>  >  >  >  大分の【海の幸】を食べに行こう!一級品の海鮮が勢ぞろい!

大分の【海の幸】を食べに行こう!一級品の海鮮が勢ぞろい!

大分の【海の幸】を食べに行こう!一級品の海鮮が勢ぞろい!

大分の味といえば豊後水道の魚介グルメ。関アジ、銀たちなどのブランド魚を筆頭に、荒波にもまれた魚介は味も歯ごたえも別格。とれたてピチピチの激うまグルメ旅に出発だ!

豊後水道とは?

太平洋の暖かい海水と栄養豊富な瀬戸内の影響を受けた、大分県と愛媛県に挟まれた海域のこと。海流の混ざり合いにより発生したプランクトンを目当てにイワシなどの群れが入り、それを捕食しにアジ、サバ、ブリなどがやってくる。豊後水道は急流のため魚の運動量が多く、身の引き締まった魚体となるため美味といわれている。

豊後水道とは?

ぶんご丼街道って?

大分県の佐賀関半島から宮崎県北部までをつなぐ日豊海岸。その沿岸沿いで揚がった魚介を使い、独自にアレンジした海鮮丼が味わえる店を集めたのがぶんご丼街道。加盟店を食べ歩くとスタンプがもらえるサービスなどもある。

●問い合わせ先00972-64-7130(臼杵市観光情報協会)

フグ

臼杵

ほり川母家

臼杵の町並みにしっくりととけ込んだ100年前の民家を再生した店。全室完全個室のプライベートな空間で、やや厚めに引いたフグ刺を自家製のポン酢で味わう。ランチは注文を受けてから捌くため、時間に余裕を持って訪れたい。

MENU
ほり川膳1944円
ふぐミニコース8640円

ほり川母家

四季の味覚を提供する老舗で新鮮なふぐを楽しむ ふぐミニ会席6480円
フグ刺、鍋、唐揚げ、寿司など盛りだくさんな内容のミニ会席。雑炊やデザートも付く

ほり川母家

これもオススメ!海鮮丼セット1944円
9種ほどのネタがのった海鮮丼は、卵を溶いた自家製ダレをかけて味わう

ほり川母家

敷地内に宿や洋食店もある

ほり川母家

住所
大分県臼杵市臼杵祇園西5
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:00~22:00(閉店)
休業日
不定休(12月31日~翌1月3日休)
料金
ふぐミニ会席(昼のみ)=6480円/ふぐフルコース(夜のみ)=10800円~/ふぐ寿し=2160円/ふぐ白子焼=3240円/ 平均予算(昼):6500円, 平均予算(夜):10800円

海鮮丼

佐伯

塩湯

佐伯湾に面した入浴施設にある食事処。一度見たら忘れないほどボリューム満点の海鮮丼は店の名物メニュー。注文後に店内の生け簀から取り出して調理するため、身の新鮮さはピカイチ。

MENU
うにイクラ丼1944円
あら煮定食702円

塩湯

器からあふれるボリュームに思わず笑みがこぼれる 海鮮丼1296円
その日の仕入れによってネタは異なり、この日は12種。リーズナブルなのも人気のヒミツ

塩湯

生け簀には伊勢エビ(時価)も泳ぐ

塩湯

食後に入浴もできる施設

塩湯(日帰り入浴)

住所
大分県佐伯市上浦浅海井浦2920-3
交通
JR日豊本線浅海井駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~23:00(閉館)
休業日
水曜
料金
入浴料=大人500円、小人300円/貸切内風呂=1500円(平日、1時間)、1800円(土・日曜、祝日、1時間)/

車エビ

国東

道の駅 くにみ

国東半島の突端、海岸のそばに建つ道の駅。敷地内にあるレストランでは、車エビを使ったメニューを提供している。ほかにご当地名物のタコがのった丼やハモ料理などもある。

MENU
さしみ定食1300円
たこめし膳1100円

道の駅 くにみ

国東から船で20分の洋上に浮かぶ姫島の名産物 車海老の天丼定食1300円
特産の車エビを丸ごと揚げた天丼は通年味わえる。定食には味噌汁と漬け物がつく

道の駅 くにみ

テーブルと座敷席がある

道の駅 くにみ

住所
大分県国東市国見町伊美4252-1
交通
東九州自動車道宇佐ICから県道625号、国道387号・10号・213号を国東方面へ車で40km
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00、レストランは11:00~15:00(閉店16:00、予約の場合は~18:00)
休業日
無休(1月1・2日休)
料金
施設により異なる

タチウオ

国東

銀たちの郷

国東半島の南東部、道の駅 くにさき内にある食事処。「くにさき銀たち」のブランド名で呼ばれるタチウオを扱う。甘辛い自家製ダレがかかるタチウオの蒲焼きが人気。

MENU
太刀魚定食1300円
くにさき御膳2300円

銀たちの郷

「銀たち」と呼ばれる高級ブランド魚を食す 太刀重 1080円
新鮮なタチウオと甘辛いタレの相性が良い人気メニュー。ウナギよりも口あたりが軽く食べやすい

銀たちの郷

これもオススメ!太刀カレー780円
タチウオのフライをトッピングしたカレー。あっさりした白身とカレーがよく合う

銀たちの郷

平日でも多くの客でにぎわう

銀たちの郷

住所
大分県国東市国東町小原2662-1
交通
大分空港道路終点から国道213号を国東市方面へ車で11km
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00、土・日曜、祝日は~16:00
休業日
無休(12月31日~翌1月1日休)
料金
太刀重=1080円/ 平均予算(昼):1000円

関アジ・関サバ

佐賀関

あまべの郷 関あじ関さば館

注文後に捌く新鮮な地魚をふんだんに使った海鮮丼が名物。関アジや関サバの造りは半身から持ち帰り可能だ。1階にある物産館では、関アジ、関サバの加工品を販売している。

MENU
豊後の天丼1296円
関さば御膳3024円

0097-575-2338
11:00〜16:00(物産館は10:00〜17:00)
無休
大分市白木949
JR幸崎駅からタクシーで12分
駐車:無料

あまべの郷 関あじ関さば館

蓋が閉まらない贅沢な盛り付けの海鮮丼 関の海鮮丼1296円
佐賀関で獲れた旬の地魚がのる。身の引き締まったアジは歯ごたえがある

あまべの郷 関あじ関さば館

これぞ本場の味!濃厚な脂のうまみを堪能 関さば姿造り3456円
佐賀関だからこそ味わえる一品。凝縮された脂のうまみとコリっという食感がたまらない

あまべの郷 関あじ関さば館

海を眺めながら食事を楽しめる

あまべの郷 関あじ関さば館

地元の特産品などもそろう物産館

マグロ

津久見

汐の音

物産館「うみえ〜る」の2階にあるレストラン。上質な赤身と上品な脂がのった津久見の養殖本マグロ「ヨコヅーナ」を堪能できる。漁師料理として親しまれてきたひゅうが丼もある。

MENU
ねぎとろ丼870円
マグロの竜田揚げ定食750円

汐の音

養殖マグロとあなどるなかれ!絶品マグロ丼登場 ぜいたくマグロ丼1800円
肉厚の中トロ、赤身、ネギトロがのった丼。大トロを盛ったドン☆ヨコヅーナ(2500円)もある

汐の音

これもオススメ!ひゅうが丼870円
マグロをゴマダレにさっとまぶし、白米の上に豪快にのせる

汐の音

漁港のすぐそばに建ち店内からは海を眺める

汐の音

住所
大分県津久見市高洲町3824-69 うみえ~るつくみんち 2階
交通
JR日豊本線津久見駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店)、夜は予約制
休業日
不定休(年末年始休)
料金
ひゅうが丼=870円/ぶり丼=870円/マグロの竜田揚げ定食=750円/カマの塩焼定食=800円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる大分・別府 由布院’18」です。掲載した内容は、2017年7~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。消費税の見直しにより各種料金が変更される可能生があります。そのため施設によっては税別を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。また、2016年4月発生の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨、および2017年9月の台風18号の影響により交通機関の状況が変更する場合があります。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  > 
 >  >  >  > 
×