トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 霧島・えびの高原 > 

宮崎【えびの】「えびの」の人気スポットへ行こう!

クロス編集事務所

更新日: 2022年2月7日

この記事をシェアしよう!

宮崎【えびの】「えびの」の人気スポットへ行こう!

霧島錦江湾国立公園内にあるえびの高原一帯は、きれいな水、空気、緑に恵まれ、すがすがしい景色を楽しみながらのドライブがおすすめ。そこで、ドライブの途中に立ち寄りたい人気スポットを紹介!

グリーンパークえびの

レアグッズと広大な花畑が見もの
コカ・コーラウエスト社の公園工場。予約不要の工場見学のほか、コカ・コーラの歴史がわかる国内外の貴重な資料700点の見学、季節の花が咲くフラワーガーデンや遊歩道の散策ができる。

グリーンパークえびの

巨大なコカ・コーラの缶を埋め込んだようなユニークな建物

グリーンパークえびの

アメリカンダイナーをイメージした撮影スポットがある

CHECK! コカ・コーラ社製品の製造工程を見学

工場見学は予約不要で所要時間は15~30分ほど。小型ペットボトル製品の製造工程を、見学通路のパネルや映像・展示物などと照らし合わせながら、窓越しに見学できる。見学終了後には、コカ・コーラ社製品がもらえる。試飲コーナーもある。

CHECK! コカ・コーラ社製品の製造工程を見学

グリーンパークえびの(見学)

住所
宮崎県えびの市東川北有留1321-1
交通
JR吉都線えびの駅からタクシーで15分
料金
無料

道の駅 えびの

ドライブ途中の寄り道スポット
地元産の肉や野菜、菓子などが並ぶ「結いの市」、およそ40種類の料理が並ぶバイキングレストラン「えびのっ娘」、ソフトクリームなどを販売する「軽食ちゃいっぺ」を併設。バイキングレストランは中学生以上1150円で1時間食べ放題。敷地内には、「アウトドアステーションえびの」がある。

道の駅 えびの

九州自動車道えびのICから車ですぐ

道の駅 えびの

地産地消の40種類ほどの料理が並ぶバイキング

道の駅 えびの

えびの産の完熟キンカン「たまたま」を使ったきんかんソフトクリームは300円。キンカンのほどよい酸味がある

道の駅 えびの

住所
宮崎県えびの市永山1006-1
交通
九州自動車道えびのICからすぐ
料金
施設により異なる

イルミナンテ

個室で優雅にスタイリッシュイタリアン
田園風景の中で白いスタイリッシュな建物がひときわ目を引く。客席はガラスのオブジェをあしらうなどしゃれていながら、個室のみ7室のうち2室が和室で、子供連れも利用しやすい。ランチは1230円から、夜のコース料理は3000円から。子供向けのメニューもある。

イルミナンテ

Bランチ(1580円)に付くパスタは日替わり

イルミナンテ

イタリアンカラーでまとめた店内

えびの高原

霧島を代表する山岳景勝地
霧島連山の北に広がる標高1200mの高原で最高峰韓国岳や甑岳など大小の山々に囲まれる。春から初夏は国の天然記念物のノカイドウや霧島を代表するミヤマキリシマ、秋には紅葉と、四季を通じて自然美が楽しめる。

えびの高原

標高1200mのえびの高原

えびの高原の歳時記

えびの高原の歳時記

ミヤマキリシマ 5月下旬~6月上旬

えびの高原の歳時記

ススキの高原 9月上旬~10月上旬

えびの高原の歳時記

ノカイドウ 4月下旬~5月上旬

えびの高原屋外スケート場 

日本最南端の屋外スケートリンク
アイススケート 12月上旬~2月末
日本最南端の屋外スケートリンクで、12月上旬から2月末までオープン。韓国岳が見渡せる景観もすばらしい。ホテル ピコ ラナイ えびの高原が管理、運営している。

えびの高原屋外スケート場 

えびの高原屋外アイススケート場

住所
宮崎県えびの市末永1489
交通
JR吉都線えびの駅からタクシーで30分
料金
アイススケート=大人1020円、中・高校生820円、小学生610円/アイススケート貸靴料=620円/貸ソリ(30分)=500円/

えびの高原

住所
宮崎県えびの市末永
交通
宮崎自動車道小林ICから県道1号をえびの高原方面へ車で19km(3月中旬~11月下旬の土・日曜、祝日は宮交シティから1日1往復宮崎交通バス運行、要確認)
料金
情報なし

えびのエコミュージアムセンター

えびの高原をわかりやすく紹介
霧島の自然を写真、映像、模型などで紹介。霧島山の成り立ちがわかる立体模型、霧島ジオパークの見どころや見ごろの草花を紹介するコーナーなどがある。ドライブや登山の情報収集もできる。

えびのエコミュージアムセンター

霧島錦江湾国立公園、霧島ジオパークのビジターセンター

えびのエコミュージアムセンター

観光客や登山客の拠点施設

えびのエコミュージアムセンター

住所
宮崎県えびの市末永1495-5
交通
宮崎自動車道小林ICから県道1号をえびの高原方面へ車で19km
料金
無料

足湯の駅えびの高原

ドライブ途中にちょっと足休め
JAえびの市が運営する軽食やみやげ物などをそろえた販売所がある観光施設。屋外の無料の足湯は、ドライブ途中の休憩にちょうどいいと大人気。

足湯の駅えびの高原

足湯の温度は36℃ほど。一度に十数人が利用できる

足湯の駅えびの高原

九州自動車道えびのICから車で30分ほど

足湯の駅えびの高原

えびの産の米など800品目を超える商品を扱う

足湯の駅えびの高原

住所
宮崎県えびの市末永1495
交通
JR吉都線えびの駅からタクシーで30分

生駒高原

大スケールの花畑に感動
霧島山、九州山地が見渡せる標高550mの高原。春は35万本の菜の花と15万本のアイスランドポピー、秋は100万本のコスモスが咲く。10月の3連休は、夜9時までナイト営業の「ナイトコスモス」を実施。

生駒高原

さまざまな種類のコスモスが開花する

生駒高原の花ごよみ

生駒高原の花ごよみ

菜の花 3月中旬~4月中旬

生駒高原の花ごよみ

アイスランドポピー 4月中旬~5月下旬

生駒高原の花ごよみ

コスモス 9月下旬~10月下旬

1 2

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!