コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  沖縄【古宇利島&本部半島】おすすめドライブスポット!

沖縄【古宇利島&本部半島】おすすめドライブスポット!

by mapple

更新日:2018年5月19日

今帰仁城跡、備瀬のフクギ並木など、沖縄美ら海水族館周辺には人気観光スポットが大集合。キラキラと輝く海を渡って恋伝説の古宇利島へもGO!

ドライブコース

START 許田IC
1:9:00 道の駅 許田
割引チケットを入手沖縄美ら海水族館、今帰仁城跡など観光スポットの割引チケットはここで
2:10:30 本部そば街道
沖縄そば店へは、早めが吉人気店は行列必至。開店前から並ぶつもりで早めに行こう
3:11:50 ワルミ大橋
4:11:55 屋我地島
5:12:05 古宇利大橋
昼頃の海が◎太陽が真上から差し込み、海がキラキラ輝く正午前後に橋を渡るべし
6:12:25 古宇利島
7:14:00 今帰仁城跡
8:15:00 備瀬のフクギ並木
9:16:00 沖縄美ら海水族館
コスパよし!入館料が安くなる、「4時からチケット」でおトクに入館
10:18:30 瀬底ビーチ
GOAL 許田IC

【START】許田IC

↓ 1㎞(5分)

道の駅 許田

おみやげ選びはここで
さまざまな南国フルーツが手ごろな価格で並び、フードコートでは沖縄そばやタコスなどが楽しめる。主要観光スポットの割引チケットも購入できる。

さっぱりとした甘さ
ドラゴンフルーツ(6月下旬~12月中旬)時価

昔懐かしい味
パインあめ 215円

新感覚の調味料
勝山シークヮーサーのシークヮーサーコーレーグス(35g)400円

伊江島産の食材と湧き水で作る
イエソーダ ピンクドラゴン(右)、グリーンマース(左)(各200㎖)各240円

↓ 12㎞(25分)

本部そば街道

沖縄そばの激戦区で早めの昼食
県道84号周辺を中心に、本部町には沖縄そばの店がいっぱい。混み合う前の11時台が狙い目なので早めにでかけよう。人気店は行列覚悟で。

ソーキそば 900円(山原そば)

てびちそば 700円(そば屋よしこ)

のぼりが目印

↓ 7㎞(15分)

ワルミ大橋

景色を楽しみながら屋我地島へ
本部半島と屋我地島を結ぶ全長315mの橋。眼下に景勝地のワルミ海峡を望む、絶好のドライブルートとして知られる。

アーチ橋としては国内で5番目の長さ

↓ 400m(すぐ)

屋我地島

サトウキビ畑が広がるのどかな島
羽地内海に浮かぶ島で、本島とは屋我地大橋とワルミ大橋で結ばれている。島内にはサトウキビ畑が広がり、古い集落を抜けると古宇利大橋にたどり着く。

豊かな自然が残る島

↓ 3㎞(7分)

古宇利大橋

見渡す限りの海が広がる絶景ロード
屋我地島と古宇利島とを結ぶ1960mの離島架橋。青く澄んだ海の上をまっすぐに延びる橋は最高のドライブコース。橋の下の海は透明度が高く、日が当たるとエメラルドグリーンにキラキラと輝く。

橋の上は駐停車禁止
屋我地島側橋詰めにあるロードパークに車を停めて、橋のたもとの海岸や歩道から記念撮影しよう

海の上に一直線に延びる橋

↓ 2㎞(5分)

古宇利島

リゾート気分いっぱいの恋島
アダムとイブの伝説に似た物語が伝わる小さな島。北部にあるティーヌ浜は、CMのロケ地になるなど、美しい景観で知られる。

天然ビーチのティーヌ浜

↓ 14㎞(30分)

今帰仁城跡

ビッグスケールの城跡を散策
琉球統一前、北山、中山、南山の三山時代に本島北部を統治した北山王の居城跡。13世紀頃に築城され、標高100mほどの小高い岩山に、自然石を積み上げた野面積みの城壁がそびえる。美しいカーブを描いた城壁の長さは1.5㎞にも及ぶ。【世界遺産】

御内原
女官の生活の場だったと伝えられる城内でも崇高な場で、御嶽がある。北側から海を一望でき、晴れた日には東シナ海や伊平屋島(いへやじま)、伊是名島(いぜなじま)が見える。

主郭
城内で最も中心的な建物があった場所。多くの礎石が現存し、かつてここにあった建物の形をほうふつとさせる。現在では祭祀を行なう場所となっている。

平郎門
今帰仁城の正門で、現在の門は1962年に修復されたもの。左右に門番が見張りをする狭間があり、天井は大きな一枚岩を載せた堅牢な造りになっている。

カンヒザクラ(1月下旬~2月上旬)の名所としても有名

↓ 7㎞(15分)

備瀬のフクギ並木

沖縄の家を守り続ける防風林
家を守る防風林として植えられているフクギ。備瀬地区では樹齢約300年のフクギ約2万本が集落全体を包み込み、まるで緑の迷路のよう。

木漏れ日が差し込む緑の小道

↓ 3㎞(7分)

沖縄美ら海水族館

沖縄の海の世界をここで
沖縄の海を、太陽光の差し込むサンゴ礁から神秘的な深海まで再現した水族館。世界最大級の水槽でジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ姿は圧巻だ。美しいサンゴの海やカラフルな熱帯魚の海など、どのコーナーも見どころたっぷり。

by fotolia - ©サラリーマン

ジンベエザメが泳ぐ「黒潮の海」

↓ 10㎞(20分)

瀬底ビーチ

美しい夕日に感動!
沖縄本島と瀬底大橋でつながる瀬底島にある天然ビーチ。伊江島や水納島を望み、夕日の名所としても知られている。

ため息が出そうなほど美しい夕景

↓ 25㎞(50分)

【GOAL】許田IC

ココでひと息 立ち寄りカフェ

海を一望する高台のカフェや、アートな作品が並ぶカフェ。ドライブ途中にぜひ立ち寄りたい。

カフェこくう

眼下に壮大な景色が広がるカフェ
海を見下ろす高台の団地内に建つ。和食とマクロビオティックを融合させた日替わりランチプレート1200円や、季節のフルーツを使った手作りスイーツがそろう。

スイカのシャーベット(夏期限定)400円など

自然の風がここちよい開放的な店内

cafe haru

東シナ海を望む丘の上のアート空間
父は絵画と焼物、母は帽子作り、娘はガラスアクセサリーと、それぞれのアートが楽しめるカフェ。おすすめは名物の金時シャーベット。

金時シャーベット 700円

海を眺めながらのんびりできる

こちらもCHECK!

●cafe CAHAYA BULAN
●花人逢
●Cafe ichara
●やちむん喫茶 シーサー園
●Cafeハコニワ
●森の食堂 smile spoon

筆者:mapple

まっぷる沖縄’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×