おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【佐賀】甘〜い伝統の味!シュガーロードの銘菓!

【佐賀】甘〜い伝統の味!シュガーロードの銘菓!

【佐賀】甘〜い伝統の味!シュガーロードの銘菓!

by mapple

更新日:2018年12月16日

江戸時代、砂糖が運ばれた長崎街道の中心にあった佐賀。街道沿いでは華やかな菓子文化が花開き、伝統の味は今に受け継がれている。佐賀を代表する銘菓を一挙に紹介。贈り物にも喜ばれること請け合い。

村岡屋

村岡屋

本店のほか、JR佐賀駅や佐賀空港でも販売

さが錦

1棹756円、2棹入り1620円
佐賀伝統の織物「佐賀錦」をイメージした創作菓子。浮島の生地に山イモを練り込み、ふんわりと焼き上げ、チョコレートを使ってバウムクーヘンでサンド。40年以上にわたって多くの人に愛される。

さが錦
さが錦

小豆入りと栗入りの2種類がある
和菓子?それとも洋菓子?独創的な味わいで、とにかくおいしい!

丸芳露本舗 北島

丸芳露

一個86円、12個箱入り1080円
450年ほど前にポルトガルから伝来した南蛮菓子の一つで、船員の保存食だったといわれる。小麦粉、卵、砂糖を原料とするシンプルな焼き菓子。北島では材料を独自の配合で練り合わせて焼く。

丸芳露

佐賀ケンミンはみんな大好き佐賀菓子の王様はこちら!
食感はサックリしていて、口に含むとほのかに甘くとけていく

村岡総本舗本店

村岡総本舗本店

本店隣接の村岡総本舗羊羹資料館(右)は、国の登録有形文化財でも紹介

小城羊羹

特製切り羊羹150g500円~、おぎおんさん5個入り648円、とら焼き宗歓1個120円
江戸時代に、小城藩が貴重だった砂糖を手に入れやすかったこと、佐賀北部で良質な小豆がとれたことなど、小城は羊羹づくりに適した土地柄だった。特製切り羊羹は、豆、寒天、砂糖を練り合わせ木箱(羊羹舟)で一昼夜ねかせたのち、一棹ずつ切り出す。

小城羊羹

伝統の製法を守る特製切り羊羹
ちょっとしたみやげにも、贈答品にも!マルチ対応の羊羹です

小城羊羹

おぎおんさんは1月から7月の限定商品

小城羊羹

桜色の餡が入ったとら焼き宗歓

伊藤けえらん

伊藤けえらん

浜玉町で400年続く名店

けえらん

白一個76円、よもぎ一個87円
朝鮮出兵の際に、戦勝祈願に諏訪神社を詣でた豊臣秀吉をもてなすために誕生したといわれる「けえらん」。米を蒸した生地で餡を巻いたシンプルな和菓子。「けえらん」は「帰らん」がなまったといわれる。

けえらん

秀吉も食べたと言われる銘菓は、一度食べる価値あり!
購入してすぐに冷凍すれば1か月ほど日もちする

大原松露饅頭 唐津本店

大原松露饅頭 唐津本店

松露饅頭は職人が手焼きする

松露饅頭

一個87円、10個箱入り972円
豊臣秀吉の時代に朝鮮半島から伝来した焼き饅頭がルーツ。唐津を代表する銘菓で、薄いカステラの生地の中に、甘さ控えめのこし餡が入る。専用の銅板でクルクルと回しながら一個ずつ焼き上げる。

松露饅頭

餡の割合、多っ!でも甘すぎなくて2個めに手がのびる~
饅頭の丸い形が、虹の松原に自生するキノコ(松露)に似ていたことから名が付く

白玉饅頭 元祖 吉野屋

白玉饅頭 元祖 吉野屋

六代にわたる白玉饅頭の専門店

白玉饅頭

6個入り454円~
佐賀市大和町の川上峡名物として知られる饅頭。明治15(1882)年から続く「白玉饅頭 元祖 ?野屋」では、精米した佐賀県産の良質な米を石臼でついて粉にし、こねて蒸す。さらにこねて蒸す作業を繰り返すことによって、もっちりとしながらも歯切れのよい食感に仕上げる。

白玉饅頭
白玉饅頭

表面はツヤツヤモチモチ、中にはきめ細かなこし餡
ほかに、玄米白玉饅頭やよもぎ白玉饅頭などもある

筆者:mapple

まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里

発売日:2017年07月21日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×