「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  【竹田城跡】見学ポイント&めぐり方をチェック!

【竹田城跡】見学ポイント&めぐり方をチェック!

【竹田城跡】見学ポイント&めぐり方をチェック!

mapple

更新日:2018年12月29日

竹田城跡の見学は、最寄りの竹田城跡バス停から徒歩で城跡を目指し、さらに城跡内をたどるのが基本。大小さまざまな自然石を組み合わせた石垣に、敵の進入を防ぐために考えられた城の造りなど、先人の知恵をじっくり学ぼう。

[START]山城の郷
⇩ バスで10分 150円
1 竹田城跡入り口
⇩ 徒歩20分
2 大手口(枡形虎口)
⇩ 
3 北千畳
⇩ 
4 三の丸
⇩ 
5 二の丸
⇩ 
6 本丸・天守
⇩ 
7 花屋敷
⇩ 
8 南二の丸
⇩ 
9 南千畳
⇩ 徒歩15分
[GOAL]竹田城跡入り口

竹田城跡

住所
兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169
交通
JR播但線竹田駅から全但バス「天空バス」竹田城跡行き(12~翌2月運休)で20分、竹田城跡下車、徒歩20分
営業期間
3月1日~翌1月3日
営業時間
8:00~18:00(3月1日~5月31日)、6:00~18:00(6月1日~8月31日)、4:00~17:00(9月1日~11月30日)、10:00~14:00(12月1日~翌1月3日)、入城が制限される場合もあり
休業日
期間中無休

【START!】

山城の郷から竹田城跡入り口までは歩いても行けるが、天空バスの利用がラクでおすすめ。

1 竹田城跡入り口

「天空バス」竹田城跡バス停からすぐの山門。自動販売機や売店、トイレがあるので、ここでしっかり準備して行こう。立派な門は記念撮影スポットとしても人気。

1 竹田城跡入り口

入り口から20分歩いた所にある収受棟。入城は1人500円。雲海シーズンには早朝から開いているよ!

1 竹田城跡入り口

山門前広場には休憩所もあるので利用して

2 大手口 (枡形虎口)

城跡の中に入って、最初に通過するポイント。城の要の門なので、攻め込まれにくいよう、門までは急な上りになっているほか、まっすぐ進めない鍵道になっている。

2 大手口 (枡形虎口)

見事に積み上げられた石垣に目を奪われる

【ココに注目!】

大手口周辺は「枡形虎口」という造りになっていて、侵攻してくる敵に対し、正面だけでなく側面からも攻撃できるようになっている。

【ココに注目!】

3 北千畳

思わず声を上げてしまうほど美しい展望が楽しめる場所。保護用の不織布のないエリアなので、パノラマの景色を楽しむのにピッタリ。(ここから見学ルートは約400m、幅約2mの一方通行)。

3 北千畳

当時の瓦も多く落ちているので注目してみて

3 北千畳

穴太流野面積みとよばれる石垣も間近に見学できます。

4 三の丸・二の丸

ほぼ中央に天守、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸を連郭式に配しているのが竹田城跡の特徴。自然の地形を生かして湾のようになっているので城の全景がよく見える。

4 三の丸・二の丸

[二の丸]
二の丸からは、三の丸や北千畳も望める

4 三の丸・二の丸

[三の丸]
三の丸から城下町を見下ろす見事な眺望

【ココに注目!】

雲海が出ている時には、まるで自分が空中に浮いているような感覚になれると人気の「天空のベンチ」が三の丸にある。

【ココに注目!】

5 本丸・天守

城跡内でもっとも人気のあるスポットで、天守台からの眺めは360度のパノラマが広がる。美しい反りや、上にいくほど垂直になる武者返しの石垣「横矢掛かり」の多様性も見ものだ。

【ココに注目!】

天守の出角は、大きな直方体の石の長辺と短辺を交互に組み合わせた「算木積み(さんぎづみ)」。強度を増すため工夫された積み方に、感心しきり。

【ココに注目!】

南千畳からは天守を正面から見ることができます。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる城崎・天橋立 竹田城跡’19」です。掲載した内容は、2018年1月~5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×