>  >  >  > 

この記事の目次

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】大沼湖<駒ヶ根市>

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】大沼湖<駒ヶ根市>

池のほとりから眺める中央アルプス・南アルプスは絶景

周囲600mほどの人造湖です。
池のほとりから眺める中央アルプス、南アルプスが絶景で、撮影やスケッチポイントとしても人気を集めています。

大沼湖

住所
長野県駒ヶ根市赤穂駒ヶ根高原
交通
JR飯田線駒ヶ根駅からタクシーで10分
料金
情報なし

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】鏡池<長野市>

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】鏡池<長野市>

戸隠を代表する絶景スポット

水面に、まるで鏡のように戸隠連峰の山々を映し出すところからその名が付けられた、戸隠を代表するビューポイント。
最近ではパワースポットとしても人気を集めています。

鏡池

住所
長野県長野市戸隠
交通
JR長野駅からアルピコ交通バス戸隠キャンプ場行きで1時間、森林植物園下車、徒歩40分
料金
情報なし

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】上高地<松本市>

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】上高地<松本市>

澄んだ清流と神秘の森が待っている

日本の代表的山岳景勝地として人気の上高地。梓川沿いに遊歩道が整備され、大正池、河童橋、明神池とのんびり散策が楽しめます。
紅葉の時期には、目の前に素晴らしい光景が広がります。

<新型コロナウイルス感染対策>
周辺店舗や施設において、臨時休業や営業時間の変更あり

上高地

住所
長野県松本市安曇上高地
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車すぐ
料金
情報なし

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】寝覚の床<木曽郡上松町>

【長野のおでかけ穴場スポット×自然】寝覚の床<木曽郡上松町>

木曽川の急流が生み出した名勝

木曽川の浸食でできた地形です。
寝床のように平らな岩が並ぶ風景は、浦島太郎伝説をはじめ、多くの歌人・文人の作品テーマとなりました。

寝覚の床

住所
長野県木曽郡上松町寝覚
交通
JR中央本線上松駅から上松町コミュニティバス倉本行きで5分、寝覚の床または中山道ねざめ下車、徒歩5分
料金
情報なし

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】安曇野ちひろ美術館<北安曇郡松川村>

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】安曇野ちひろ美術館<北安曇郡松川村>

いわさきちひろの世界に浸れる

絵本画家・いわさきちひろの代表作や絵本の原画とともに、世界各国の絵本画家の作品も展示。
建物の周囲には緑豊かな安曇野ちひろ公園が広がり、清流乳川の川辺も散策できます。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の設備において、利用制限あり
混雑時に入館制限を行う場合あり

安曇野ちひろ美術館

住所
長野県松川村長野県松川村西原3358-24
交通
JR大糸線信濃松川駅からタクシーで5分
料金
大人800円、高校生以下無料(20名以上の団体、65歳以上、大学生は700円(要証明書)、障がい手帳持参で本人400円同伴者1名無料、視覚障がい者は無料)

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】美ヶ原高原美術館<上田市>

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】美ヶ原高原美術館<上田市>

自然とアートが共存する美術館

ビーナスライン終点にある標高2,000mの野外彫刻美術館。屋外展示場では、国内外作家の彫刻約350点を鑑賞することができます。
室内ギャラリーの企画展も見逃せません。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

美ヶ原高原美術館

住所
長野県上田市武石上本入2085-70
交通
長野自動車道岡谷ICから国道142号を美ヶ原方面へ車で40km
料金
入館料=大人1000円、高・大学生800円、小・中学生700円/(土曜は保護者同伴の小・中学生は無料、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名入館料200円引)

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】水野美術館<長野市>

【長野のおでかけ穴場スポット×美術館】水野美術館<長野市>

近代日本画家や美人画家などの作品を展示

横山大観の『無我』をはじめ、菱田春草、下村観山、川合玉堂らの近代日本画や、戦後活躍した平山郁夫の作品、上村松園の美人画も充実。
名画とともに、本格日本庭園も鑑賞できます。

<新型コロナウイルス感染対策>
館内イベントは当面中止
検温の実施
混雑時に入館制限を行う場合あり

水野美術館

住所
長野県長野市長野県長野市若里6丁目2-20
交通
JR長野駅から長電バスアークス中央行きで10分、水野美術館下車すぐ
料金
一般1000円、中・高校生600円、小学生300円(※特別企画展についてはその都度設定)
1 2 3 4 5
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。オールジャンルでお出かけ情報をお届けしますね!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください