
そば粉を混ぜるところからゆでる過程まで、自分だけのそばが作れるそば打ち体験。でき上がったものはおみやげにすることもできる。【遊ぶ】

今庄そば道場

地元の人がていねいに教えてくれるので初めてでも安心

まつもと屋

いつでも変わらぬ味でもてなす
年中安定した辛さを保つために自家栽培の辛味大根と普通の大根を合わせたおろしが特徴。季節によって麺の打ち方や太さを変えることで、年間を通して同じ味を楽しませてくれる。【食べる】

まつもと屋

おろしそばとソースかつ丼がセットになった「越前」 1030円

森六

真摯な姿勢から生まれる極上そば
香りを強く残す昔ながらの製法によるそばが味わえる。全国各地のダイコンを季節によって使い分けているおろしそばは、絶妙。【食べる】

森六

越前おろしそば 600円

たかせや

コクとまろやかさが味わえるだし
こだわりのだしには大根おろしの搾り汁&山芋が入り、コクとまろやかさが共存。ツルツルとしたのど越しが楽しめるそばや注文毎におろす大根など、丁寧な仕事ぶりに脱帽。【食べる】

たかせや

山芋入りの風味豊かなだしが味の決め手。おろしそば 610円

伊万里

トロトロ卵と分厚いカツ
ボルガライス(800円)は、デミグラスソースを使い、カツとオムライスの味をまとめ上げている。意外にあっさりと食べられると女性客にも人気。【食べる】

伊万里

ピラフのような風味のケチャップライスが特徴

箪笥町 ビストロ 萬那

創作カニ料理に舌つづみ
江戸時代に建てられた蔵を改装したレストラン。イタリアンに和のテイストを取り入れた創作料理を和モダンな空間で楽しめる。【食べる】

箪笥町 ビストロ 萬那

セイコガニのクリームパスタ(11月中旬〜1月末限定) 2700円

箪笥町 ビストロ 萬那

趣のある空間

蕎麦 ふる里

打ちたての素朴な味
そばの栽培が盛んで、そばどころとしても名高い今庄。「ふる里」は母親ゆずりの味を守る店で、打ちたてのそばは格別だ。素朴な味わいを堪能したいなら訪れてみたい。おろしそばは650円。【食べる】

蕎麦 ふる里

昔ながらの味を守る店

高野由平商店

代々秘伝の甘露梅肉
江戸時代から受け継がれてきた甘露梅肉、紅梅液は手作りの自然食品。甘露梅肉はご飯やパンにのせたり、和え物などの料理にもぴったり。紅梅液は薄めて梅ジュースや梅酒に。【買う】

高野由平商店

梅の風味豊かな逸品

【旅Column】今庄宿

古い街並が続く峠の宿場町
北陸と京、越前と若狭を結ぶ北国街道の玄関口として栄えた宿場町。約1㎞にわたり、造り酒屋や旅籠が軒を並べ当時の面影が残る。【今庄】

北国街道ってどんなところ?
江戸時代に発達した北陸地方を横断していた道。幹線道路として栄えていた

【旅Column】今庄宿

情緒ある街を散策。今庄の四季の風景も見もの

【旅Column】今庄宿

屋根は卯建が上がっているのが特徴。写真は、京藤甚五郎家

【旅Column】今庄宿

少し足を延ばすと茅葺きの家が残る板取宿がある

筆者:mapple

まっぷる福井 恐竜博物館’19

発売日:2018年10月09日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×