トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

【連載エッセイ・第25回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

高橋のら

更新日:2021年3月9日

この記事をシェアしよう!

【連載エッセイ・第25回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

東京生まれ、東京育ち。9年前に奥さんと、大分・国東半島へ移住。

そこで出会った猫たちと、こんどは、自然豊かな伊豆の田舎へ。

ゆっくりと流れる時間のなかで、森や草むらで自由に駆け回る猫たちと、一緒に暮らす日々のあれこれをお伝えしていきます。(毎週火曜日・金曜日に公開)

>>第1回から読む

この記事の目次

ぼちぼちと春の足音

さて弥生。しかし春は抜き足差し足。
まだ虫のいない今の時期なら窓や玄関の戸は開けたままで大丈夫。だけどそれももうあと半月かな? ちょっとでも水が温む頃になったその後は半年以上先までブンブンと飛び回ったり、カサコソと床を這ったりの虫地獄 (T_T) これはもう田舎に住む限り避けて通れない道なのです。
気がつけば荒涼としていた庭にもうっすらと緑が増え始めている。陽射しは早春。空気は真冬。木蓮の花がぽつぽつと咲き始めて、足元にはハコベが広がり始めたけど、冬の間に枯れたホテイアオイの浮くメダカ鉢には薄氷が張る日もある。

ぼちぼちと春の足音

気がつけば緑が庭を覆い始めて、光がやんわりと猫たちを包み始めてる

水が温むと冬の間は水底でじっとしていたメダカたちも泳ぎ始めるよ

猫たちは太陽を浴びるのが大好き。
お日様の光を受けることで彼らは体内にビタミンDというのを生成する、と言われていたけどそんなことはないらしい。でもね、なんでもかんでもそうやって科学や実利で理由を付けなくたっていいじゃないか。人間だってお日様に当たるのは気持ちいいものだし、メダカだって水の中で太陽に当たらないと弱ってしまうんだから。

地べた好きのくつしたは一番早く春の気配を感じ始めてるかもね

ちーは眠たげ。急がず慌てず、たまにはお日様を見上げてみようよ

風も空気もまだまだ冷たい。春がちょっと足踏みをした朝は天城の峰から冷たい風が吹き降りてくる。そんな朝は猫たちも家の中。陽の当たる場所を選んで家の中。身を切るような風の日でも、晴れてさえいれば窓際だけは羽根布団のような春の温もりになる。どんなに寒い一日だって、晴れてさえいればもう火を焚かなくても寒い思いはせずにすむ。

石のタイルを貼った丸テーブルはひでじお気に入りの昼寝場所

1960年東京生まれ。製本業経営を経て編集プロダクションを設立。
2011年に東京から大分県国東市へ移住し、2014年に国東市から静岡県伊豆半島に転居しました。現在は伊豆の家で編集業を営みながら仕事上のパートナーでもある家内と、国東で出会った6匹の猫たちと共に暮らしています。
国東での猫暮らしを綴った著書「猫にGPSをつけてみた」雷鳥社刊があります。

エリア

トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください