「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  千葉【外房】自然に囲まれたオススメ「里山カフェ」

千葉【外房】自然に囲まれたオススメ「里山カフェ」

千葉【外房】自然に囲まれたオススメ「里山カフェ」

mapple

更新日:2017年12月29日

海辺の観光スポットが人気の外房も、内陸部にはのどかな田園風景が広がっている。田んぼや山々に囲まれた、緑あふれる風景の中でのんびりしよう。

古民家カフェ夜麦

懐かしい時間が流れる居心地抜群の古民家
小高い山を背に建つ築200年の日本家屋を改装。4間の和室からなる店内はオーナーが集めた和の調度品で統一され、まるでタイムスリップしたかのよう。自家栽培の米や自家製の調味料など、手作りにこだわった食事が味わえる。

古民家カフェ夜麦

店内の一角で作家の個展が開かれることもある

古民家カフェ夜麦

縁側は看板猫のにゅー君もお気に入り

古民家カフェ夜麦

トタン屋根が存在感を放つ平屋造り

古民家カフェ夜麦

自家製ベーコンのナポリタン1080円
有機コーヒー540円
お食事とドリンクセット1458円
太めの麺に自家製ケチャップがからむ人気メニュー

Brown’s Field Rice Terrace Cafe(ブラウンズ フィールド ライス テラス カフェ)

木々に囲まれた空間で季節の恵みを味わう
納屋を改装した建物は風通し良好。ロフト席やテラス席はもちろん、店内のどこにいても風と緑を感じられる。半自給自足を心がけており、食材は敷地内で育てた米や野菜が中心。

Brown’s Field Rice Terrace Cafe(ブラウンズ フィールド ライス テラス カフェ)

個性的な雑貨や家具はバリ島で買い付けたもの

Brown’s Field Rice Terrace Cafe(ブラウンズ フィールド ライス テラス カフェ)

庭にはブランコやハンモックなどの遊具もある

Brown’s Field Rice Terrace Cafe(ブラウンズ フィールド ライス テラス カフェ)

週替わりランチプレート1200円
黒米入りの玄米に自家製調味料で作るおかず6種類が付く

Brown’s Field Rice Terrace Cafe(ブラウンズ フィールド ライス テラス カフェ)

スイーツは週替わりで3種類から選べる

Brown’s Field Rice Terrace Cafe

住所
千葉県いすみ市岬町桑田1501-1
交通
JR外房線長者町駅からタクシーで10分
営業期間
2~12月下旬
営業時間
11:00~17:00
休業日
期間中月~木曜

里山と棚田の一軒家カフェ具琥

緑豊かな景色に溶け込むぬくもりあふれる空間
田園風景になじむシックなたたずまいが印象的。形違いの窓からは、表情の異なる景色を楽しめる。中華料理店を開いていた店主の、経験に裏打ちされた食事メニューも評判だ。

里山と棚田の一軒家カフェ具琥

手づくりテーブルなども並ぶ温かみのある店内

里山と棚田の一軒家カフェ具琥

大小の棚田が点在する地域に立地

里山と棚田の一軒家カフェ具琥

米粉を使った唐揚げや水餃子などが付く具琥ランチセット994円

里山と棚田の一軒家カフェ具琥

バナナとくるみのタルト356円
ケーキは日替わり。ドリンクとセットで54円引き

green+(グリーンプラス)

のどかな田園風景の中で体が喜ぶランチを
エコアパートに併設。植物性食材のみで体にやさしいメニューを作っている。ランチなら、玄米と味噌汁、副菜が付く基本ごはんセットに、好みのデリ数品を合わせるのがおすすめ。

green+(グリーンプラス)

明るく開放的な店内。テラス席は犬の同伴もOK

green+(グリーンプラス)

庭では野菜やハーブのほか味噌や醤油も造っている

green+(グリーンプラス)

基本ごはんセット450円
セミオーダーデリ1品200円〜
デリは週替わりで4種類登場。写真では全種類オーダー

筆者:mapple

この記事の出展元は「まっぷる千葉・房総’18」です。掲載している内容は、2017年7~10月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できなかったりする場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×