フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

伊達政宗について

安土桃山時代から江戸時代初期の戦国大名、武将。伊達氏第17代当主。仙台藩初代藩主。幼名・梵天丸。10歳で元服し、17歳で家督を相続。『小田原征伐』や『文禄の役』にて豊臣秀吉に服属するも、北条氏と同盟して秀吉と対立するなどした後だった事から、豊臣政権で重用されなかった。『関ヶ原の戦い』の後に徳川家康の許可を得て、仙台に城と城下町を造り、石高62万石の仙台藩が誕生。エスパーニャ(現:スペイン王国)との貿易を計画し、家康の承認を得て、「慶長遣欧使節」を派遣した。

伊達政宗の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 31件

日本のお城と武将たち~名城はいかにして築かれ落城したか~

中世から戦国時代にかけて数多くつくられた日本のお城。ピーク時には数万の城があったといいます。 日本のお城は、単に居住するだけでなく、戦時の防護という役割が強く、そのため城と運命をともにした武将も城の...

吉野の花見で笑いをとった伊達政宗~秀吉が催した5000人規模の大宴会~

文禄の役の最中にもかかわらず催された吉野の花見は、京都・醍醐の花見より大規模で豪華な顔触れがそろい、戦国コスプレパーティーで大いに盛り上がりました。...

会津若松の歴史は蒲生氏郷が発展させた!奥州きっての城下町のはどのようにして整備されたのか?

会津若松は若松城の城下町として江戸時代に大いに発展しました。 ですが、その繁栄に至るまで、大変な苦労と紆余曲折があったのです。...

相馬氏とはどんな一族?~相馬地方を約700年統治した古豪~

鎌倉幕府が成立して以降、歴代の武家政権下で常に君臨し続けた稀有な例が相馬氏です。 相馬氏による福島支配の歴史を見ていきましょう。...

伊達氏のルーツは福島にあり!奥州制覇を果たすまでの道のり

戦国時代末期、伊達政宗の活躍によって奥州全域に広い支配地域を確立した伊達氏は、その歴史を紐解くと福島に源流がありました。...

福島県域の鎌倉から安土桃山時代の歴史~関東武士が進出し国盗り合戦に!

中世の福島県域は、中央の政争に翻弄されました。 ですが、中央からの支配が弱まると、県域において熾烈な領土争いが勃発するのでした。...

宮城県の観光データ~観光客入込数は仙台がトップ!各温泉地も人気-データでわかる全35市町村-

宮城県への観光客入込数は、見どころやイベントが集中する仙台がトップ。 日帰りできる隣接県から訪れる人が多いようです。 冬には県内各地の温泉やスキー場がにぎわいます。...

野蒜港計画とともに消えた幻の巨大運河ネットワーク構想

明治時代、野蒜に近代的な港の建設が計画されました。 江戸時代から進められていた運河の建設と組み合わせ、巨大な水上交通網ができるはずでした。...

二口街道、笹谷街道など険しい奥羽山脈を越えて宮城と山形を結んだ道の歴史

宮城と山形の間には、山を越える新旧さまざまな道があります。 道を往来するのは人だけではありません。 多くの物や文化が道を通して運ばれてきました。...

奥州街道とその繁栄を支えた宿場の光と影

江戸時代、数多の人が行き来した奥州街道。 仙台城下町の建設と合わせて、旧来の道を再整備して成立しました。 沿道はどんな様子だったのでしょうか。...