>  >  >  > 

大分【豊後高田】懐かしさが漂う昔ながらの商店街さんぽ

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月21日

この記事をシェアしよう!

大分【豊後高田】懐かしさが漂う昔ながらの商店街さんぽ

長さ550mほどの商店街に飲食、みやげ、資料館など40以上もの店が集まる。「昭和ロマン蔵」は町の中心的存在。

ACCESS

バス
JR宇佐駅
⇩ 大交北部バス 所要時間8分、料金250円
豊後高田バスターミナル


東九州自動車道 宇佐IC
⇩ 625 10 213 29 約17km、所要時間23分
豊後高田昭和の町

豊後高田昭和ロマン蔵

昔懐かしいアニメの人形やお面がずらり
昭和初期の米蔵を改装し、駄菓子屋の夢博物館、昭和の夢町三丁目館、チームラボギャラリー昭和の町、旬彩南蔵からなる施設。レトロカーの展示や昭和の教室もある。

豊後高田昭和ロマン蔵

駄菓子屋の夢博物館

昔懐かしいアニメの人形やお面がずらり

駄菓子屋の夢博物館

アニメの人形や面、ポスターなど、6万点ものグッズを収蔵している

旬彩 南蔵

旬彩 南蔵

大分の食卓の定番、とり天が味わえる「とり天定食」がおすすめ

チームラボギャラリー昭和の町

デジタルアートの新しい世界

9:00〜17:00
無休
入館料400円

昭和の夢町三丁目館

昭和30年代の暮らしぶりを体感

昭和の夢町三丁目館

民家や商店、教室を再現。商店ゾーンには駄菓子屋などが並ぶ

商店街の立ち寄りスポット

カフェ&バー ブルヴァール

昔懐かしい学校給食を味わう
昭和の給食を再現したメニューが人気。年代別に分かれ、クジラの竜田揚げや、揚げパンなどが並ぶ。

カフェ&バー ブルヴァール

揚げパンは300円

森川豊国堂

創業から親しまれるミルクセーキ
大正8(1919)年創業の和菓子店。ハチミツたっぷりのミルクセーキや、アイスキャンデー、和菓子の「とら巻」がおすすめ。

森川豊国堂

カップ入りのミルクセーキは2種

肉のかなおか

素朴な味のアツアツコロッケ
創業昭和26(1951)年の精肉店。看板商品のコロッケは、素朴な味を生かした和牛ミンチや醤油ベースのおからなどがある。

肉のかなおか

約10種ある人気のコロッケ

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる大分・別府 由布院’18」です。掲載した内容は、2017年7~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。消費税の見直しにより各種料金が変更される可能生があります。そのため施設によっては税別を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。また、2016年4月発生の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨、および2017年9月の台風18号の影響により交通機関の状況が変更する場合があります。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください