トップ > 関西 > 京都 > 京都・宇治 > 金閣寺・嵐山・高雄 > 嵐山・嵯峨野 > 

この記事の目次

華厳寺(鈴虫寺)

秋風に乗って聴こえる涼やかな鈴虫の鳴き声
享保8(1723)年、華厳宗の復興を図るために鳳潭が創建、のちに臨済宗の禅寺となった。境内では鈴虫が飼われ、一年中その美しい音色が聴こえることから鈴虫寺と呼ばれる。ひとつだけ願い事を叶えてくれるという、わらじを履いた幸福地蔵で知られる。

【2021秋情報】
紅葉の見ごろ 11月下旬〜12月上旬
混雑度★★★★☆

[keyword]#幸福地蔵 #鈴虫

華厳寺(鈴虫寺)

見学のツボ
幸福地蔵があまりにも有名だが、鈴虫の澄んだ声をBGMに、境内のそこかしこを染め上げる紅葉が心を満たしてくれる。

華厳寺(鈴虫寺)

山門横の幸福地蔵は珍しいわらじ履き。歩いて願いを叶えに行くためだとか

華厳寺(鈴虫寺)

住所
京都府京都市西京区松室地家町31
交通
阪急嵐山線松尾大社駅から徒歩15分
料金
見学料(煎茶・お菓子付)=大人500円、4歳~中学生400円/幸福御守=300円/(障がい者は拝観料1割引)

鹿王院

※2021年は舎利殿改修工事中。

参道が紅に染まる京都十刹に列する寺院
室町幕府3代将軍足利義満が寿命を延ばすことを願って建立した京都十刹第五の寺院。閑静な住宅地に位置するが、山門をくぐれば市中とは思えない青々とした竹林と鮮やかな紅葉に彩られた参道が姿を現し、境内へと誘う。

【2021秋情報】
紅葉の見ごろ 11月下旬〜12月上旬
混雑度★★☆☆☆

[keyword]#散りもみじ #足利義満

鹿王院

厳かな舎利殿と艶やかな紅葉の対比に魅せられる

鹿王院

山門から中門までの紅葉並木が参道のアーチとなる

鹿王院

住所
京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
交通
嵐電嵐山本線鹿王院駅から徒歩3分
料金
拝観料=大人400円、小・中学生200円/(障がい者手帳の提示で本人のみ1割引)

浄住寺

※この記事は2020年以前の情報です。2021年は公開されません。

紅葉のトンネルが見事洛西の古刹
弘仁元(810)年、嵯峨天皇の勅願寺として創建、公家の菩提寺として隆盛を極めた。江戸時代築の本堂をはじめ、位牌堂、開山堂など黄檗宗寺院ならではのエキゾチックな諸堂が階段状に建ち並ぶ。

【2018秋情報】
紅葉の見ごろ 11月中旬〜12月上旬
混雑度★★★★☆

[keyword]#雲龍図 #黄檗宗

見学のツボ
参道の石段を染め上げる紅葉が見事。室町時代の池泉式庭園や、狩野永岳筆の衝立「雲龍図」なども見どころ。

浄住寺

住所
京都府京都市西京区山田開キ町9
交通
阪急嵐山線上桂駅から徒歩10分

トロッコ列車&川下りで保津峡の紅葉狩り

紅や黄色に染まる山をトロッコでのんびり走り、帰りは船上からの壮大な景観を堪能したい。

両方楽しめるおすすめルート

JR嵯峨嵐山駅
⇩ 徒歩すぐ
トロッコ嵯峨駅
⇩ トロッコ列車25分
トロッコ亀岡駅
⇩ バス15分 or 京馬車25分 or タクシー10分
保津川下り乗船場
⇩ 舟2時間
保津川下り着船場
⇩ 徒歩7分
嵐電嵐山駅

嵐山と保津川の美景を堪能

山間を蛇行しながら流れる保津川がつくり出す景観は、切り立った渓谷や岩場など変化に富む。社寺を彩る雅な紅葉とはひと味違う、ありのままの自然の美に心を打たれること必至。トロッコ列車で悠然と列車の旅を楽しみ、下りは船頭がガイドする舟で。保津峡の自然をめいっぱい体感できるおすすめプランだ。

嵐山と保津川の美景を堪能
嵐山と保津川の美景を堪能

嵯峨野トロッコ列車

車窓から絶景を間近に見る
トロッコ嵯峨駅からカラフルなトロッコ列車に乗り、トロッコ亀岡駅まで全長約7.3㎞、約25分の旅にでかける。雄大な渓谷美のなかに点在する見どころを知らせてくれる車掌のアナウンスも聞きごたえあり。

見学のツボ
大自然を堪能したいなら、窓ガラスのないオープン車両「リッチ号」がおすすめ(雨天販売制限あり)。クラシカルな列車自体もフォトジェニック。

【2021秋情報】
紅葉の見ごろ 10月中旬〜12月上旬
混雑度★★★★★

[keyword]#観光列車
#保津峡 #紅葉のトンネル

嵯峨野トロッコ列車

レトロな車両の大きな窓の向こうに、山肌の紅葉が間近に迫る

嵯峨野トロッコ列車

嵯峨野トロッコ列車

住所
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
交通
JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅からすぐ
料金
チケット(片道)=大人630円、小学生320円/(一種の障がい者本人と同伴者1名半額、二種は本人のみ半額)

保津川下り

創業400年日本最古の川下り
保津川下りは、亀岡から嵐山まで約16㎞の渓流を下る舟下り。熟練の船頭が3名ほど乗り込み、ガイドを務めながら見事な竿さばきで狭い岩間をすり抜けていく。所要は約2時間。

見学のツボ
澄み渡る空気の中、秋化粧をした大自然を存分に味わえるのが何よりの魅力。ゴールに近づき、渡月橋が現れる瞬間は感動もの。

【2021秋情報】
紅葉の見ごろ 11月上旬〜12月上旬
混雑度★★★★★

[keyword]#川下り # 保津峡 #保津川

保津川下り

ときにゆるやか、ときに激しい流れのなかで見る野趣あふれる紅葉は格別。岩をよけて舟を操る船頭の竿さばきを見るのも楽しみ

保津川下り

住所
京都府亀岡市保津町下中島2
交通
JR嵯峨野線亀岡駅から徒歩8分
料金
乗船料=大人4100円、小人(4歳~小学生)2700円/(障がい者手帳持参で1割引)

☆こちらの記事も要チェック

京都おすすめ紅葉スポット
例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

1 2 3 4
筆者
らくたび

京都の旅行企画や京都日帰り旅行の実施・ご案内、京都の歴史や文化に関する講演、京都本の企画・制作・執筆に日々いそしむ京都の会社。
築90年ほどの国指定:登録有形文化財の京町家から、千年の都・京都のさまざまな魅力を発信しています。
京都現地ガイド歴30年、ご案内人数累計15万人!の代表を筆頭に、濃いぃメンバーが揃います。お寺や神社の歴史、ご利益ネタ、季節ごとの見どころネタならお任せあれ。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください