トップ > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 浜松・浜名湖 > 遠州森 > 

【旅ネタ!】果肉しっかり、まろやかな甘み今も残る次郎柿の原木

「甘柿の王様」といわれる次郎柿(治郎柿)は森町が原産で、毎年、皇室にも献上されている。江戸末期に松本治郎という人が、太田川の川原で柿の幼木を見つけ、自宅に植えたのが始まりで、その原木が今も残っている。森町では、次郎柿を使ったようかんやワインなども販売されている。

【旅ネタ!】果肉しっかり、まろやかな甘み今も残る次郎柿の原木

県の天然記念物に指定されている

1 2

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください