コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【抱返り渓谷】田沢湖から気軽に行けるハイキングコース!

【抱返り渓谷】田沢湖から気軽に行けるハイキングコース!

by mapple

更新日:2018年12月2日

田沢湖と並ぶ秋田を代表する観光名所で、東北でも指折りの渓谷美が堪能できる抱返り渓谷。山あいの美しい景色を見ながら、片道およそ30分のハイキングに出かけよう!

抱返り渓谷

【田沢湖から車で20分】
独特の青さが幻想的な渓流美に目を奪われる
新緑と紅葉の名所として知られる抱返り渓谷は、東北の耶馬渓と称され、息をのむほど美しい渓流の独特な青さが魅力のスポットだ。整備されたおよそ1・5㎞の遊歩道に沿って、次々と見どころが現れる。折り返し地点の回顧の滝までは、片道30分と手頃な散策コースのため、大人から子供まで気軽に散策を楽しむ姿が見られる。

季節によって緑がかった青や、澄んだ青色などに表情を変える渓流

散策路の途中には冷たい湧き水も出ている

【START】駐車場

⬇ すぐ

1.抱返神社

抱返り渓谷の入口にたたずむ神社で、老杉に囲まれ荘厳な雰囲気が漂う

⬇ 約3分

2.神の岩橋

渓谷の入口に架かる全長80mの吊り橋。秋田県内で最も古い吊り橋だ

⬇ 約7分

3.茣蓙の石

抱返り渓谷の奇岩のひとつ。ござを数枚広げられるほど、広く平坦な巨岩

⬇ 約5分

4.若狭の急流

ダムができる以前は激しい流れが、獣の雄叫びに聞こえるといわれた急流

⬇ 約10分

5.誓願寺

抱返り渓谷随一の景勝地。淵を流れる水しぶきが香の煙に似ていることから命名

⬇ 約4分

【GOAL】6.回顧の滝

女性が着物を着るさまに似ていることや、何度も見返すほどの滝というのが名の由来

抱返り紅葉祭

10月上旬〜11月上旬にかけて行なわれる、赤い山々と青い渓流の美しいコントラストに心を奪われる祭典。紅葉期間中は駐車場が有料になり普通車300円。混雑するので角館駅からのシャトルバスなど公共交通機関の利用がおすすめ。

渓谷を赤や黄色に染めるさまはまさに絶景

筆者:mapple

まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19

発売日:2018年01月25日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×