トップ > 東海・北陸 > 北陸 > 能登半島 > 

この記事の目次

【石川のおでかけ穴場スポット×植物園】花のミュージアム フローリィ<羽咋郡志賀町>

【石川のおでかけ穴場スポット×植物園】花のミュージアム フローリィ<羽咋郡志賀町>

四季折々の花々とその香りに癒される

潮風が届く海辺のガーデンに、500種類を超える草花が咲き誇る花のミュージアム。
南欧風の建物も印象的で、パティオから四季折々の花を見ることができます。

<新型コロナウイルス感染対策>
混雑時に入園制限を行う場合あり

花のミュージアム フローリィ

住所
石川県羽咋郡志賀町赤住14-54-1
交通
JR七尾線羽咋駅から北鉄能登バス富来・門前行き30分、高浜で北鉄能登バス福浦行きに乗り換えて分、赤住下車すぐ
料金
無料

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】尾山神社<金沢市>

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】尾山神社<金沢市>

神門は国の重要文化財

加賀藩祖・前田利家公と正室お松の方をまつる神社です。
色鮮やかなギヤマンが印象的な重要文化財の三層門「神門」は、和洋折衷の不思議な美しさ!桃山文化を今に伝える東神門など見どころが満載です。

<新型コロナウイルス感染対策>
各種ご祈願に人数制限あり

尾山神社

住所
石川県金沢市尾山町11-1
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで5分、南町下車、徒歩3分
料金
情報なし

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】須須神社<珠洲市>

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】須須神社<珠洲市>

日本海側一帯の守護神

第10代崇神天皇の時代に創建されたと伝わる御社で、社叢は国の天然記念物に指定されています。
日本海側一帯の守護神であり、中世の古文書、重要文化財の木造男神像、源義経が奉納した蝉折の笛などを所蔵しています。

須須神社

住所
石川県珠洲市三崎町寺家4-2
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで1時間15分、終点下車、北鉄奥能登バス木の浦行きに乗り換えて20分、須須神社前下車すぐ
料金
宝物殿(要予約)=300円/キリコ館(要予約)=200円/(団体割引あり)

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】那谷寺<小松市>

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】那谷寺<小松市>

重文7棟を数える古刹

養老元(717)年、泰澄が夢に見た千手観音を彫り、岩窟に安置したのが開創と伝えられています。
加賀3代藩主前田利常が再建した本殿、書院および庫裏、三重塔、護摩堂、鐘楼が国指定重要文化財、境内の2箇所が国指定名勝です。ミシュラングリーンガイドでは一つ星を獲得しました。

那谷寺

住所
石川県小松市那谷町ユ122
交通
JR北陸本線加賀温泉駅からタクシーで20分
料金
拝観料=600円、800円(庭園、書院拝観込)/(障がい者手帳持参で拝観料半額)

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】白山比め神社<白山市>

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】白山比め神社<白山市>

全国3,000社の総本宮

北陸鎮護の大社。白山神社の総本宮として、白山信仰の中心となっています。
また「加賀一ノ宮」と崇敬され“白山(しらやま)さん”として広く親しまれています。社宝を集めた宝物館も必見です。

白山比め神社

住所
石川県白山市三宮町ニ105-1
交通
北陸鉄道石川線鶴来駅からタクシーで5分
料金
宝物館入館料=大人300円、高校生以下無料/

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】妙立寺<金沢市>

【石川のおでかけ穴場スポット×社寺】妙立寺<金沢市>

驚きのからくりがいっぱいの別名「忍者寺」

加賀藩3代藩主の前田利常が、金沢城近くから移築建立した日蓮宗のお寺です。
外敵から守るために多くの仕掛けが施され、「忍者寺」とも呼ばれています。

<新型コロナウイルス感染対策>
検温の実施

妙立寺

住所
石川県金沢市野町1丁目2-12
交通
JR金沢駅から北陸鉄道広小路方面行きバスで20分、広小路下車、徒歩3分
料金
大人1000円、小人700円、幼児不可(障がい者手帳持参で本人のみ割引あり)

【石川のおでかけ穴場スポット×絶景】雨の宮古墳群<鹿島郡中能登町>

【石川のおでかけ穴場スポット×絶景】雨の宮古墳群<鹿島郡中能登町>

県内最大級の古墳と雄大な景色が望める

眉丈山山頂に点在する、古墳時代前期から中期(4~5世紀)の古墳群です。
中心となるのは、県内最大級規模の全長約64mの前方後方墳(1号墳)と約65mの前方後円墳(2号墳)。国の史跡に指定されています。

<新型コロナウイルス感染対策>
古墳群周辺の関連施設において、利用制限あり

雨の宮古墳群

住所
石川県鹿島郡中能登町西馬場7
交通
JR七尾線能登部駅からタクシーで10分
料金
情報なし
1 2 3 4 5
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!

エリア

トップ > 東海・北陸 > 北陸 > 能登半島 > 
トップ > 東海・北陸 > 北陸 > 金沢・加賀温泉郷 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください