トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 清水・三保・日本平 > 

【日本平】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

くらしたび

更新日: 2024年2月21日

この記事をシェアしよう!

【日本平】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

大和武尊伝説が残る歴史の丘

観富山龍華寺

茅葺き屋根と富士山の見事な共演
駿河湾や富士山を眺めるように造られた庭園 「観富園」を持つ日蓮宗の寺。江戸時代の戯作者・滝沢馬琴や文豪・高山樗牛らがここからの景色を絶賛したという。天井画には静岡らしくサッカーをしている風神雷神が描かれているなど、親しみやすさも。本堂で抹茶を味わうこともできる(要事前確認)。【日本平】【見る】

観富山龍華寺

圧巻の絶景。

観富山龍華寺

庭園には天然記念物の大ソテツや大サボテンもある

観富山龍華寺

住所
静岡県静岡市清水区村松2085
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン忠霊塔前行きバスまたは静岡市立清水病院行きバスで15分、龍華寺下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉門)
休業日
無休
料金
大人300円、小・中学生150円

【旅のPICK UP】静岡県立美術館

常設のロダン彫刻は写真撮影OK
静岡市郊外、日本平の山麓に建つ美術館。展示室は本館とロダン館に分かれ、モネやゴーギャンの作品なども所蔵している。ロダン館は写真撮影が可能。『地獄の門』『考える人』といった代表作の前で記念撮影をする人も多い。【谷田】【見る】

【旅のPICK UP】静岡県立美術館
【旅のPICK UP】静岡県立美術館

ロダンの『考える人』。同じポーズで写真を撮るのが定番

【旅のPICK UP】静岡県立美術館

周辺のプロムナードは散策にぴったり

静岡県立美術館

住所
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通
JR東海道本線草薙駅からしずてつジャストライン県立美術館行きバスで6分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館17:30)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(GW・盆時期は営業、年末年始休)
料金
大人300円、大学生以下無料、企画展は別料金(障がい者および同伴者1名無料、70歳以上は収蔵品展観覧料無料、企画展観覧料割引)

サングリア 久能本店

窓辺から海を一望のスペインレストラン
シェフは国際パエリアコンクール2019日本代表選考大会のチャンピオン。スペイン音楽が流れるなかでゆっくりと料理が楽しめる。オーシャンビューの完全個室もある。【久能】【食べる】

サングリア 久能本店

好きなパエリアを選べるコースは4180円から

サングリア 久能本店

住所
静岡県静岡市駿河区根古屋162-1
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン久能山下行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:30(L.O.)
休業日
無休
料金
海老のカタラン風=1404円/バレンシアコース(2名より)=3888円/サングリアコース=4536円/マドリットコース=6480円/

SALEPEPE

家庭的な隠れ家イタリアン
落ち着いた大人の雰囲気が漂うリストランテ。本場イタリアの技法に、静岡の旬の素材を盛り込んだ料理がいただける。日本やイタリアで修業を重ねたシェフの生み出す料理からは、素材の持ち味がストレートに伝わってくる。【草薙】【食べる】

SALEPEPE

メニューはコース料理が中心。シェフの技を存分に楽しもう

SALEPEPE

住所
静岡県静岡市清水区草薙1丁目9-3
交通
JR東海道本線草薙駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(L.O.)、17:30~20:30(L.O.、月曜は昼のみ)
休業日
火曜
料金
ランチ=998円~/ディナー=2520円~/

池田の森ベーカリーカフェ

隠れ家的なベーカリーカフェ
森の中に佇む一軒家カフェ。赤い扉を開けると、優しいパンの香りが出迎えてくれる。天然酵母と国産小麦のパンやスイーツが魅力でブランチ、ランチ、ティータイムと、いつ訪れても「おいしい」を提供してくれる。【日本平】【カフェ】

池田の森ベーカリーカフェ

デニッシュからハード系まで種類豊富なパンがそろう。

池田の森ベーカリーカフェ

店内はナチュラルな雰囲気で、のんびりとくつろげる

池田の森ベーカリーカフェ

住所
静岡県静岡市駿河区池田1263
交通
JR東海道本線東静岡駅からしずてつジャストライン英和学院大学・日本平動物園方面行きバスで9分、畑守稲荷前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30(閉店18:00)
休業日
火曜、祝日の場合は変動あり、要問合せ(年末年始休)
料金
ランチ=1200円~/

【CLOSE UP】IAIスタジアム日本平

清水エスパルスの本拠地
「清水エスパルス」のホームグラウンド。サッカーの街・清水のシンボル的な施設でサッカー専用スタジアムとして約2万人を収容。ピッチとの距離も近く、臨場感は抜群。試合時はスタジアムがオレンジ色に染まる。晴れた日には綺麗な富士山を望むことができる。

【CLOSE UP】IAIスタジアム日本平

近隣には公園もあるため家族連れにも人気

IAIスタジアム日本平

住所
静岡県静岡市清水区村松3880-1
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン忠霊塔前行きバスまたは静岡市立清水病院行きで16分、日本平運動公園入口下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:15(閉場、イベントにより異なる)
休業日
不定休(12月29日~翌1月3日休)
料金
イベントにより異なる

東海・北陸の新着記事

【大人編】金沢の遊ぶところ2024 とっておきスポット10選!

石川県の中心にあり、金沢城や兼六園、伝統的な街並みが有名な金沢。風情溢れるスポットが数多くあり大人が楽しめる街です。北陸新幹線の利用で東京からのアクセスも良好。 そこで今回は金沢の大人向けおすす...

【名古屋駅近く・飲み屋】ここに行けば間違いなし!名古屋でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋8選をご紹介

今回は人気の居酒屋など、名古屋駅近くでお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 名古屋コーチンのみを使用した鶏肉料理が味わえる「樞 くるる・名駅店」、昭和レトロをイメージした店内で飲める「八丁ぼり ...

【大人編】石川の遊ぶところ2024 とっておきスポット10選!

歴史的な街並みや伝統工芸・伝統文化を大切にする石川県。そんな石川県には大人が楽しめる風情たっぷりのスポットや、美味しいお酒と料理を堪能できる居酒屋などが多く揃います。 今回は石川県で大人の旅を楽...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

静岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

愛知県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

新発売!!『まっぷる 北陸新幹線next!』富山、石川、福井、長野、岐阜、沿線周辺5県の最新情報満載!

祝!北陸新幹線敦賀(つるが)延伸!これをきっかけに北陸への観光需要が増すことが予想される2024年。 北陸新幹線沿線の最新情報が凝縮されたガイドブック『まっぷる 北陸新幹線next!』を3月13日に...

【北陸応援割】北陸を旅して観光を盛り上げよう!

北陸応援割とは、能登半島地震により観光需要の落ち込みが見られる富山、石川、福井、新潟の4県において、パッケージ旅行の商品や宿泊料金の割引を支援する事業。 北陸地域を盛り上げるためにも、北陸応援割...

【岐阜・夜ごはん】岐阜で夜を楽しめるとっておきのお店6選!岐阜で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、岐阜でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長良川を望む...

【岐阜 高山・夜ごはん】高山で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高山で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜の高山で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高山でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 100...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。