コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【青森】特別史跡三内丸山遺跡で縄文時代へタイムスリップ!

【青森】特別史跡三内丸山遺跡で縄文時代へタイムスリップ!

by mapple

更新日:2018年4月3日

日本最大級の縄文遺跡群は貴重な展示のほか、体験も充実。縄文人気分を楽しもう。

北海道・北東北の縄文遺跡群が、世界遺産暫定リストに記載!

青森県を含む北東北3県と北海道の17の遺跡群が、世界遺産暫定リストに記載されている。三内丸山遺跡もそのうちのひとつで、考古学的価値が非常に高いと評価されている。今後、北東北から北海道にかけて、縄文旋風が巻き起こるかもしれない。

北海道6遺跡
青森県8遺跡
秋田県2遺跡
岩手県1遺跡

日本最大級!縄文遺跡を体感しよう

約5500年前から4000年前まで続いた縄文集落遺跡。東京ドームおよそ9個分、日本最大級を誇る。2000年には国特別史跡に指定された。発掘調査によって竪穴建物跡、大型竪穴建物跡などのほか、縄文土器、石器などが多数出土し、公園として公開されている。現在は大型掘立柱建物や竪穴建物などが復元され、往時の生活に触れることができる。

大型掘立柱建物
3層の掘立柱建物。発掘によって見つかった、直径1mのクリの木柱をもとに復元された。

大型竪穴建物
長さ32m、幅9.8mと遺跡最大の住居跡を復元。集会や共同作業の場として使われていたと考えられている。

南盛土
当時のゴミ捨て場と見られ、1000年間使用され2mもの厚さの丘となった。しかし単なるゴミ捨て場ではなく、祭りの場としての意味もあったと考えられている。

竪穴建物
地面を掘って床を造り、中央には炉を造るなどした、縄文時代の住まいの構造が見て取れる。

展示・体験スポット 縄文時遊館

三内丸山遺跡の入口に位置する施設・縄文時遊館では縄文人の文化・生活に触れられる展示や体験メニュー、飲食スペースが入る。

さんまるミュージアム

縄文時遊館内にある出土品を展示。縄文人の当時の暮らしぶりが人形を使ってわかりやすく紹介されている。

縄文ファッション体験

縄文時遊館受付とさんまるミュージアムの2か所に、縄文人風の古代貫頭着を設置。自由に着ることができる。

体験工房

縄文時代の土偶や装飾品作りができる体験工房も人気のコーナー。毎日開催しているので気軽に参加しよう。

紙バンドで作るポシェット(所要2時間・330円)

ストラップなどでも人気の勾玉(所要1時間・330円)

れすとらん五千年の星

きのこや山菜など、縄文人も食べていたと思われる食材を使った料理が人気。古代米や青森の名物味噌貝焼き、栗を使ったソフトクリームも評判。

縄文人が好んだといわれる栗を使った「そふと栗夢」は320円

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×