トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 清水・三保・日本平 > 

【エスパルスドリームプラザ】清水の魅力が詰まったエンタメ施設!

くらしたび

更新日:2021年12月7日

この記事をシェアしよう!

【エスパルスドリームプラザ】清水の魅力が詰まったエンタメ施設!

港町・清水らしさいっぱいの海鮮グルメやショップが約60店集まり、観光客にも地元客にも人気のスポット。清水が舞台の「ちびまる子ちゃん」、富士山が見える観覧車のほか、ベイエリアならではの開放的な景色も魅力。

エスパルスドリームプラザ

●無料シャトルバスが便利!
JR東海道本線清水駅みなと口(東口)〜エスパルスドリームプラザ間で毎日運行。片道約10分。平日は1時間に1〜2本、土・日曜、祝日は1時間に2〜4本。ドリームプラザを出る最終便は22:20発。

●駐車場はひろびろ1600台
基本料金は1時間ごと200円。来館者は1時間無料。館内での購入金額や映画館利用に応じて最大6時間まで無料になる。

エスパルスドリームプラザ

エスパルスドリームプラザ

住所
静岡県静岡市清水区入船町13-15
交通
JR東海道本線清水駅から無料シャトルバスエスパルスドリームプラザ行きで10分、終点下車すぐ
料金
ちびまる子ちゃんランド=大人(中学生以上)1000円、小人(3歳以上)700円/清水すしミュージアム=大人(中学生以上)500円、小人(4歳以上)200円/観覧車=600円(3歳以上)/清水すし横丁入場料=無料/(障がい者手帳持参で、ちびまる子ちゃんランド200円引、観覧車はのりもの券(1枚200円)2枚で搭乗可能)

ちびまる子ちゃんランド

人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の舞台は昭和40年代のここ、静岡市清水区。さくら家、まる子が通う小学校、公園などを再現。登場人物の衣装レンタル(有料)で、キャラクターになりきって写真撮影するのも楽しい!

ちびまる子ちゃんランド
ちびまる子ちゃんランド

エントランスファサードのデザインは、アニメ「ちびまる子ちゃん」の美術監督である野村可南子さんが手がけた

ちびまる子ちゃんランド

まるちゃんや花輪クンが登場して、一緒に記念撮影ができる日も。登場のスケジュールは不定期のため、事前にホームページで確認を

ちびまる子ちゃんランド

ソックス 各410円
キャラクターのイラスト入り。ランド限定の柄もある

ちびまる子ちゃんランド

印象的で懐かしいアニメのオープニングの世界観を体験できるフォトスポットが盛りだくさんの「ゆめいっぱいゾーン」

ちびまる子ちゃんランド

住所
静岡県静岡市清水区入船町13-15エスパルスドリームプラザ 3階
交通
JR東海道本線清水駅からタクシーで10分(エスパルスドリームプラザ行き無料シャトルバスあり)
料金
大人600円、3歳~小学生400円(65歳以上、障がい者は500円)

観覧車ドリームスカイ

高さ52m、1周約13分、清水の街を見渡す観覧車で、天気の良い日は富士山や伊豆半島を一望。ペットと一緒に乗れるゴンドラもある。

観覧車ドリームスカイ
観覧車ドリームスカイ

ゴンドラから富士山見えます!

観覧車ドリームスカイ

夜のライトアップはムード満点

観覧車 ドリームスカイ

住所
静岡県静岡市清水区入船町13-15
交通
JR東海道本線清水駅から無料シャトルバスエスパルスドリームプラザ行きで10分、終点下車すぐ
料金
利用料=大人(中学生以上)500円、小人(3歳以上)300円/(障がい者100円引)

清水すし横丁

ネタの鮮度と職人の技が光る、寿司や丼の名店がそろう。気軽な回転寿司からちょっと贅沢な本格江戸前寿司まで、さまざまな店舗が並ぶので、シーンに合わせてお店が選べる。

清水すし横丁

寿司処・清水の新鮮ネタを存分に堪能

清水すし横丁

トロトロミニ丼 550円
マグロ問屋が運営する「回転寿司 のぶちゃん」。トロトロミニ丼は、本マグロのトロのみを使ったお得な丼

清水すし横丁

近海こぼし 2420円
「新鮮でネタが大きい」がモットー、駿河湾の美味しい魚介がそろう「日本初の流れ鮨 沼津魚がし鮨」では、旬のネタが豪快に味わえる

清水すしミュージアムもチェック!

明治時代の清水港界隈を再現したノスタルジックな雰囲気のなか、意外と知らない寿司の歴史や文化などを学べる。知識を深めてから寿司を食べれば、いつも以上に味わい深くなるかも!?

清水すしミュージアムもチェック!

寿司ネタの漢字、読める?

清水いりふね通り

清水いりふね通り

昭和レトロな雰囲気のなかに、飲食店や海産物店、惣菜店などが並ぶ。2021年7月にリニューアルオープンした「清水かんづめ市場」では、高級ツナ缶や個性派缶詰など、合計120種類以上がそろう。

清水いりふね通り

清水といえばマグロ! まぐろづくし丼 2380円
「まぐろ一船買い問屋 バンノウ水産」では、豪快で贅沢なメニューが自慢。大トロ・中トロ・赤身のほか全6種約250g盛りのまぐろづくし丼がおすすめ

清水ラムネ博物館もチェック!

大正〜昭和初期の貴重なラムネビンや機械の展示、サイダー製造風景の映像などが見られる。また、島田市に本社を置く老舗・木村飲料の商品が勢ぞろい!静岡みかんコーラ、メロンパンサイダーなど新商品も続々登場。

清水ラムネ博物館もチェック!

楽しいご当地サイダーがズラリ

駿河みやげ横丁

おみやげ選びならココ! 静岡の銘菓やお茶、海産物など、静岡の“うまいもの”がいっぱい。磯揚げやソフトクリームも販売。

駿河みやげ横丁

静岡のおいしいものが勢ぞろい。ギフトにも自分用にも

清水サッカーショップ

清水といえばサッカーの街。清水エスパルスオフィシャルグッズのほか、日本代表やワールドカップなど、各種サッカー関連グッズを取り揃える。

清水サッカーショップ

Tシャツやタオルマフラーが人気

1 2

東海・北陸の新着記事

地域の推しを全力応援 <中部>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

浜松のモーニングスポット7選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は浜松で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知県知多市で自然と歴史にふれる旅をしよう!岡田・新舞子・佐布里の定番から穴場スポットまでをばっちりナビゲート

名古屋駅から電車で30分とアクセス抜群な知多市を満喫するなら、それぞれの特色豊かな3つのエリアがおすすめです。 知多木綿の歴史が根づく「岡田」の古い町並みで当時の風情を味わい、海辺のリゾートの「新舞...

バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われるナゴヤドーム! この記事ではバンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル、飲食店を厳選してご紹...

金沢のモーニングスポット13選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は金沢で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

岐阜のモーニングスポット21選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は岐阜で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知のおすすめ秋デートスポット15選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の愛知は、おすすめのデートスポットが盛りだくさん。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 そこで今回は、愛知の秋デートスポットを15か所ピックアップしました。...

静岡のおすすめ秋デートスポット21選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の静岡にはおすすめのデートスポットが盛りだくさん。 様々なジャンルの観光スポットがバランス良くそろった静岡には、どこまでも広がるススキ畑に、日本一遅い紅葉が楽しめるスポットなど見どころが目白押...

浜松市天竜区の最新観光ナビ 新しくて懐かしい話題のクローバー通り商店街を深堀り!

かつて林業で栄え、流通の要だった静岡県浜松市にある、天竜区二俣地区。 まっぷる編集部は、近ごろちょっと話題になっているこのエリアを「地域応援プロジェクト」の一環として取材し、訪れてみて発見した「クロ...

越前和紙の里で紙漉き体験にチャレンジ!「紙の神様」にもお詣りしましょう

「日本三大和紙」に数えられる和紙の里、福井県越前市「五箇(ごか)地区」。 越前和紙1500年の伝統を守る町として、手漉き和紙の出荷額において全国トップクラスのシェアを誇っています。 この古くか...
もっと見る

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。