>  >  >  >  > 

【埼玉】夏のおでかけスポット6選!祭りや花火大会を見に行こう

まっぷるマガジン

更新日:2020年8月26日

この記事をシェアしよう!

【埼玉】夏のおでかけスポット6選!祭りや花火大会を見に行こう

暑い埼玉の夏を活気づけるのは、やっぱり祭り!
地元ならではの祭りや、大勢の人で賑わう花火大会がめじろ押しです。

また、あじさいやひまわりなど、夏を鮮やかに彩る花の見ごろでもあります。

そんな埼玉の6月、7月、8月に見ごろをむかえる花や、お祭り・イベントをご紹介。
夏休みの旅の計画に盛り込むのもおすすめです。

イベント日程の変更や中止の物件

東京オリンピック開催による開催時期の変更や、新型コロナウィルスの感染拡大防止策などの理由により、日程変更、中止が判明しているスポット・イベントがございます。

現在判明している中止・変更物件は下記のとおりです。

【日程変更】

戸田橋花火大会(戸田市)

毎年8月第1土曜開催ですが、2020年は5月23日(土)開催予定。
ただし新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、大会開催の可否についても改めて発表予定

 

【中止】

千年の苑ラベンダー園

夏の異常気象や台風19号により多くのラベンダーに壊滅的な被害を受けたため、2020年は積極的な受け入れは行わず、2020らんざんラベンダーまつりも中止

狭山市入間川七夕まつり

8月に東京オリンピックのゴルフ競技が本市を会場として開催されるため、警備上の理由から2020年は開催中止。

ときがわ花菖蒲園(ときがわ町)

6月上旬~下旬

緑濃い風景に映える白や紫の花菖蒲

花づくりグループ「花菖蒲を育てる会」が遊休農地活用や地域活性化のために8000株以上の花菖蒲を育てており、毎年多くの見物客が訪れる。

ときがわ花菖蒲園(ときがわ町)

ときがわ花菖蒲園

住所
埼玉県比企郡ときがわ町玉川2490
交通
JR八高線明覚駅からときがわ町路線バス武蔵嵐山駅行きで3分、ときがわ町役場本庁舎下車、徒歩3分

古代蓮の里(行田市)

6月中旬~8月上旬

行田市の天然記念物の「行田蓮」

42種類約12万株の蓮が咲き誇る。天然記念物の行田蓮は約1400年~3000年前にこの地で咲いていた蓮の種子が偶然甦ったものとされている。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「古代蓮会館」「売店」「うどん店」は2月29日(土)~3月31日(火)まで臨時休業(調査日:2020年3月12日)

古代蓮の里(行田市)

古代蓮の里

住所
埼玉県行田市小針2375-1
交通
秩父鉄道行田市駅から行田市内循環バス観光拠点循環コース右回りで15分、古代蓮の里下車すぐ

梅フェア(越生町)

6月中旬

越生の梅・農産物の販売などを行なう

県内1位の収穫量を誇る越生の梅を広めるイベント。生梅、梅加工品の販売、梅料理の講習会もある。

梅フェア(越生町)

梅フェア

住所
埼玉県入間郡越生町小杉308-1自然休養村センター
交通
JR八高線越生駅から川越観光バス黒山行きで15分、小杉下車、徒歩5分

小川町七夕まつり(小川町)

7月下旬

特産の和紙すきの実演販売や七夕おどり、花火大会などで賑わう

特産の和紙をふんだんに使った豪華な七夕飾りは見もの! 多彩なイベントや花火大会も開催される。

小川町七夕まつり(小川町)

小川町七夕まつり

住所
埼玉県比企郡小川町市街地一円
交通
JR八高線小川町駅から徒歩5分

熊谷うちわ祭(熊谷市)

7月20~22日

夜空に響くお囃子と歓声!山車と屋台が彩る雅な祭り

八坂神社例大祭のうちわ祭。12台の山車、屋台が熊谷囃子に合わせて市街地を巡行。関東一の祇園祭と呼ばれる華やかな祭り。

熊谷うちわ祭(熊谷市)

熊谷うちわ祭

住所
埼玉県熊谷市お祭り広場・市内各所
交通
JR上越新幹線熊谷駅から徒歩5分(お祭り広場)

古利根川流灯まつり(杉戸町)

8月上旬の土・日曜

幻想的な光の帯が川面を埋め尽くす

畳1畳分もある大きな灯篭が見どころ。釘を使わずに手作りする。この大型灯篭が約250基、ミニ灯篭も加えて、約1km にわたり川面を灯篭が埋め尽くす様子は、地上に降りた天の川のような美しさ。

古利根川流灯まつり(杉戸町)

古利根川流灯まつり

住所
埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3丁目古利根川河畔 古川橋~清地橋
交通
東武スカイツリーライン東武動物公園駅からすぐ

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください