「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  決定版!沖縄に来たら絶対食べたい名物沖縄グルメ17~沖縄そば、ゴーヤチャンプル、タコライスなど~

決定版!沖縄に来たら絶対食べたい名物沖縄グルメ17~沖縄そば、ゴーヤチャンプル、タコライスなど~

①.気軽に腹ごしらえできるのが魅力!タコス

沖縄生まれのタコライスは、南米メキシコ由来のタコスの具材をご飯の上に乗せて食べる沖縄を代表するローカルフードです。トマトベースのサルサソースが白いご飯にマッチし、ボリュームたっぷりのタコライスを一つ食べると、お腹も心も満足することでしょう。

街歩きをしながら食べられる、ジャンクフードのようなカジュアルさもタコライスの魅力といえます。

KING TACOS

タコライスの元祖が誇るこのボリューム
タコライス発祥の「パーラー千里」の姉妹店。大盛りのライスにたっぷりのタコスミートとレタス、チーズがのったタコライスチーズ野菜は、いちばん人気のメニューだ。ソースはオリジナルのタコソースとケチャップの2種類がある。

MENU
タコス
タコライス
ジャンボタコチーズバーガー400円
チキンバラバラ800円

KING TACOSのタコス(4ピース)600円。
たっぷりの具が入っているのがうれしい

KING TACOS

タコス(4ピース)600円。

KING TACOSの詳細情報


住所
沖縄県金武町金武4244-4
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で2km
営業期間
通年
営業時間
10:30~24:00(閉店)
休業日
無休

チャーリー多幸寿 アベニュー店

具の組み合わせは自由
1956年に創業し、3世代にわたって広く支持されている。タコスは1皿3個入りで、具はチキン、ビーフ、ツナの3種類。1個ずつ種類を変えてもOKだ。

MENU
タコス
タコライス
チャーリーライス(レギュラー)690円
ステーキサンド590円

チャーリー多幸寿 アベニュー店

タコス(3個)690円
オリジナルのトルティーヤが自慢

チャーリー多幸寿 アベニュー店の詳細情報


住所
沖縄県沖縄市中央4丁目11-5
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス27番屋慶名線屋慶名バスターミナル行きで1時間10分、胡屋下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:45(閉店21:00)
休業日
木曜、祝日の場合は営業1月1日休

②.タコスの進化版!ボリュームたっぷりタコライス

タコライスは、金武町に1984年にオープンした「パーラー千里」(現在は閉店)の初代オーナー、故・儀保松三氏がタコスをヒントに考案したものです。
今では多くの店で食べられ、沖縄を代表する名物になっています。

タコライスチーズ野菜700円
まさに山盛りのタコミートと野菜がのって、満腹間違いなし!

GATE1

自家製タコミートがあとひくうまさ
ボリューム満点のタコライスには、国産のコシヒカリやミネラル水など、厳選した食材を使います。
オリジナルのタコライスボールやチキンバラバラなど、サイドメニューも充実しています。

MENU
タコス
タコライス
タコス(5ピース)650円
タコライスボール150円

GATE1

タコライスチーズヤサイ650円
タコミートは辛さひかえめ。別添えのソースで好みの辛さに調整出来ます。

GATE1の詳細情報


住所
沖縄県金武町金武4257
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で2km
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:30(閉店21:30)
休業日
無休

3.コスパの高さに満足 ステーキ&ハンバーガー編

沖縄の食文化を語る上で、アメリカの影響は欠かすことができません。特にジャンクフードやステーキからは、本場アメリカの雰囲気を感じることが出来ます。

沖縄観光に来た際、沖縄でしか味わないボリューム満点で、ジューシーなパテが魅力のハンバーガーや、ワイルドな見た目でインスタ映え間違いなしのTボーンステーキを堪能してみてはいかがでしょうか。

①.沖縄では酒のシメなんです! ステーキ

沖縄では“酒のシメはステーキ”といわれるほど、ポピュラーなメニュー。リーズナブルな値段で食べられるのも人気の理由です。

沖縄でステーキ店が多い理由

米軍統治下にあった頃の沖縄では、アメリカ人が好むステーキハウスが繁盛しました。沖縄返還後は県民もステーキハウスに足を運ぶようになり、沖縄でのステーキ文化が定着したといわれています。

沖縄ステーキあるある!

1.深夜営業の店が多い
沖縄は酒を飲んだあとにステーキを食べる人が多いため、
夜遅くまで営業する店が多数存在しています。

2.Aサインに注目
Aサインは米軍統治下時代に味や衛生面などの厳しい基準を
クリアした店に与えられた、米軍お墨付きの証。

3.A1ソースが定番
沖縄でステーキソースといえばA1ソース。
店でも家庭でもよく使われ、県民になじみ深い味で、
ほどよい酸味がグッドです。

エメラルドオーシャンサイド

まずはそのままで味わって途中でオリジナルソースをプラス
北中城村の人気ステーキ店「エメラルド」の2号店。エレベーターの扉が開くと、目の前はすばらしいオーシャンビュー。アメリカ製のおしゃれなアンティーク家具を配した空間で、ステーキやアメリカの家庭料理などが気軽に楽しめます。

MENU
エメラルドオリジナルステーキ2200円
サーモンのグリル1800円

エメラルドオーシャンサイド

Tボーンステーキ 3900円
◆ライスまたはトースト付き
ステーキは約2㎝の厚さで約500g。焼き加減はミディアムレアがおすすめ!

エメラルドオーシャンサイドの詳細情報


住所
沖縄県北谷町宮城2-208
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
12:00~20:30(閉店21:30)、土・日曜は10:00~
休業日
木曜旧盆時期休

シーサイドドライブイン

アツアツの鉄板で登場するガーリックのパンチが効いた一枚
幅広い世代に愛される老舗のドライブインレストラン。メニューは洋食中心のラインナップで、種類が豊富。メインにはスープやサラダ、ライスかパンが付く。テイクアウトコーナーは24時間営業。

MENU
ソーキの中華煮込み1250円
シーサイドサンド480円

シーサイドドライブイン

リブステーキ 1750円
◆スープ ◆サラダ ◆ライスまたはパン付き
ステーキの下には、肉汁がしみ込んだ玉ねぎがたっぷり!

シーサイド ドライブインの詳細情報


住所
沖縄県恩納村仲泊885
交通
沖縄自動車道石川ICから県道73号、国道58号を恩納方面へ車で3km
営業期間
通年
営業時間
8:00~23:00(閉店24:00)、テイクアウトは24時間
休業日
無休

②.味もボリュームもデラックス!おきなわんバーガー

アメリカの影響を受け、昔からハンバーガーになじみが深い沖縄。独自に発展したスペシャルバーガーが今、アツイんです!

沖縄県民は全国一のハンバーガー好き!

総務省の家計調査で、品目別都道府県庁所在地及び政令指定都市ランキング(2013〜2015年平均)によると、ハンバーガーの支出金額全国1位は沖縄県。実際、県内にはハンバーガーショップが多く、オリジナリティあふれるバーガーも多いのです。

BURGER&BAR BOASORTE

食べておいしく見て楽しいハンバーガー
昼はバーガー店、夜はバーとして営業する。すでにリピーター続出のハンバーガーは、肉汁たっぷりのパティなど、さまざまな具材を豪快にサンド。ランチはサラダバーを無料で利用できます。

MENU
B.L.Tバーガー800円
アボカドチーズバーガー1000円

BURGER&BAR BOASORTE

ビッグマウンテンバーガー1200円
【高さ】 約12cm 【重量】 約500g
パティや野菜、ベーコンなどがバンズからあふれる迫力のボリューム!

BURGER&BAR BOASORTEの詳細情報


住所
沖縄県宜野湾市大山4丁目1-1
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、国道58号を宜野湾方面へ車で7km
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.、日曜は昼のみ)
休業日
月曜

氾濫バーガー チムフガス

氾濫バーガー チムフガス

まさに氾濫寸前のダイナマイトバーガー
看板メニューの氾濫バーガーの重量はなんと600g以上。肉汁あふれるパティをはじめ、レタスやカリカリに焼いたチーズ、マイルドな玉子ソースなどをサンド。豪快にかぶりついて味わいたい逸品。

MENU
BBQバーガー800円
アボカドチーズバーガー1000円

氾濫バーガー チムフガス

氾濫バーガーセット1700円
【高さ】 約15cm 【重量】 600g以上
パティは280gの特大サイズ、ベーコンも100gはある。ポテト、ドリンク付き

氾濫バーガー チムフガスの詳細情報


住所
沖縄県豊見城市瀬長174-6
交通
沖縄自動車道那覇ICから県道82号、国道329号を那覇空港方面へ車で12km
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉店)
休業日
無休

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  > 
×