>  >  >  >  >  >  富山グルメ大集合! おすすめ海鮮・ご当地グルメをまとめてチェック!

富山グルメ大集合! おすすめ海鮮・ご当地グルメをまとめてチェック!

富山グルメ大集合! おすすめ海鮮・ご当地グルメをまとめてチェック!

富山には、新鮮な海や山の幸を使ったおいしいグルメが盛りだくさん。
絶対にはずせない4大海鮮グルメから県民熱愛のご当地グルメまで、4つのジャンルでピックアップ。
きっとお好みのグルメがみつかるはずです!

目次

  • 富山に来たらはずせない! 4大海鮮グルメ
  • 新鮮なネタが絶品の寿司
  • ランチで楽しむ♪新鮮漁港メシ!
  • 富山県民に愛されている! ご当地グルメ

富山に来たらはずせない! 4大海鮮グルメ

標高3000m級の立山連峰から水深1000mの深い海に清流が流れ込む富山湾。そのダイナミックな地形は、極上の海産物を育む「天然の生けす」と呼ばれています。そんな富山で味わいたい“4つの食材”を堪能できるお店と名物料理をセレクトしました。

富山湾の宝石 白エビ

旬:5〜8月

薄紅色に透き通り「海の貴婦人」「富山湾の宝石」と呼ばれる白エビ。生で食すとトロリと甘く、揚げても美味。

磯料理 松月

老舗料亭で堪能する地酒と旬の磯料理

明治44年(1911)創業の料亭。風情ある雰囲気の中、白エビをはじめとする富山湾の恵みをコース料理で。【岩瀬】

富山湾の宝石 白エビ

コース 7392円〜

白エビの福団子をはじめ旬の地魚料理を堪能

富山湾の宝石 白エビ

庭園を眺めながらゆったりと味わえる

磯料理 松月

住所
富山県富山市岩瀬港町116
交通
富山地方鉄道富山港線岩瀬浜駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:30~21:00(閉店)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
コース料理(昼)=6054円~・7257円~(福団子付)/ 平均予算(昼):6500円, 平均予算(夜):要問合せ円

富山湾の神秘 ホタルイカ

旬:3〜5月

夜明けの海に光り輝く、富山の春の風物詩。沖漬け、釜揚げ、天ぷらなど、様々な美味しさが楽しめる。

パノラマレストラン 光彩

春の海を見渡しながら ホタルイカ料理を食べ尽くす

ほたるいかミュージアムの2階にあるレストラン。富山湾を一望しながらホタルイカ尽くしの料理が味わえる。【滑川】

富山湾の神秘 ホタルイカ

ホタルイカ御膳 2200円

お造り、天ぷら、酢味噌和え、素干し、鱈子和えとろろ添えの5品を滑川産コシヒカリとともに

パノラマレストラン 光彩

住所
富山県滑川市中川原410 ほたるいかミュージアム 2階
交通
あいの風とやま鉄道滑川駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店)、9~翌2月は~17:00(閉店)
休業日
火曜、3月20日~5月は無休(年末年始休)
料金
ホタルイカのバジルきのこピザ=950円/ホタルイカ御膳(3~5月)=2200円/ほたるいかの天ぷら=850円/海鮮丼(季節限定)=1200円/ミニオムライスプレート=1200円/天丼セット=1200円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円

富山湾の王者 寒ブリ

旬:12〜2月

日本海の荒波に揉まれた寒ブリは脂がのった格別の味。氷見で獲れる「ひみ寒ぶり」は全国に誇るブランド魚。

割烹かみしま

氷見の味覚を堪能! 新鮮な寒ブリをしゃぶしゃぶで

氷見うどんや氷見牛など地元の味覚満載の味処。寒ブリの季節にはブリしゃぶやブリ大根などが楽しめる。【氷見】

富山湾の王者 寒ブリ

ブリしゃぶ 1人前 2700円~(写真は3人前)

日本海の荒波に揉まれた寒ブリは脂がのった格別の味。氷見で獲れる「ひみ寒ぶり」は全国に誇るブランド魚

割烹 かみしま

住所
富山県氷見市本町17-17
交通
JR氷見線氷見駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
月曜
料金
ブリしゃぶ(11月下旬~翌3月中旬、1人前、要予約、夜のみ)=2700円~/ブリ大根(1人前)=600円/ 平均予算(夜):4500円

ばんや料理ひみ浜

脂の乗りと甘さに驚く 大物のブリを使った究極の味

ばんやとは漁師の作業小屋のこと。氷見漁港の目の前で、素材にこだわった豪快な漁師料理が楽しめる。【氷見】

ブリ大根 550円(頭は入っていません)

特に脂ののった10kg以上の大物だけを使ったブリ大根は絶品

ばんや料理 ひみ浜

住所
富山県氷見市比美町21-15
交通
JR氷見線氷見駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店)、17:00~19:00(材料がなくなり次第閉店、月~木曜の夜は要予約)
休業日
不定休(年末年始休)
料金
わがまま丼=2600円/刺身御膳=2200円/刺身焼魚御膳=3100円/氷見三味御膳=3600円/ブリ大根=500円/寒ブリ三昧=7500円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):3000円

富山湾の女王 ベニズワイガニ

旬:9〜5月

「高志の紅ガニ」のブランドもつけられた富山湾名物。身の甘味と濃厚なミソが格別。

食処 海み屋 新湊きっときと市場

漁港のすぐそば!潮の香りがふわっと漂う

近くの漁港で競り落としたばかりのカニを、茹でたてで味わえる。海鮮丼や刺身もチェック。【新湊】

富山湾の女王 ベニズワイガニ

茹でカニ 1500円〜

朝獲れのカニを茹でたてで。この上ない新鮮さがたまらない

富山湾の女王 ベニズワイガニ

富山湾の宝石を堪能「白エビうどん」900円

食処 海み屋 新湊きっときと市場

住所
富山県射水市海王町1

新鮮なネタが絶品の寿司

魚介が豊富にそろう富山の寿司は、ぜひとも味いたい逸品。手軽に味わえる回転寿司と、地元ならではの「富山湾鮨」をご紹介します。

手頃なのにハイレベル! 回転寿司

質の高さには定評のある、富山の回転寿司。新鮮な地魚を手軽に味わいたい人におすすめ。

すし玉 富山駅店

駅併設のお店で、朝とれの地魚を

JR富山駅併設の商業施設にある寿司店。アクセス良好の店舗で、富山・石川県内の港から毎朝直送される魚を味わえる。お米は県内産コシヒカリのみを使用。【富山駅周辺】

手頃なのにハイレベル! 回転寿司

ノドグロの炙り 550円

能登産の天然塩でいただく炙りは絶品。ノドグロは“生と炙りの食べ比べ”もおすすめ

手頃なのにハイレベル! 回転寿司

手むき白エビ 770円

1尾1尾の殻を手作業で丁寧にむくことで、柔らかな身の食感をそのままに楽しめる

手頃なのにハイレベル! 回転寿司

かがやきセブン 1540円

新幹線にちなんだ名前の人気メニュー。その季節に最もおいしい7種のネタが勢ぞろい

すし玉 富山駅店

住所
富山県富山市明輪町1-220 JR富山駅 1階 きときと市場「マルシェ」内
交通
JR富山駅構内
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:15
休業日
無休
料金
天然ブリトロ=540円/手むき白エビ=756円/かがやきセブン=1512円/

旬の恵みを詰め込んだ10寛 富山湾鮨

富山では、県内約50店舗の寿司店で富山湾の新鮮な魚介と県産米を使った10貫のセット「富山湾鮨」がある。地元の漁港や市場から仕入れた新鮮なネタを贅沢に味わおう。

寿司竹

浜で朝昼競り落とすとびっきりの地物ネタ

目利きの主人が新湊漁港の浜セリに参加して競り落とす、とびきり新鮮なネタが自慢の店。新湊の旬の味を、地元ならではの良心価格で味わえる。豪快な海鮮丼も大人気。【新湊】

旬の恵みを詰め込んだ10寛 富山湾鮨

富山湾鮨 2700円

漁港に近いからこそ可能な良心的な価格がうれしい。カニ味噌と白エビの軍艦、バイガイなど、新湊のとびきりの旬の味を楽しめる。前日までの予約でサービスあり
※季節によってネタは異なります

寿司竹

住所
富山県射水市立町8-8
交通
万葉線新町口駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~20:30(閉店21:00)
休業日
火曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
富山湾鮨=2700円/白エビの昆布締め=700円~/紅白丼=2500円/白エビ丼=2500円/ 平均予算(昼):2700円, 平均予算(夜):5000円

ランチで楽しむ♪新鮮漁港メシ!

朝獲れキトキトの魚を味わうなら漁港が一番! 新鮮魚介を惜しみなく使った料理が手頃に楽しめます。方言が飛び交う様子を眺めているのもおもしろいですよ。

新湊漁港

獲れたてを運べる浜前漁場、昼セリでさらに鮮度アップ

富山県内でも有数の漁場である新湊。漁場が漁港から非常に近く、獲れた魚をすぐに運べるため、朝だけでなく13時にもセリを開催。より新鮮な魚が手に入る。

割烹かわぐち

白えびもカニも贅沢に味わえる人気店

定食から本格懐石まで幅広いメニューを取り揃え多くの観光客らで賑わう人気店。新湊で水揚げされた白エビとカニ料理が名物で、シーズンには茹でたカニの地方発送も可能。【新湊】

新湊漁港

海鮮丼(上)セット 2750円

ベニズワイガニや白エビ、ホタルイカなど旬の地魚が満載。豆腐料理や小鉢も付いてお得

新湊漁港

メニューが充実していて子どもからお年寄りまで地元ファンが多い

割烹かわぐち

住所
富山県射水市中央町19-31
交通
万葉線新町口駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休、3~10月は火曜不定休(12月31日~翌1月4日休)
料金
ズワイガニコース(11~翌3月)=21600円~/紅ズワイガニコース(9~翌5月、要予約)=10800円~/定食=1080~2700円/定食(おまかせ膳、火~金曜の昼のみ)=1080円/会席料理=4320円~/白海老膳=1944円/新湊御膳=3996円/カニ三昧セット(紅ズワイガニの釜茹付)=3996円/海鮮丼セット=2700円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):6000円

氷見漁港

脂がのった寒ブリは全国に誇るブランド魚

県内随一の漁獲漁を誇る氷見漁港。冬に富山湾の定置網で獲れたブリは、「ひみ寒ぶり」と呼ばれる最高級のブランド魚だ。

氷見 魚市場食堂

競り場のすぐそばにある新鮮な魚が自慢の食堂

老舗の魚商「釣屋魚問屋」が営む食堂。漁港内の競りや仕分け作業が行われる場所の2階にある。競り落とされたばかりの魚を使った定食は地元のひとにも観光客にも人気。【氷見】

氷見漁港

氷見海鮮漬丼 1969円

半分はそのままで、残りの半分は出汁茶漬けで二度楽しめる。季節の一品、漬物、土鍋の漁師汁が付く(丼の内容は日によって変更あり)

氷見漁港

店へは市場横の階段を上がる

氷見・魚市場食堂

住所
富山県氷見市比美町435

富山県民に愛されている! ご当地グルメ

真っ黒なスープで知られる富山ブラックを筆頭に、クセになるグルメが多い富山。観光で外せないお店から地元客で溢れるお店まで、イチオシの県民グルメをチェックしましょう。

富山ブラック

白飯がススム! 漆黒のスープ

富山のご当地ラーメンとして全国的にも有名なブラックラーメン。醤油の効いた真っ黒なスープは白いご飯と一緒に食べると最高。おかずになる濃厚さは戦後の肉体労働者のために生まれた歴史ある味。ブラックの中にもあっさり系やまろやか系があって食べ比べが面白い!

西町大喜本店

富山ブラックラーメン発祥の店、三味一体まず混ぜよ!

昭和22(1947)年創業。戦後の復興工事に従事する労働者の塩分補給のため、おかずになるラーメンとして考えられたブラックラーメン発祥の店。漆黒のスープが衝撃的だ。【富山市街】

富山ブラック

中華そば 850円〜

黒いスープには具材のうま味が加わり、それに粗切りネギ、黒コショウがインパクトをそえる

西町大喜本店

住所
富山県富山市太田口通り1丁目1-7
交通
JR富山駅から市電環状線で12分、グランドプラザ前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
中華そば=750円(並)・1120円(大)・1500円(特大)/ 平均予算(昼):900円, 平均予算(夜):900円

氷見うどん

江戸時代の半ばに生まれた、輪島のそうめんをルーツとする氷見市の郷土料理。現在は富山の名物グルメとして定着。

糸庄

地元民に愛される人気うどん店

創業から45年以上経った今でも変わらない味で、愛され続けているうどんの店。看板メニューのもつ煮込みうどんは、豚もつと、ネギ、えのき茸、エビ天、赤巻かまぼこが入ってボリュームたっぷり。たまごのトッピングもおすすめ。【富山市郊外】

氷見うどん

もつ煮込みうどん 900円

味噌ベースのスープが染み込んだコシと弾力のある氷見うどんは、やみつきになること間違いなし

氷見うどん

たぬきの置物が目印。行列ができることも

糸庄

住所
富山県富山市太郎丸本町1丁目7-6
交通
JR富山駅から富山地方鉄道バス笹津行きで10分、花園町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~24:00
休業日
火曜
料金
もつ煮込みうどん=850円/

薬膳料理

薬のまち富山では、東洋医学の知恵を食事に取り入れた薬膳が盛ん。富山市お墨付きの「富山やくぜん」を食べて、元気をチャージ!

健康膳 薬都

薬屋直営の本格薬膳処

薬の老舗「池田屋安兵衛商店」の2階にある薬膳料理レストラン。古代米や高麗人参など薬草を取り入れた健康料理とハーブティーなどが楽しめる。野草アイスクリームも人気。【富山タウン】

薬膳料理

健康膳 3300円 ※前日までに要予約

高麗人参のスープや野草の天ぷらなど季節の素材を生かしたランチ

薬膳料理

特製デザート (健康膳に含まれる)

薬膳料理

かつては製薬工場だった店内。天井が高くレトロな雰囲気が心地よい

健康膳 薬都

住所
富山県富山市堤町通り1丁目3-5 池田屋安部衛商店2階
交通
JR富山駅から市電南富山駅前行きで9分、西町下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(閉店14:00)
休業日
水曜(12月29日~翌1月3日休、8月31日~9月4日休)
料金
健康膳=3240円/玄米膳=800円~/野草アイスクリーム=450円/ハーブティー=450円/ 平均予算(昼):2700円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×