コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【阿南海岸】1泊2日シーサイドドライブ!おすすめスポット!

【阿南海岸】1泊2日シーサイドドライブ!おすすめスポット!

by mapple

更新日:2019年1月13日

四国を代表するリアス式海岸の阿南海岸は、海と山の景観に富んだ絶好のドライブルート。潮風を感じながら、1泊2日のドライブ旅にでかけよう。

モデルコース

まずは、太龍寺ロープウェイで空中散歩を楽しんだら、一気に海へ。太平洋の雄大さにふれながら、阿南海岸に沿って南下しよう。徳島最南端の宍喰まで、次々と移り変わる海岸風景を堪能する2日間だ。

●1日目
徳島市内
 ↓ 国道55号・195号・県道19号 47km
【駐車場】道の駅 鷲の里
1.太龍寺ロープウェイ
 ↓ 徒歩すぐ
2.太龍寺
 ↓ 徒歩すぐ
1.太龍寺ロープウェイ
 ↓ 国道195号ほか 36km
3.蒲生田岬
 ↓ 県道200・287号ほか 14km
【宿泊】ゆきや荘

●2日目
 ↓ 国道55号ほか 29km
4.日和佐うみがめ博物館カレッタ
 ↓ 県道25号・国道55号・県道147号 9km
5.南阿波サンライン
 ↓ 県道147号・国道55号 27km
【ランチ】Bahati
 ↓ 車ですぐ
【休憩】道の駅 宍喰温泉
 ↓ 国道55号 3.5km
6.海中観光船ブルーマリン

ここに気を付けて楽しもう

山や海沿いの道路は、道幅が狭くカーブも多くなりがち。とくに蒲生田岬までの道のりは岬ならではの険しさがあるので注意して走ろう。

【1日目】徳島市内からSTART!

道の駅 鷲の里

駐車場はここを利用しよう
太龍寺ロープウェイの乗り場である山麓駅に併設。駐車場が利用できるほか、観光案内も行なう。

太龍寺への玄関口となる道の駅

太龍寺ロープウェイ

巨大ロープウェイでスリル満点の空中散歩
徳島市内を出発し、那賀川沿いの曲がりくねった道を進むと、約1時間で太龍寺ロープウェイのある河原に差し掛かる。道の駅 鷲の里と太龍寺を結ぶロープウェイは、西日本最長のスケール。約10分の空中散歩を満喫しよう。

さあ、ゴンドラに乗って出発

101人乗りのゴンドラで景色を満喫

山麓駅でチケットを購入

太龍寺

弘法大師ゆかりの四国霊場第21番札所へ
ロープウェイが山頂駅に到着すると、樹齢数百年の杉の並木がそびえ、境内には古刹の霊気が漂う。標高約600mの山頂近くに建てられた太龍寺は、若き日の空海(弘法大師)が修行をした場所として伝えられ「西の高野」とも称される。お遍路さんはもちろんのこと多くの参拝客が訪れる。

古来より「西の高野」と呼ばれる古刹紅葉も美しい境内

蒲生田岬

海の雄大さにふれる景勝地
太龍寺ロープウェイから土佐中街道を東へ、四国最東端の蒲生田岬を目指して走る。湾にそって走る海岸沿いの道は細く険しいが、その先に待つのは見渡す限りの水平線だ。白い灯台のある展望台からは、「阿波の松島」と称される橘湾、絶景が連なる阿南海岸などが眺められる。

海が見えた!
岬までの道のりも景色を楽しめる

晴れた日には遠く和歌山県まで望める

入り組んだ海岸線に、白い灯台が美しく映える

灯台まで行ってみよう
切り立った崖のわきを通って、展望台へ

【お泊まり情報】ゆきや荘

大ボリュームの水軍料理
磯釣り・船釣りで人気の椿泊の宿。連戦連勝を続けた阿波水軍の生きのよさを彷彿とさせる豪快な水軍料理が味わえる。伊勢エビやアワビなど、毎朝港で仕入れる魚介は新鮮そのもの。宿泊者には干物などのみやげが付く。

2人前でこのボリュームは驚き(1泊2食付1万6200円)

【2日目】日和佐へ向けSTART!

日和佐うみがめ博物館カレッタ

まずはウミガメに出会える浜辺の博物館に立ち寄り
カメの進化史、世界のウミガメ実物大標本、120インチのハイビジョン映像などでウミガメを紹介する博物館。子ガメが泳ぐ水槽と1m以上の大きさのウミガメが泳ぐプールがある。「ただよううみがめ館」では、頭上をカメが泳ぎ水中気分を味わえる。

水槽で泳ぐ子ガメたちがかわいい

ウミガメ保護への取り組みなども学べる

ウミガメが産卵に訪れる大浜海岸

南阿波サンライン

阿南海岸のハイライト!海を望む爽快ドライブウェイへ
日和佐からさらに国道55号を南下すると、すぐ左手に現れるのが南阿波サンライン。室戸阿南海岸国定公園の中心にある県道で、牟岐町と美波町を結ぶ全長17kmの道のりだ。千羽海崖と呼ばれる切り立った地形にそって、爽快ドライブを楽しもう。

海風が気持ちいい♪
大岩壁が続く海岸線を横目にドライブを楽しもう

車窓いっぱいに海が広がるドライブコース

ドライブmemo

道沿いには、千羽海崖などが一望できる4つの展望台がある。広々とした無料駐車場やベンチ、トイレが備わり、第一展望台には軽食の売店もある。

【昼食はこれ!】Bahati

海カフェでランチタイム
南阿波サンラインから再び国道55号に合流し、海南の町並みを過ぎて宍喰にさしかかる海沿いのカフェでランチにしよう。テラス席では穏やかな湾の景色がリゾート気分を盛り上げてくれる。

MENU
●パスタ 900円〜
●定食 900円〜

ボリュームたっぷりのバハティライス(ナシゴレン) 800円

南国気分を満喫するテラス席

ブルーのドアが目印

【おみやげはここ!】道の駅 宍喰温泉

大手海岸が眼前に広がる休憩ポイント
Bahatiから500mほど走った場所にある。眼前に大手海岸を望む休憩ポイント。海陽町周辺の観光や物産を紹介する宍喰観光ターミナルのほか、新鮮な海の幸・山の幸を味わえるレストラン、温泉、宿泊施設がある。

海陽町の観光拠点

海中観光船ブルーマリン

珊瑚礁や熱帯魚が見られるクルーズ
高知県が目前に迫った国道55号を海側にそれ、竹ヶ島へ。海中観光船ブルーマリンで竹ヶ島海中公園を一周しながら、美しく澄んだ海の中のサンゴ礁や熱帯魚を眺めよう。海洋生物などについての船内アナウンスを聞きながら40分間の水中散歩だ。9時から16時の1時間ごとに運航している。

船内は幻想的なイメージ

冬期はとくに透明度が高く、魚たちがはっきりとみえる

筆者:mapple

まっぷる徳島 鳴門・祖谷渓・阿南海岸

発売日:2018年06月19日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×