>  >  >  >  > 

【出雲市駅周辺】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月14日

この記事をシェアしよう!

【出雲市駅周辺】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【穏やかな風土に伝統と文化が息づく】
出雲エリアの電車でのアクセス拠点。伝統文化を知るなら車ですぐの出雲民藝館へ。出雲そばの地元人気店もぜひ訪ねたい。

ル コションドール出西

出雲の窯元にベーカリーカフェがオープン
2018年5月、全国的に知られる民藝の窯元出西窯に、新しいベーカリーカフェ「ル コションドール出西」が誕生する。自然たっぷりな集落の中で、焼きたてパンやドリンク類が楽しめる。窯元といっしょに訪ねて、のんびり過ごしてみよう。

出雲キルト美術館

素朴な日本の原風景に包まれる
出雲平野に建つ日本で唯一のキルト美術館。織りや染め、刺繍、キルト等の技法で製作された作品と四季折々の日本の伝統美を見ることができる。

出雲キルト美術館

しっとりした和の空間に心がなごむ

出雲キルト美術館

住所
島根県出雲市斐川町福富330
交通
JR山陰本線直江駅からタクシーで7分
料金
入館料=大人700円、高校生以下500円/年間パスポート=大人2000円/(10名以上の団体は大人600円)

長浜神社

『出雲国風土記』の冒頭を飾る国引き神話の里
海の向こうの土地に綱をかけ、大地を引き寄せたと伝わる国引きの神様八束水臣津野命を祀る神社。スポーツ上達や不動産守護のご利益で知られ、境内奥に子授けや安産を願う夫婦石がある。

長浜神社

秋には境内で綱引き大会も行われる神社

長浜神社

住所
島根県出雲市西園町上長浜4258
交通
JR山陰本線出雲市駅からスサノオ観光バス外園行きで18分、長浜神社前下車、徒歩5分
料金
御朱印=300円/金文字の御朱印=500円/表紙が木製の御朱印帳=2000円/

荒神谷博物館

出雲古代遺跡の謎に迫る
荒神谷史跡公園内にあり、国指定史跡「荒神谷遺跡」に隣接する博物館。荒神谷遺跡の歴史や発掘風景などを紹介する。

荒神谷博物館

6月末頃からハスが開花する

荒神谷博物館

住所
島根県出雲市斐川町神庭873-8
交通
JR山陰本線荘原駅からタクシーで5分
料金
入館料=無料/入館料(展示室)=205円、特別展・企画展は別料金/(障がい者は半額)

しまね花の郷

季節の花が咲くフラワーテーマパーク
四季折々の花が楽しめる癒しのスポット。芝生広場で思いきり遊べるのも魅力だ。出雲ICから車で5分とアクセスも便利。

しまね花の郷

季節ごとにさまざまな花で彩られる

しまね花の郷

住所
島根県出雲市西新町2丁目1101-1
交通
JR山陰本線西出雲駅から徒歩10分
料金
大人200円、小・中・高校生100円(団体20名以上は2割引、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳持参で入園料半額、介護者1名無料)

そばの加儀

地元の人に愛されるそば店
白壁と格子戸を備え、高瀬川の裏筋にひっそりと建つ。伝統を守りながら打つそばを味わいに、地元の人たちが足しげく通う。

そばの加儀

素朴な味わいの割子そば 750円

そばの加儀

住所
島根県出雲市今市町635
交通
JR山陰本線出雲市駅から徒歩5分
料金
割子そば=750円/釜揚げそば=750円/山かけそば=850円/ぜんざい=600円/鍋焼うどん=850円/

献上そば 羽根屋本店

伝統が息づく手打ちそばを堪能
大正天皇が山陰地方を旅行された際に、召し上がったのがここのそば。名物の割子そば(3段、750円)は、朱塗りの器で食べる。

献上そば 羽根屋本店

五色割子そば1500円

献上そば 羽根屋本店

住所
島根県出雲市今市町本町549
交通
JR山陰本線出雲市駅から徒歩10分
料金
五色割子そば=1500円/三色割子そば=900円/割子3段定食=1000円/割子そば=750円(3段)・250円(追加1段)/釜あげそば=700円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください