>  >  >  >  >  >  【魚津・滑川】富山湾の不思議スポットが盛りだくさん!

【魚津・滑川】富山湾の不思議スポットが盛りだくさん!

【魚津・滑川】富山湾の不思議スポットが盛りだくさん!

蜃気楼の見える街・魚津とホタルイカが有名な滑川。ほかにも埋没林や海洋深層水など富山湾の不思議を体感できるスポットが多い。

ACCESS


北陸自動車道 魚津IC→(5分/約2㎞)→魚津市街
北陸自動車道 滑川IC→(8分/約4㎞)→滑川市街

鉄道
富山駅→(あいの風とやま鉄道/25分)→魚津駅
富山駅→(あいの風とやま鉄道/15分)→滑川駅

富山湾ってホントスゴイんです!!

神秘的な世界に思わず引き込まれる!?
魚津と滑川沖は富山湾の中でもとりわけ海底の起伏が激しい。そのため蜃気楼が見えたり、ホタルイカが生息していたりするなど国内でも珍しいものがいっぱい。

しんきろうロード

蜃気楼見学の名物スポット
経田漁港からミラージュランドまで約8kmの海岸沿いはドライブでも人気の富山湾の絶景コース。蜃気楼を目撃しやすい場所なので、蜃気楼待ちするならここがおすすめ。【魚津】

蜃気楼
海上に対岸の風景や船がゆらめき変形して見える現象。空気の温度差が光を屈折させ、唯一無二の風景を生み出す。光と風が織りなす幻想的な風景に出合えたら、心ゆくまで堪能したい。

しんきろうロード

蜃気楼は気温18度以上の4~5月の11~16時ごろに出現しやすい

しんきろうロード

しんきろうロードには蜃気楼をイメージしたモニュメントもある

ココに注目!!

見られなくても証明書がもらえる3~6月の間、残念だけど蜃気楼を見られなかった人に海の駅蜃気楼周辺の観光案内説明員が「蜃気楼みられんだちゃ証」を発行してくれる。この証明書には、市内観光施設の特典がついている。

しんきろうロード

住所
富山県魚津市
交通
北陸自動車道魚津ICから県道52号を魚津市街方面へ車で3km
営業期間
通年
営業時間
24時間
休業日
無休
料金
無料

魚津埋没林博物館

太古の原生林に直接タッチOK
国の特別天然記念物に指定されている埋没林を展示するユニークな博物館。直径約2m、樹齢500年以上の樹根が水中保存されている。2018年4月にはカフェもオープン。【魚津】

魚津の埋没林
約2000年前、片貝川の氾濫で流れ出た土砂がスギの原生林を埋め、その後海面が上昇して現在の形になったと考えられている。昭和5(1930)年、魚津港の工事中に発見された。

魚津埋没林博物館

スギの巨木が朽ちずに水中に根を張っている様子は不思議

魚津埋没林博物館

2000年前の木の感触を確かめることができる

ココに注目!!

蜃気楼も学ぼう!
埋没林と並ぶ魚津の神秘・蜃気楼。博物館では蜃気楼のメカニズムも紹介。本物と同じ仕組みで発生させたミニ蜃気楼の観察体験もできる。

魚津埋没林博物館

住所
富山県魚津市釈迦堂814
交通
あいの風とやま鉄道魚津駅から魚津市民バス市街地巡回ルート東回りで8分、魚津港前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休、12月上旬~翌3月中旬は木曜、祝日の場合は開館(12月29日~翌1月1日休)
料金
520円(障がい者は半額)

ほたるいかミュージアム

青白く光を放つホタルイカの生態を紹介
神秘的なホタルイカの生態や発光のメカニズムを映像やLED発光で解説している。3月20日から5月末日までは生きたホタルイカの発光ショーを開催している。【滑川】

ホタルイカ
体長は約7cmで全身が青白く光るのが特徴。光ることで敵から身を守っている。普段は水深200~600mに生息し、春に産卵のために富山湾の岸辺近くまで上がってくる。

ほたるいかミュージアム

ライブシアターの発光ショーは子どもたちにも人気

ココに注目!!

2階のレストランでホタルイカグルメを味わえる
ホタルイカの魅力はなんといってもプリプリした食感と濃厚な甘味。ほたるいかミュージアムの2階のレストラン光彩ではさまざまなホタルイカ料理を堪能できる。

ほたるいかミュージアム

住所
富山県滑川市中川原410
交通
あいの風とやま鉄道滑川駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休、3月20日~5月は無休(1月は最終月曜から3日間臨時休あり、年末年始休)
料金
入館料(6月1日~翌3月19日)=大人600円、小人300円/入館料(3月20日~5月)=大人800円、小人400円/

タラソピア

健康をテーマに海洋深層水を利用
滑川沖で採取された海洋深層水を使ったタラソテラピー(海洋療法)が体験できる。海洋深層水のジャグジープールでは心身ともにリフレッシュでき代謝もアップ。【滑川】

滑川の海洋深層水
海洋深層水とは水深200m以下の深海に分布する海水のこと。滑川沖ではさらに深い水深333mから採取している。ミネラルが豊富で1年を通じて水温が低いのが特徴。

タラソピア

温かい深層水ジャグジープールで一年を通して楽しめる

ココに注目!!

富山湾の景色にも癒されながらリラックス
ダイナミックゾーンではミネラルたっぷりの深層水でお肌もしっとりツルツルに。心地よいジェットが全身をほぐし、リラックスできると大人気。

タラソピア

住所
富山県滑川市中川原410
交通
あいの風とやま鉄道滑川駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00、水・金曜は~19:00
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休(1月は最終月曜から3日間、6月は最終月曜から4日間臨時休あり、年末年始休)
料金
ダイナミックゾーン(プール)=850円(利用は16歳以上)/

滑川ほたるいか海上観光

光の群れに感動するホタルイカ漁
定置網でのホタルイカ漁を観光船から見学できるツアーを開催。漁が見学できるのは1年のうちわずかな期間だけの貴重なツアー。夜明け前の暗い海で光の群れがきらめく様子は圧巻。

滑川ほたるいか海上観光

魔化不思議な光のページェント

滑川ほたるいか海上観光

住所
富山県滑川市中川原410 ほたるいかミュージアム(集合場所)
交通
あいの風とやま鉄道滑川駅から徒歩8分
営業期間
3月下旬~5月上旬
営業時間
3:00~(出航予定、要予約)、ほたるいかミュージアムへの集合は2:30
休業日
期間中荒天時
料金
大人5000円、小・中学生3000円(幼児は乗船不可)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×