トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 松崎・堂ヶ島 > 堂ヶ島 > 

西伊豆【堂ヶ島】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年7月27日

この記事をシェアしよう!

西伊豆【堂ヶ島】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

旅のモデルコース 堂ヶ島おさんぽガイド

所要時間4時間

START堂ヶ島バス停→徒歩すぐ
堂ヶ島クルーズ→徒歩すぐ
堂ヶ島シーサイドウォーク→徒歩9分
堂ヶ島のトンボロ→徒歩10分
漁師カフェ 堂ヶ島食堂→徒歩10分
沢田公園露天風呂→徒歩12分
→GOAL堂ヶ島バス停

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

店主が採るトコロ天が無料食べ放題
なんといってもここの魅力はそのボリューム。獲れたての新鮮魚介を使用した、ガッツリ系の漁師メシが味わえる。遊覧船乗場前にあるので、堂ヶ島を眺めながら、食事と共にゆったり過ごすのもいい。【堂ヶ島】

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

その日に獲れた魚のブツ切りがたっぷりのった「俺のぶっかけ丼」 1825円

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

漁師カフェ 堂ヶ島食堂

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2045-3
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで1時間30分、堂ヶ島下車すぐ
料金
俺のぶっかけ海鮮丼=1825円・1501円(小)/堂ヶ島アジフライ定食(2枚)=1501円/仁科のイカ船上沖干定食=1825円/潮カツオうどん=734円/磯海苔そば=734円/コーヒー=378円/

瀬浜寿司

地魚をふんだんに使ったにぎり
毎朝、松崎港で獲れた地魚を店主自ら仕入れ、提供。常時10種類ほどそろえ、マグロはインドマグロを使用し、25種類程度のネタを用意しているとか。「堂ヶ島寿司」(2250円)が一番人気。【堂ヶ島】

瀬浜寿司

シャリが見えないほどの大きめのネタがうれしい「堂ヶ島寿司」

瀬浜寿し

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2909-10
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで58分、堂ヶ島下車すぐ
料金
堂ヶ島寿司=2250円/あじずし=1700円/上寿司=2050円/特上寿司=2900円/磯の香定食=2250円/

海鮮食堂 岩屋

サザエのかき揚げ丼も評判
堂ヶ島を一望できる好立地にある海鮮料理店。しおかつおを使った「しおかつおうどん」(950円)は、温泉卵を崩してよくかき混ぜると、しおかつおが溶けておいしさアップ!【堂ヶ島】

海鮮食堂 岩屋

伊豆らしい黒はんぺんものっている

海鮮食堂 岩屋

海鮮食堂 岩屋

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2049-10
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで1時間30分、堂ヶ島下車、徒歩5分

Satouya

地元で評判のケーキ屋さん
厳選した良質素材を使用したケーキが地元客に愛されるケーキ屋さん。豊富にそろう焼き菓子はおみやげにもぴったり。イートインスペースではパフェなどのメニューも楽しめる。【堂ヶ島】

Satouya

フレッシュなベリーやゼリーが層をなす「パフェベリー」 850円

Satouya

Satouya

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科257-2
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで53分、大浜下車、徒歩5分
料金
ガトーフレーズ=420円/蒸し栗のモンブラン=520円/(ケーキとドリンクセットは100円引)

飴元 菊水

素朴なおいしさを守る老舗手作りの味にこだわり続ける老舗菓子店。ラッキョウやカツオ節など、珍しい味の飴や和菓子がずらりと並ぶ。飴を使った夏限定の「飴やのかき氷」は、菊水ならではの味わいだ。【堂ヶ島】

飴元 菊水
飴元 菊水

トッピングのシロップは9種類ある「飴やのかき氷」

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

約60分間だけの神秘 海の道が出現!
3〜9月に出現するトンボロ現象。干潮時に潮高30cm以下になると、浜と島の間に海の道(海底の露呈)が現れるもので、浜から島まで歩いて渡れる。干潮時間は「堂ヶ島マリン」のHPでチェック。

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

県の天然記念物でもある

堂ヶ島のトンボロ(瀬浜海岸)

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス松崎行きで1時間30分、瀬浜下車、徒歩5分
料金
情報なし

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください