コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【桑名・長島】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【桑名・長島】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年12月30日

東海道の宿場町として栄えた桑名。渡船場に立つ大鳥居から伊勢路に入る。木曽三川の河口にあり、長島とともに水郷の街として知られる。

アクセス

[車で]東名阪自動車道・桑名ICは名古屋ICから車で約35分
[電車で]名古屋から桑名駅まで近鉄急行で20分、JR関西本線快速で30分

六華苑(旧諸戸清六邸)

2代目諸戸清六の邸宅
山林王として知られた実業家・2代目諸戸清六の邸宅で大正2(1913)年の完成。洋館は鹿鳴館の設計者として名高いジョサイア・コンドルの設計で、2014年に外壁塗装などの修復が完了し、開苑当時の姿を取り戻した。

和洋の様式が調和した貴重な建築物

七里の渡跡

東海道唯一の海路があった
東海道五十三次の宿場町・桑名宿は、熱田・宮宿との間が海上七里あることから「七里の渡」と呼ばれた。大鳥居は、伊勢神宮・内宮の宇治橋の鳥居を遷宮ごとに移し替えたもの。

2015年6月、20年に一度の遷宮後の建て替えが完了

多度大社

5世紀創建の由緒ある古社
多度山の自然豊かな地に鎮座する、北伊勢地方の総氏神様。2m余りの絶壁を馬が駆け上がり、上がった頭数でその年の農作物の豊凶を占う勇壮な「上げ馬神事」は有名。雨乞いの神社としても知られる。

多度山の神様に願いを届ける使いである白馬が1500年前から棲むという、白馬伝説が伝わる

毎年5月4・5日に多度祭のなかで行なわれる「上げ馬神事」。寛政6(1794)年に記された内容とほぼ変わらない姿で受け継がれている

春日神社(桑名宗社)

奇祭・石取祭で知られる桑名の総氏神
約40台もの祭車が一斉に鉦や太鼓を打ち鳴らし練り歩く「石取祭」が行なわれる。「石取祭」は、2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された。地元では「春日さん」として親しまれている。

桑名の繁栄の神様、厄除けの神様といわれる

輪中の郷

長島の歴史を多方面から学べる
「輪中」をテーマにした施設。長島町の歴史を民具などの展示があるアミュージアムエリア、産業体験ができるアクティブエリアなどで学べる。

年間を通じて収穫体験(さつまいもやじゃがいもなど)ができる体験農園も人気

だるまうなぎ 多度本店

多度大社の南鳥居近く
多度大社の参道に建つうなぎ料理の店。選りすぐりのうなぎを使い、備長炭でじっくり焼き上げる。

上ひつまぶし(茶碗蒸し付き)2650円

総本家新之助貝新本店

はまぐりのしぐれ煮
江戸時代から続くしぐれ煮の老舗。選び抜いた貝を特製のたまり醤油でじっくりと炊いている。伝統的な「浮かし炊き」の製法で炊き上げている桑名名物はまぐりがおすすめ。

志ぐれ煮詰め合わせ(時雨蛤90ℊ、浅利志ぐれ煮85ℊ)は3240円

花乃舎

月ごとの季節菓子が名物
茶の湯が盛んな城下町・桑名にあり、季節感を盛り込んだ美しい和菓子には100年の伝統が感じられる。ティールームでは菓子を抹茶とともに楽しむことができる。

美しい装いの季節菓子

ずいほう志ぐれ茶屋

天然醸造のたまりでつくる絶品しぐれ
佃煮やしぐれを製造する「瑞宝産業」のショップで、こだわりの浮き炊き製法でつくり上げたしぐれ煮を使ったおにぎりや弁当などを販売。「しぐれ肉巻きおにぎり」は、比較的濃いめの味付けだ。

桑名流!「しぐれ肉巻きおにぎり」2個300円

柏屋

老舗の名物餅を味わう
かつて東海道の茶店だった店。看板商品の「安永餅」は平べったい焼き餅につぶあんが入った銘菓。

江戸時代の頃より旅人に愛されてきたと伝わる「安永餅」(1本75円)

【旅のPICKUP!】古くから愛される桑名の味 桑名のはまぐり

昔から木曽三川河口域は、はまぐりの好漁場。肉厚で濃厚、具の模様も天下一品で、徳川家康など歴代将軍に献上されたという。

桑名 丁子屋

江戸期から親しまれるはまぐり料理
江戸期創業以来、川魚料理を得意としてきた日本料理店。はまぐりが名物で、焼きはまぐり、酒蒸し、朴葉みそ焼き、刺身などで味わえる。

蛤づくし(5400円)

大和

はまぐりをシンプルにいただく
田園風景のなかにたたずむ店。鯉料理とはまぐりを中心に、旬の食材を使ったメニューがそろう。はまぐりのしゃぶしゃぶは、身はもちろん、はまぐりの出汁も絶品だ。

はまぐりのしゃぶしゃぶは4320円から(4~10月中旬限定。前日までに要予約)

俵寿司

はまぐり寿司の元祖
七里の渡跡に近い江戸町にある寿司店。はまぐりは地元の天然ものを使い、にぎり寿司や蒸し寿司、焼きはまぐりなどで味わえる。

焼き蛤の蒸し寿司(1728円)

はまぐりプラザ

焼きはまぐりを気軽に
漁業に関する展示もある「はまぐりプラザ」の食堂で、桑名の天然はまぐりを自分で焼いて食べられるのが人気。

焼はまぐり定食(2000円、要予約)。地のはまぐりが味わえる

筆者:mapple

まっぷる三重 伊勢志摩・熊野・ナガシマリゾート

発売日:2017年09月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる三重 伊勢志摩・熊野・ナガシマリゾート」です。掲載した内容は、2017年6月~8月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×