トップ >  東北 > 北東北 > 角館・田沢湖・乳頭温泉郷 > 角館 > 角館観光地区 > 

【角館×グルメ】伝説の味が300年ぶりに復活!「御狩場焼」

今から300年以上前に、角館城主・佐竹北家が狩りをしてキジや鴨に山椒味噌をつけて焼いたのが始まり。当家の21代当主である、佐竹敬久秋田県知事が公認し復活。角館の17店舗で、各店工夫を凝らした御狩場焼が食べられる。

【角館×グルメ】七代佐藤養助稲庭うどんの専門店「お食事処 ふきや」

角館で唯一、稲庭うどんの名品「七代佐藤養助」が食べられる店。家庭的でふんわりとした甘みの、名物だし巻き玉子も一緒に頼むのがおすすめ。店内は稲庭うどんをはじめとした、みやげコーナーが充実しているのもポイント。

おすすめMENU
稲庭冷しうどん 900円
だし巻き玉子(単品) 350円

【角館×グルメ】七代佐藤養助稲庭うどんの専門店「お食事処 ふきや」

稲庭冷しうどんセット 1250円
代表メニューの稲庭うどんと人気のだし巻き玉子のセットは、うれしいゆかりおにぎり付

【角館×グルメ】七代佐藤養助稲庭うどんの専門店「お食事処 ふきや」

家庭的な味が人気のだし巻き玉子

【角館×グルメ】七代佐藤養助稲庭うどんの専門店「お食事処 ふきや」

みやげコーナーもある店内

お食事処ふきや

住所
秋田県仙北市角館町小人町28
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
10:30~(要問合せ)
休業日
無休
料金
稲庭冷しうどん=900円/稲庭冷うどんセット(梅とゆかりのおにぎり、だし巻き玉子付)=1250円/だし巻き玉子=350円/

【角館×グルメ】ゴマと醤油、2つの味を食べ比べ「お食事処 桜の里」

稲庭うどんや比内地鶏を中心に、食事から酒の肴まで秋田の名物が豊富にそろう。秋田が誇る郷土グルメがセットで味わえる、稲庭うどん比内地鶏親子丼セットが人気。ほかにも店内では、さまざまな秋田の名物や名産品を購入できる。

おすすめMENU
究極の親子丼 1700円
稲庭うどん比内地鶏親子丼セット(温・冷)1800円

【角館×グルメ】ゴマと醤油、2つの味を食べ比べ「お食事処 桜の里」

稲庭冷やし二味うどん 1150円
自慢の自家製ゴマだれと和風だしつゆの、2つの味が一緒に食べられるとあって人気

【角館×グルメ】ゴマと醤油、2つの味を食べ比べ「お食事処 桜の里」

比内地鶏の串焼きもテイクアウト可能

お食事処 桜の里

住所
秋田県仙北市角館町東勝楽丁9
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉店17:00)、食事は10:00~
休業日
無休、12~翌3月は不定休(臨時休あり)
料金
稲庭冷やし二味うどん=972円/稲庭冷やし胡麻ダレうどん=864円/稲庭うどん比内地鶏親子丼セット(温・冷)=1728円/究極の親子丼=1620円/手打ち武家ざるそば=756円/比内地鶏手羽いかだ串=270円/比内地鶏つくね串=378円/

【角館×グルメ】ツルリとした喉ごしの稲庭うどん「お食事処藤八堂 珈琲館ぱにあ」

もともとは挽き割り納豆の元祖という藤八堂。ツルリとした食感の稲庭うどんや、塩でいただく天ぷらがおすすめ。ほかにも素材にこだわった秋田の味が楽しめる。閉店時間も遅めなので夕食にも利用できる。

おすすめMENU
天婦羅稲庭うどん(温)1420円
きりたんぽ鍋 1950円

【角館×グルメ】ツルリとした喉ごしの稲庭うどん「お食事処藤八堂 珈琲館ぱにあ」

天婦羅稲庭うどん(冷)1420円
天ぷらにちょんとつける抹茶塩が、味を膨らませてくれる。稲庭うどんは大盛りも可能

【角館×グルメ】ツルリとした喉ごしの稲庭うどん「お食事処藤八堂 珈琲館ぱにあ」

ゆったりとしてくつろげる店内

食事処藤八堂 珈琲館ぱにあ

住所
秋田県仙北市角館町横町20
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:30~19:30(L.O.)
休業日
不定休(年末年始休)
料金
天婦羅稲庭うどん(温・冷)=1420円/きりたんぽ鍋=1950円/きりたんぽ御膳=2630円/地ビール(秋田なまはげ神話・あきたこまちラガー)=各780円/

【角館×グルメ】地元グルメや季節の天ぷらに舌鼓「食処かくのだて さくら小路」

比内地鶏や稲庭うどんはもちろん、店特製の手羽先や季節の天ぷらも人気の店。お食事処 桜の里の姉妹店で、古民家を改装した店内は隠れ家のような趣がある。テラス席もあるため、ペット連れもゆったりと食事が楽しめる。

おすすめMENU
特製手羽先 1本110円
究極の比内地鶏親子丼 1700円

【角館×グルメ】地元グルメや季節の天ぷらに舌鼓「食処かくのだて さくら小路」

稲庭天麩羅二味うどん(冷)1750円
二種類のつゆで味わいが変化する、季節の天ぷらがセットになった稲庭うどん

【角館×グルメ】地元グルメや季節の天ぷらに舌鼓「食処かくのだて さくら小路」

特製手羽先の味は全5種類

【角館×グルメ】自家栽培、自家製粉にこだわり「角館地そば そばきり長助」

自家栽培、自家製粉の地そばが自慢。十割と二八が好みで選べる。農業も営む店主が有機栽培したそばの実を、みずから製粉し手打ちした地そばは、それを目当てに全国からファンが訪れるほどの人気。

おすすめMENU
高嶺ルビーと会津在来の二種類食べ比べ 1210円

【角館×グルメ】自家栽培、自家製粉にこだわり「角館地そば そばきり長助」

十割二色もり 1045円
殻ごと挽いた田舎そばと、殻をむいたそばの十割二色もり。味の違いを比べてみよう

【角館×グルメ】自家栽培、自家製粉にこだわり「角館地そば そばきり長助」

休日や観光シーズンは行列覚悟の人気店

角館地そば そばきり長助

住所
秋田県仙北市角館町小人町28-5
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(L.O.)そばがなくなり次第閉店
休業日
火曜(年始休)
料金
十割二色もり=1045円/十割二種類食べ比べ=1210円/そばソフトクリーム=300円/

【角館×グルメ】自慢の二八そばをたぐろう「自家製粉 手打蕎麦の店 角館そば」

手打ちならではのそば本来の味や香りを大切に、低温管理された玄そばを使う分だけ自家製粉して、そばを打ち続ける店。こだわり抜いた味わいの二八そばは甘みや香りが引き出され、モチモチした食感で人気の一品。

おすすめMENU
あゆ天そば1900円
もりそば900円

【角館×グルメ】自慢の二八そばをたぐろう「自家製粉 手打蕎麦の店 角館そば」

あゆ天ざる 1900円
軽い食感にサクサク揚げたアユの天ぷらと、繊細なそばの風味との相性が絶妙

【角館×グルメ】自慢の二八そばをたぐろう「自家製粉 手打蕎麦の店 角館そば」

売り切れ次第閉店なのでお早めに

自家製粉 手打蕎麦の店 角館そば

住所
秋田県仙北市角館町岩瀬町17
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(そばがなくなり次第閉店)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休(1月1日休)
料金
もりそば=750円/田舎(土・日曜、祝日のみ)=750円/鴨ざる=1300円/あゆ天そば(数量限定)=1600円/
1 2 3

北東北の新着記事

記事の一覧を見る

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。