コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【出雲市駅周辺】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【出雲市駅周辺】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年9月14日

【穏やかな風土に伝統と文化が息づく】
出雲エリアの電車でのアクセス拠点。伝統文化を知るなら車ですぐの出雲民藝館へ。出雲そばの地元人気店もぜひ訪ねたい。

ル コションドール出西

出雲の窯元にベーカリーカフェがオープン
2018年5月、全国的に知られる民藝の窯元出西窯に、新しいベーカリーカフェ「ル コションドール出西」が誕生する。自然たっぷりな集落の中で、焼きたてパンやドリンク類が楽しめる。窯元といっしょに訪ねて、のんびり過ごしてみよう。

出雲キルト美術館

素朴な日本の原風景に包まれる
出雲平野に建つ日本で唯一のキルト美術館。織りや染め、刺繍、キルト等の技法で製作された作品と四季折々の日本の伝統美を見ることができる。

しっとりした和の空間に心がなごむ

長浜神社

『出雲国風土記』の冒頭を飾る国引き神話の里
海の向こうの土地に綱をかけ、大地を引き寄せたと伝わる国引きの神様八束水臣津野命を祀る神社。スポーツ上達や不動産守護のご利益で知られ、境内奥に子授けや安産を願う夫婦石がある。

秋には境内で綱引き大会も行われる神社

荒神谷博物館

出雲古代遺跡の謎に迫る
荒神谷史跡公園内にあり、国指定史跡「荒神谷遺跡」に隣接する博物館。荒神谷遺跡の歴史や発掘風景などを紹介する。

6月末頃からハスが開花する

しまね花の郷

季節の花が咲くフラワーテーマパーク
四季折々の花が楽しめる癒しのスポット。芝生広場で思いきり遊べるのも魅力だ。出雲ICから車で5分とアクセスも便利。

季節ごとにさまざまな花で彩られる

そばの加儀

地元の人に愛されるそば店
白壁と格子戸を備え、高瀬川の裏筋にひっそりと建つ。伝統を守りながら打つそばを味わいに、地元の人たちが足しげく通う。

素朴な味わいの割子そば 750円

献上そば 羽根屋本店

伝統が息づく手打ちそばを堪能
大正天皇が山陰地方を旅行された際に、召し上がったのがここのそば。名物の割子そば(3段、750円)は、朱塗りの器で食べる。

五色割子そば1500円

和かふぇ 葉楽Koto

日本茶の風味を生かしたスイーツ
出雲の老舗茶舗、原寿園に併設されたカフェ。上質の抹茶を使ったパフェやソフトクリームをはじめ、四季折々の甘味が味わえる。

特選あんみつ680円

鶴華 波積屋

昔ながらの石臼でひく出雲そば
江戸時代後期の豪農屋敷を移築復元した出雲そばの店。石臼びきの蕎麦粉で打つそばは、切りまですべて手作業。

おすすめの天おろしそば918円

道の駅 湯の川

出雲・斐川周辺の観光拠点
特産品コーナーでは、地元の出西窯の焼物や出雲そばなどを販売。レストランでは、特産のショウガを使ったカレーなどが出西窯の器で登場する。

道の駅 キララ多伎

運が良ければイルカに逢えるかも
特産品コーナーやレストランがあり、道路情報や観光案内を24時間提供するマルチビジョンを設置。施設の下には海水浴場がある。

キララから日本海を一望できる

マリンタラソ出雲

海に癒されるタラソテラピーを体験
中国地方で唯一の本格タラソテラピー施設。「元気海プール」ではウオーキング、腰ジェット、屋内バブルなど14種類が楽しめる。宿泊も可。

海を見渡す屋外プール

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×