>  >  >  >  >  > 

札幌【北海道大学】街中観光スポットでコレしたい!

まっぷるマガジン

更新日:2020年6月18日

この記事をシェアしよう!

札幌【北海道大学】街中観光スポットでコレしたい!

~明治時代の森が息づくキャンパスを歩こう~
北海道大学は明治9(1876)年に開校した札幌農学校を起源とする。現在も学生たちの学び舎として利用され、一般にも広く開放されている。177haもの敷地があるキャンパス内には、ポプラ並木や開拓以前からのエルムの巨木が残され、原生林が広がり、のんびりとした散策を楽しむことができる。

北海道大学について知ろう

JR札幌駅から徒歩7分

さくっとナビ

どれくらいかかる?
2時間

いつ行く?
通年

雨の日はどうなる?
傘をさしての散策

まずはインフォメーションセンター「エルムの森」でキャンパスガイドマップをもらおう。

人気みやげ

人気みやげ

北大のハルニレで作ったお箸 1100円
北大を代表する樹木・ハルニレの間伐材で作られたお箸
(販売場所:インフォメーションセンター「エルムの森」)

人気みやげ

梅酒「雪の天使たち」 838円
かわいらしい丸い形の瓶の梅酒とブルーベリー酒
(販売場所:インフォメーションセンター「エルムの森」)

知っ得column! ハルニレの大木

ハルニレの英語名は「エルム」で、「エルムの学園」と呼ばれる北大を象徴する樹木。構内には1400本以上あり、なかには新渡戸夫人寄贈の由緒あるものも。構内のショップではエルムの木を使った北大グッズも販売している。

知っ得column! ハルニレの大木

構内見どころスポット

構内見どころスポット

札幌農学校第2農場
札幌農学校第2農場は北海道畜産発祥の地。国の重要文化財。

構内見どころスポット

イチョウ並木
10月下旬~11月上旬が見ごろになるイチョウ並木。

構内見どころスポット

クラーク像
キャンパス南側の中央ローンそばにはクラーク博士の胸像がある。

マンガのモデルになった獣医学部

北海道大学の獣医学部はマンガ『動物のお医者さん』のモデルとなった学部でもある。獣医学部の学生生活がコメディタッチで描かれ、連載当時は獣医学部の志望者数が跳ね上がるなど社会現象も起こった。

北海道大学でコレしたい!

構内の歴史ある建物を見学する

北海道開拓期の教育・研究や産業とかかわった建築物が数多い。特に「総合博物館」は貴重な学術標本や資料を展示し、見ごたえあり。

構内の歴史ある建物を見学する

昭和4(1929)年築の理学部本館の建物に設置された総合博物館

構内の歴史ある建物を見学する

館内のアインシュタインドームも必見

北大のシンボルポプラ並木を散策

明治45(1912)年に実習としてほぼ現在のような植苗が行なわれた。ウッドチップの並木道を80mほど散策できる。

北大のシンボルポプラ並木を散策

構内グルメを楽しむ

中央食堂

豊富なメニューが学生以外も楽しめる

カレーに麺類、アラカルトなど豊富なメニューはどれもボリューム満点でリーズナブル。

電話番号:011-726-4780 営業時間:10:00~20:00(土曜は11:00~19:00、日曜・祝日は11:00~15:00) 休業日:大学のスケジュールにより休業あり

構内グルメを楽しむ

ピリカラーメン(377円)

構内グルメを楽しむ

牛トロ丼(中、590円)

北大マルシェ Café & Labo

北大ならではのミルクスイーツ

百年記念会館1階にあるカフェ。貴重な「北大牛乳」を使ったメニューが味わえる。

営業時間:10:00〜17:00 休業日:火曜

しぼりたて北大牛乳300円

北大牛乳プリン300円

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください