トップ >  北海道 > 札幌・函館・旭川 > 日高・襟裳岬 > 

【北海道】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

渡辺拓海

更新日: 2022年1月21日

この記事をシェアしよう!

【北海道】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、北海道の定番スポットへ遊びに行こう!」
とても魅力的な誘いですよね、わかります。
ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。
コロナ禍の昨今、少しためらってしまいますよね。

そこで今回は、より魅力的なお誘い、
「週末は、北海道の“穴場”スポットへ遊びに行こう!」のご提案!
公園でのんびりしたり、絶景を堪能したり、かわいい動物たちに癒されたり……さまざまな穴場スポット情報を厳選してお届けいたします。
次のお休みは、北海道の新しい魅力を見つけに行きましょう♪

※新型コロナウイルス感染症に関連した各施設の対応・対策により、営業時間等が異なる場合があります。最新情報は各施設の公式サイトでご確認ください

この記事の目次

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】野幌森林公園<札幌市厚別区>

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】野幌森林公園<札幌市厚別区>

世界的にも珍しい大都市近郊の平地林

昭和43(1968)年に、北海道開道百年を記念して道立自然公園に指定された総面積約2,053haの公園です。
約40kmの歩道が整備され、四季折々の景色を楽しむことができます。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

野幌森林公園

住所
北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
交通
JR千歳線新札幌駅からJR北海道バス開拓の村行きで10分、野幌森林公園下車すぐ
料金
情報なし

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】運河公園<小樽市>

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】運河公園<小樽市>

人影も少なく静かに見学できる公園

広さは約7,800平方メートル、かつての日本郵船の船入澗(ふないりま)だった場所に造られた公園です。
石造りの倉庫を再利用した遊具施設棟や休憩棟が設けられています。

運河公園

住所
北海道小樽市色内3丁目6北運河沿い
交通
JR函館本線小樽駅から北海道中央バス高島3丁目・手宮行きで6分、錦町下車、徒歩3分
料金
情報なし

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】円山公園<余市郡余市町>

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】円山公園<余市郡余市町>

深い緑の森で深呼吸

標高92mの山に開けた公園です。
港や余市町内を一望する風光明媚な場所で、春は桜の名所としても有名。園内にはさまざまな石碑が建ち、余市町の歴史を物語っています。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

円山公園

住所
北海道余市郡余市町富沢町2丁目32
交通
JR函館本線余市駅から徒歩50分
料金
無料

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】有珠山噴火記念公園<虻田郡洞爺湖町>

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】有珠山噴火記念公園<虻田郡洞爺湖町>

洞爺湖畔の憩いスポット

洞爺湖湖畔にある憩いのスポットです。
温泉街からも近いので、夏には洞爺湖の花火を眺めるベストなロケーションとして人気を集めます。湖を囲むように立っている彫刻作品の写真撮影もおすすめ。

有珠山噴火記念公園

住所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
交通
JR室蘭本線洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉行きで15分、洞爺湖コミュニティーセンター前下車、徒歩8分
料金
情報なし

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】泉源公園<登別市>

【北海道のおでかけ穴場スポット×公園】泉源公園<登別市>

音と湯気で間欠泉を体感

登別温泉の開湯150周年を記念して造られた、間欠泉を活用した公園。
約3時間ごとに、50分近くにわたり、轟音とともに湯が噴き出します。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の設備において、利用制限あり

泉源公園

住所
北海道登別市登別温泉町
交通
JR室蘭本線登別駅から道南バス登別温泉行きで15分、終点下車、徒歩4分
料金
情報なし

【北海道のおでかけ穴場スポット×動物園】札幌市円山動物園<札幌市中央区>

【北海道のおでかけ穴場スポット×動物園】札幌市円山動物園<札幌市中央区>

動物たちが雪で遊ぶ北国の動物園

昭和26(1951)年の開園以来、札幌市民に愛され続けてきた動物園で、約170種・900点もの動物を飼育。
動物たちを身近に感じられる人気スポットです。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部イベントの中止・延期あり
検温の実施
事前予約制

札幌市円山動物園

住所
北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
料金
入園料=大人(高校生以上)800円、高校生400円、中学生以下無料/年間パスポート=2000円/(30名以上の団体は720円、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳の原本持参で無料、札幌在住の70歳以上は証明書の原本持参で無料、高校生は証明書提示で半額)

【北海道のおでかけ穴場スポット×動物園】ノースサファリサッポロ<札幌市南区>

【北海道のおでかけ穴場スポット×動物園】ノースサファリサッポロ<札幌市南区>

ふれあいが楽しい体験型動物テーマパーク

140種類以上の動物たちとふれあえる、体験型動物テーマパークです。
さまざまな体験コンテンツはもちろん、充実したフードコートやお土産ショップなどもあり、楽しい思い出をいっぱいつくれそう!

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり
飲食の制限あり
営業時間の変更あり
検温の実施
入園人数の制限を行う場合あり

ノースサファリサッポロ

住所
北海道札幌市南区豊滝469-1
交通
地下鉄真駒内駅からじょうてつバス定山渓車庫前行きで32分、豊滝会館前下車、無料シャトルバスで5分
料金
入園料(夏期)=大人(中学生以上)1800円、小人(小学生以下)600円、3歳以下無料/入園料(冬期)=大人1200円、小人500円、3歳以下無料/
1 2 3 4 5

北海道の新着記事

札幌の日帰り温泉へ!身体の芯から温まろう!札幌市内・定山渓温泉で行きたい!沿線別日帰り温泉リスト

札幌でおすすめの日帰り温泉をご案内しましょう! 源泉100%掛け流しの美人の湯として知られるモール温泉の森林公園温泉きよらは、もう行きましたか?異空間の癒しを体感できる洞窟風呂を味わえるのは、苗...

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

知床の世界遺産観光をもっと楽しむ5つのコツ! 絶景&動物と出会う旅へ

世界でも類を見ない生態系をもつ半島として世界遺産に登録されている知床。 こちらの記事では、絶景や自然の中で動物と出会う旅をテーマに、もっと楽しむコツをご紹介します。 国内最後の秘境とされる知床...

【札幌 すすきの・居酒屋】北海道名物を肴に酒ワインクラフトビール!すすきの駅チカ居酒屋8軒

すすきので居酒屋、さあ、どこへ行きましょうか。 ぴちぴちの海鮮に日本酒や道産ワイン。ジンギスカンとビール。アイスと洋酒も!数々あるすすきのの選択肢から、おすすめをぎゅっと8軒に絞りました。 どの店...

釧路ラーメンを食べて温まろう!醤油ベースのあっさりスープ、人気の5軒!

魚介がとびきり美味しい釧路ですが、釧路ラーメンもぜひおすすめしたいご当地グルメです。 釧路ラーメンは醤油べースのあっさりな醤油味のスープを基本としています。釧路ラーメンの代表格といわれる店のひと...

5大ドームへライブ遠征!お出かけ前にチェックしたい情報&周辺のおすすめスポットまとめ

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われる各地のドーム型スタジアム。 その中でも東京ドーム、大阪ドーム、札幌ドーム、ナゴヤドーム、福岡ドームの5つのドームは、多くのアー...

地域の推しを全力応援<北海道・東北>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

札幌ドームへライブ遠征!コンサートに便利なおすすめグルメ&ホテル13選を総まとめ!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われる各地のドーム型スタジアム。 その中でも東京ドーム、大阪ドーム、札幌ドーム、ナゴヤドーム、福岡ドームの5つのドームは、多くのアー...

【網走】絶品ジェラートの秘密を見た!? 世界大会優勝・高田シェフのお店「ジェラテリアRimo」へ

網走監獄や流氷の町として知られる北海道の網走。そこに行列ができる人気ジェラート店があることをご存知でしょうか? 行列の先にあるのは「ジェラテリアRimo」、世界大会で二度も優勝しているシェフ・高...

タウシュベツ川橋梁の絶景に出会う旅 上士幌町への行き方や糠平湖周辺観光ナビ

北海道を代表する絶景、タウシュベツ川橋梁。 水の中から現れる古き鉄道橋をひと目見ようと、上士幌に全国から人が訪れます。 また冬には雪化粧をまとった特別な景色を求めて見学ツアーに参加する人も近年増え...
もっと見る
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!