トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 松崎・堂ヶ島 > 堂ヶ島 > 

堂ヶ島で観光するなら!おすすめの見どころ・グルメスポットをご紹介!

くらしたび

更新日: 2024年2月20日

この記事をシェアしよう!

堂ヶ島で観光するなら!おすすめの見どころ・グルメスポットをご紹介!

堂ヶ島の観光で外せないのは、海の景色。
広くおだやかな海、そこに浮かぶ島々、入り組んだ海岸線…見ているだけで心が癒される、西伊豆の景勝地・堂ヶ島にはそんな風景が広がっています。
絶対に見てほしい、県の天然記念物・堂ヶ島のトンボロ。ある季節の1時間だけ“海の道”が出来、瀬浜海岸から伝兵衛島まで歩いて渡ることができます。
そんな堂ヶ島の海を眺めながらいただくガッツリ系漁師めしや寿司、丼。また、老舗菓子店の飴や和菓子、夏季限定かき氷など、スイーツやお土産もしっかりご紹介!

旅のモデルコース 堂ヶ島おさんぽガイド

所要時間4時間

START堂ヶ島バス停→徒歩すぐ
堂ヶ島クルーズ→徒歩すぐ
堂ヶ島シーサイドウォーク→徒歩9分
堂ヶ島のトンボロ→徒歩10分
漁師カフェ 堂ヶ島食堂→徒歩10分
沢田公園露天風呂→徒歩12分
→GOAL堂ヶ島バス停

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

店主が採るトコロ天が無料食べ放題
新鮮な魚介を使用した、ボリューム満点のガッツリ系漁師飯が魅力。遊覧船乗場前にあるので、堂ヶ島を眺めながら、食事とともにゆったりと過ごすのもいい。ご当地グルメ「潮カツオうどん」も食べられる。【堂ヶ島】

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

新鮮な魚のブツ切りがたっぷりのった「俺のぶっかけ丼」 1859円

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2045-3
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで1時間30分、堂ヶ島下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:30(L.O.)
休業日
木曜(臨時休あり)
料金
俺のぶっかけ海鮮丼=1825円・1501円(小)/堂ヶ島アジフライ定食(2枚)=1501円/仁科のイカ船上沖干定食=1825円/潮カツオうどん=734円/磯海苔そば=734円/コーヒー=378円/

瀬浜寿司

地魚をふんだんに使ったにぎり
毎朝、松崎港で獲れた地魚を店主自ら仕入れ、提供。常時10種類ほどそろえ、マグロはインドマグロを使用し、25種類程度のネタを用意しているとか。「堂ヶ島寿司」(2250円)が一番人気。【堂ヶ島】

瀬浜寿司

シャリが見えないほどの大きめのネタがうれしい「堂ヶ島寿司」

瀬浜寿し

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2909-10
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで58分、堂ヶ島下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉店)
休業日
金曜不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
堂ヶ島寿司=2250円/あじずし=1700円/上寿司=2050円/特上寿司=2900円/磯の香定食=2250円/

海鮮食堂 岩屋

サザエのかき揚げ丼も評判
堂ヶ島を一望できる好立地にある海鮮料理店。しおかつおを使った「しおかつおうどん」(950円)は、温泉卵を崩してよくかき混ぜると、しおかつおが溶けておいしさアップ!【堂ヶ島】

海鮮食堂 岩屋

伊豆らしい黒はんぺんものっている

海鮮食堂 岩屋

海鮮食堂 岩屋

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2049-10
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで1時間30分、堂ヶ島下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00
休業日
金曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
サザエかき揚げ丼=1680円/金目浜漬け丼=1680円/

Satouya

地元で評判のケーキ屋さん
厳選した良質素材を使用したケーキが地元客に愛されるケーキ屋さん。豊富にそろう焼き菓子はおみやげにもぴったり。イートインスペースではパフェなどのメニューも楽しめる。【堂ヶ島】

Satouya

フレッシュなベリーやゼリーが層をなす「パフェベリー」 850円

Satouya

Satouya

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科257-2
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで53分、大浜下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店)、喫茶は~16:30(閉店)
休業日
火~木曜(イベント開催時は無休、GW・盆時期・年末は営業、1月1日休)
料金
ガトーフレーズ=420円/蒸し栗のモンブラン=520円/(ケーキとドリンクセットは100円引)

飴元 菊水

素朴なおいしさを守る老舗手作りの味にこだわり続ける老舗菓子店。ラッキョウやカツオ節など、珍しい味の飴や和菓子がずらりと並ぶ。飴を使った夏限定の「飴やのかき氷」は、菊水ならではの味わいだ。【堂ヶ島】

飴元 菊水
飴元 菊水

トッピングのシロップは9種類ある「飴やのかき氷」

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

約120分間だけの神秘 海の道が出現!
3〜9月に出現するトンボロ現象。干潮時に潮高30cm以下になると、浜と島の間に海の道(海底の露呈)が現れるもので、浜から島まで歩いて渡れる。干潮時間は西伊豆町公式HPでチェック。

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

県の天然記念物でもある

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス松崎行きで1時間30分、瀬浜下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
トンボロは潮位により異なる
休業日
情報なし
料金
情報なし

伊豆・箱根の新着記事

【大人編】神奈川の遊ぶところ2024 とっておきスポット9選!

横浜みなとみらい、江の島に湘南、箱根や鎌倉など数多くの有名観光スポットが揃う神奈川。 そんな神奈川には大人向けのスポットがたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまうほど。 そこで今回は神奈川の大...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

【大人編】熱海の遊ぶところ2024 温泉だけじゃない!とっておきのおすすめスポット10選!

大人気の観光地で全国的にも有名な温泉地、熱海。体を癒すスポットが多いイメージの熱海ですが、温泉だけでなくアクティビティや美術館、絶景スポットや写真映えするスポットまで、1日では遊びきれないほど魅力的な...

静岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

神奈川県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

【神奈川 箱根・ディナー】箱根で夜を楽しめるとっておきのお店10選!箱根でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに神奈川の箱根で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、箱根でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 三島...

【静岡 熱海・夜ごはん】熱海で夜を楽しめるとっておきのお店13選!熱海で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに熱海で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、熱海でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 新鮮な旬の地...

【静岡県・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?静岡でおすすめのいちご狩りスポット9選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は静岡県で楽しめるいちご狩りについての基本情...

【神奈川・初日の出2024】日の出時間やアクセスなど情報満載!神奈川の初日の出スポットおすすめ5選

2024年の日の出は、新しい時代を照らすご来光です。新年はおめでたい初日の出を拝み、新たなスタートをきりましょう。今回はまっぷる編集部が厳選した初日の出スポットを中心に、神奈川のおすすめの初日の出スポ...

【神奈川県・美術館】定番の公立美術館から国内外の美術品を収蔵する個性的な穴場美術館まで!神奈川のおすすめ美術館20選ご紹介

神奈川にある美術館の中から、おすすめの20選をエリア別にご紹介します。 それぞれに異なる魅力があり、好みの分かれるアートの世界。 展示方法や雰囲気も美術館によって様々です。 お気に入りの空間...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。