コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【盛岡冷麺】牛スープ&キムチのピリ辛麺!おすすめ店!

【盛岡冷麺】牛スープ&キムチのピリ辛麺!おすすめ店!

by mapple

更新日:2018年11月20日

約60年前、「食道園」の初代店主が平壌の冷麺と咸興の辛い冷麺を組み合わせ、アレンジして生まれたのが盛岡冷麺。小麦粉などで作る歯ごたえのある麺が特徴。コクのあるスープにキムチの辛みと酸味が深みを加えている。

食道園

昭和29(1954)年創業の、盛岡冷麺発祥の店。本場韓国・平壌がルーツのこの店の冷麺は、牛骨、牛肉をたっぷり使った濃厚なスープと、コシが強くのどごし抜群の麺が特徴。麺をかみしめるほどに、スープのコクが口いっぱいに広がる。

平壌冷麺900円
盛岡冷麺のルーツ。半透明でのどごしのいい麺と、まろやかでコクのある澄んだスープが特徴

彩りを加えるゆで卵
黄色が鮮やかなゆで卵が食べごたえをプラス。黄身をスープに溶かせばマイルドな味わいに

むちむちの麺
小麦粉やデンプンなどを練り、型に入れてから圧力をかけて押し出すことで、独特の弾力が生まれる

コクのあるスープ
牛骨や牛肉、鶏ガラがベース。透明感があり、さっぱり味ながらもコクと甘みを感じる深い味わい

テーブル席メインの落ち着いた雰囲気の焼肉店。冷麺だけを味わいに来る客も多い

キムチ

辛みがポイント
辛みを加えるのはカクテキ(角切りの大根のキムチ)が定番。辛さと酸味がスープの味を整える

キムチを「別辛」で注文し、冷麺そのものの味を楽しむのもおすすめ

ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店

盛岡駅前から歩いてすぐの、焼き肉と冷麺が人気の大型店。注文を受けてから作る麺は、作りたてならではのしなやかなコシと歯ごたえを楽しめる。牛骨ベースのスープは、あっさりしていながらも深いコクが味わえる。

盛岡冷麺885円
力強いコシの麺は噛むほどにおいしさを増す。酢を入れて変化をつけながら味わうのもおすすめ

おしゃれな雰囲気の店内は女性に好評

大同苑

昭和40(1965)年創業の焼肉店。前沢牛をはじめとした牛肉などの脂や牛すじ、牛骨、鶏ガラをじっくり煮込んだスープは、濃厚ながら繊細な味わい。粉から手練りするもちもちの麺や自家製キムチとの相性も抜群。

盛岡冷麺972円
なめらかでのどごし抜群の麺と、上品な旨みあふれるピリ辛スープがさわやかな味を織りなす

混雑時は2階の席も開放

明明家

盛岡駅直結の駅ビル「フェザン」にある焼肉店。製麺所直送のできたてを茹でる自慢の麺は、コシが強くツルツルとした歯ざわり。澄んだスープは、丸一日かけて牛骨などを煮込んでおり、ふくよかな甘みがあふれる。

もりおか冷麺1058円
辛さは6段階からチョイス。自家製のカクテキは甘さひかえめで、すっきり味のスープによく合う

電車の待ち時間にも便利な駅ビル内にある

盛楼閣

昭和57(1982)年創業。天候や気温に合わせて素材の配分を加減し、職人芸の手練りで打つ自家製麺が評判。国産牛などを使い3日以上かけて完成させるスープと、旨みと辛みが調和する自家製キムチにファンが多い。

冷麺1000円
時間をかけて煮込んだスープにキムチの辛み、フルーツの甘みが深い味わいをプラス

盛岡駅前にあり、地元客にも人気

筆者:mapple

まっぷる岩手 盛岡・花巻・平泉’18

発売日:2017年12月18日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×