>  >  >  >  > 

【沖縄・西海岸リゾート】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2019年11月17日

この記事をシェアしよう!

【沖縄・西海岸リゾート】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

海遊びに器探しなど楽しみ方は自由自在

道の駅 喜名番所

所要30分
琉球王国時代に栄えた宿場街道にある道の駅。休憩室や観光案内所を併設している。

道の駅 喜名番所

道の駅 喜名番所

住所
沖縄県中頭郡読谷村喜名1-2
交通
沖縄自動車道沖縄南ICから県道23号、国道58号を読谷方面へ車で12km
料金
施設により異なる

ブセナ海中公園

【所要1時間30分】
サンゴと熱帯魚が暮らす海の楽園
沖縄海中公園区域に位置し、色とりどりの熱帯魚が生息する。水深5mの海底を見渡せる海中展望塔や海中散策が楽しめるグラス底ボートがある。

ブセナ海中公園

全長170mの桟橋の先に24面の窓がある海中展望塔が建つ

ブセナ海中公園

ユニークなクジラ形ボートで沖合を周遊

ブセナ海中公園

住所
沖縄県名護市喜瀬1744-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を喜瀬方面へ車で4km
料金
海中展望塔=大人1050円、小人(4歳~中学生)530円、3歳以下無料/グラス底ボート=大人1560円、小人780円、3歳以下無料/海中展望塔とグラス底ボートのセット券=大人2100円、小人1050円、3歳以下無料/(団体10名以上は10%割引)

座喜味城跡

【所要1時間】
築城家の技が光る屏風状のグスク
築城家として名高い護佐丸が15世紀前半に建立。琉球石灰岩の切石積みの城壁や沖縄最古のアーチ形石造門が残り、丘上からは東シナ海が見渡せる。

座喜味城跡

世界遺産
アーチ門にはくさび石をはめ込んで強度を増した工夫が見られる

座喜味城跡

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味708
交通
沖縄自動車道石川ICから県道73号、国道58号、県道12号を読谷方面へ車で12km
料金
情報なし

海人食堂

漁協の食堂で新鮮な魚介を堪能
読谷村漁協が運営する食堂。豪快に魚介を盛り込んだ海鮮丼や、新鮮なまぐろを使ったマグロ丼などが味わえる。揚げたての天ぷらも人気。

海人食堂

まぐろ、いか、えび、いくらがたっぷりのった都屋の海人丼1100円

海人食堂

天ぷら(1個)60円は持ち帰りができる

読谷漁協直売店(海人食堂)

住所
沖縄県中頭郡読谷村都屋33
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから国道329号、県道74号、国道58号、県道6号を読谷方面へ車で14km
料金
天ぷら(もずく、魚、イカ、各1個)=60円/都屋の海人丼=1100円/魚汁=750円/

宇宙航空研究開発機構 沖縄宇宙通信所

所要1時間
人工衛星の追跡管制を行なうJAXAの施設。人工衛星やロケットを模型や映像で紹介。

宇宙航空研究開発機構 沖縄宇宙通信所

宇宙航空研究開発機構 沖縄宇宙通信所

住所
沖縄県国頭郡恩納村安富祖金良原1712
交通
沖縄自動車道屋嘉ICから県道88号、国道58号、国道104号などを恩納方面へ車で11km
料金
無料(団体の場合要問合せ)

沖縄黒糖

【所要1時間】
サトウキビが黒糖になるまでを見学できる工場。黒糖製品やおみやげなども購入できる。

沖縄黒糖

沖縄黒糖 工場見学

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2822-3
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、親志入口下車、徒歩5分
料金
見学=無料/黒糖作り(前日までに要予約、体験対象年齢7歳以上)=1000円(アルミカップ)、2000円(シーサー面)/

沖縄工芸村

所要1時間
琉球ガラスの製造、販売を行なう。工房では吹きガラス見学ができ、体験メニューも豊富。

沖縄工芸村

沖縄工芸村

住所
沖縄県国頭郡恩納村恩納6203-1
交通
沖縄自動車道屋嘉ICから県道88号、国道58号を恩納方面へ車で4km
料金
吹きガラス体験(要予約)=2700円~(一輪挿し)、2160円~(コップ)/フラワーアート体験=2160円~/トンボ玉作り体験=1620円~/
1 2 3 4 5 6

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください