おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【京都】嵐山・嵯峨野周辺!紅葉おすすめスポット!

【京都】嵐山・嵯峨野周辺!紅葉おすすめスポット!

【京都】嵐山・嵯峨野周辺!紅葉おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年10月27日

四季折々の風景を楽しむ雅な舟遊びが、繰り広げられていた天下の景勝地。とくに秋の風景は素晴らしく多くの人々がその美しさに魅了されるはず。

エリアへのアクセス

【電車】
河原町駅
⇩ 阪急京都線5分・150円
西院駅
⇩ 嵐電嵐山本線21分・220円
嵐山駅

京都駅
⇩ JR嵯峨野線(山陰本線)16分・240円 ※快速も停車
嵯峨嵐山駅

散策のおすすめモデルコース

平安時代から貴族に愛された風光明媚な地ゆえ、個性豊かな名刹が多く点在し、日程にゆとりがあれば1日かけてめぐっても飽きずに楽しめる。地図の範囲内はじゅうぶん徒歩圏内なので、気になる社寺をピックアップしてオリジナルコースを作るのもいい。

移動する距離 約4.6㎞
所要時間 約6時間

[START]JR嵯峨嵐山駅
⇩ 徒歩15分
➀渡月橋
⇩ 徒歩10分
➁天龍寺
⇩ 徒歩すぐ
➂宝厳院
⇩ 徒歩20分
➃常寂光寺
⇩ 徒歩5分
➄二尊院
⇩ 徒歩10分
➅清凉寺(嵯峨釈迦堂)
⇩ 徒歩すぐ
➆宝筐院
⇩ 徒歩20分
[GOAL]JR嵯峨嵐山駅

[世界遺産]天龍寺

嵐山の紅葉を背に庭園美を楽しむ
暦応2(1339)年、室町幕府の初代将軍足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建した臨済宗の寺院。至徳3(1386)年には京都五山の第一位となって隆盛を極めたが、8度の火災や戦火によって焼失・再興を繰り返した。現在の建物は明治以降の再建。総門から鮮彩な紅葉に飾られたまっすぐな参道を行けば、切妻造りの屋根を持つ美しい白壁の庫裏(くり)が迎えてくれる。

【2018秋情報】
紅葉の見ごろ 11月中旬〜12月上旬
混雑度★★★★★
[秋の特別拝観]
◆法堂「雲龍図」
期間 9月1日〜12月2日と嵐山花灯路期間
料金 500円(別途庭園、諸堂参拝料が必要)
内容 法堂の天井に描かれた雲龍図が見られる

[keyword]#足利尊氏 #曹源池庭園 #雲龍図

[世界遺産]天龍寺

見学のツボ
紅葉のハイライトは国の史跡・特別名勝に指定されている曹源池庭園の眺め。総門から庫裏へと続く参道ほか広大な境内の随所が秋化粧をする。

【ここが見どころ】雲龍図

仏法を守護する龍が天井を舞う
日本画家・加山又造の傑作、法堂の天井画『雲龍図』。どこからでも睨まれているように見える「八方睨みの龍」

【ここが見どころ】雲龍図

【ここが見どころ】曹源池庭園

一幅の絵のごとき名勝庭園
開山の夢窓疎石がみずから造ったと伝えられる池泉回遊式庭園。禅の思想を表すといわれ、自然と人工の美が融合した景色が広がる

【ここが見どころ】曹源池庭園

◆曹源池庭園 早朝開門
期間 11月10日〜12月2日
料金 庭園参拝料500円

通常の開門は8時30分だが、期間限定で1時間早い7時30分から参拝可能。朝霧に包まれた清々しい景観が待ち受けている(諸堂参拝は通常の8時30分〜)

【ここが見どころ】庫裏

達磨図が待つ天龍寺の玄関
大きな屋根と、白と黒のコントラストが特徴的。堂内参拝受付があり、台所と寺務所を兼ねる。玄関正面には、禅宗の初祖とされる達磨大師が描かれている

【ここが見どころ】庫裏

【ここが見どころ】大方丈

庭と対峙する寺で最大の建築
法堂の奥に建つ大方丈は明治32(1899)年建立。本尊の釈迦如来坐像は、天龍寺造営よりも古い、平安時代の作とされる

【ここが見どころ】大方丈

[ここにも立ち寄りたい]天龍寺篩月

本格派境内グルメ
厳選された四季折々の素材を使って、ていねいに仕上げられた精進料理は、口あたりよくやさしい味に作られた料理ばかり。

[ここにも立ち寄りたい]天龍寺篩月

雪、月、花など、風流な名の付いたコース料理がある

天龍寺篩月の詳細情報


住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(L.O.)
休業日
無休

天龍寺の詳細情報


住所
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:30(閉門)、10月21日~翌3月20日は~17:00(閉門)
休業日
無休

渡月橋

格別の趣を感じる名勝・嵐山のシンボル
大堰川(桂川)に悠然と架かる全長155mの橋で、平安前期にはすでに存在していたといわれている。嵐山のランドマーク的な存在の橋は、春の桜や、夏の新緑の景色も素晴らしいが、紅葉に包まれる姿は格別の美しさだ。

【2018秋情報】
紅葉の見ごろ 11月中旬〜12月上旬
混雑度★★★★★

[keyword]#嵐山 #人気観光地 #観月 #月橋渡 

渡月橋
by fotolia - ©Route16

【ここが見どころ】渡月橋越しに嵐山を望む
山々は秋の深まりとともに、徐々に色づいてゆき澄み切った空に鮮やかな紅葉が浮かび上がる。雄大なパノラマの景色を楽しみたい

見学のツボ
橋の上から紅葉を愛でるのもいいが、大堰川の下流から眺める橋と嵐山の風景がもっとも写真映えする。川沿いを上流へと進むと、喧騒から逃れて静かな紅葉狩りが楽しめる。

[遊覧船に乗ってみよう!]嵐山の屋形船

紅葉する嵐山が水上から楽しめる。3人乗りの貸しボートがおすすめ。所要約30分で、見事に染まる秋の渓谷が楽しめる貸し切りの遊覧船もある。

075-861-0302(嵐山通船)
阪急嵐山線嵐山駅から徒歩5分 
9:00~16:00(閉業16:30)、12月第3火曜~翌3月第2火曜は9:30~15:00(閉業15:30)
※日により異なる 
休み 3月第2火曜、12月第3火曜(荒天時休) 
料金 遊覧船2名まで3500円、1人増えるごとに追加1100円 
Pなし

渡月橋の詳細情報


住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

二尊院

迫りくるようなあでやかさで参道を飾る紅葉
平安初期、嵯峨天皇の命により慈覚大師・円仁が開山となり創建。釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本尊とすることから二尊院と呼ばれる。総門は江戸初期に京都の豪商・角倉了以が伏見城の遺構を移築。応仁の乱後に再建した本堂は、御所の紫宸殿を模したもの。

【2018秋情報】
紅葉の見ごろ 11月上旬〜12月上旬
混雑度★★★☆☆

[keyword]#紅葉の馬場 #本尊二尊

二尊院

【ここが見どころ】紅葉の馬場
総門の奥へと続く参道は秋には紅葉の並木道となり、「紅葉の馬場」と称される

二尊院の詳細情報


住所
京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門)
休業日
無休

筆者:mapple

まっぷる秋 紅葉の京都 2018

発売日:2018年08月23日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる秋 紅葉の京都 2018」です。掲載した内容は、2018年5月~7月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×