>  >  >  >  >  > 

【網走】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月31日

この記事をシェアしよう!

【網走】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

天都山には網走ならではの見学施設が点在
CMのロケ地として話題の能取岬へ行ってみよう
駅舎を利用したお店でひと休み

能取岬

断崖絶壁から夕日を眺める
網走市街の北、約10kmのところにある岬。砂州で海と仕切られた周囲31{hlb}kmの能取湖を抱え、オホーツク海に突き出している。夕日の名所としても人気が高い。

能取岬

周辺の海域にはアザラシも生息

網走国定公園 小清水原生花園

色鮮やかな天然の花畑が広がる
オホーツク海と濤沸湖に挟まれた約8kmの細長い丘陵地帯で、季節ごとに野生の花畑が現れる。6〜8月にはハマナスやエゾスカシユリなど約70種が観賞できる。

網走国定公園 小清水原生花園

6月中旬〜7月下旬、最も華やかになる

オホーツク流氷館

絶景と流氷の神秘を体感
マイナス15度の流氷体感テラスで実物の流氷に触れる。クリオネなどの水槽展示や5面シアターで流氷の世界を再現。展望台から見るオホーツクの絶景も感動する。

オホーツク流氷館

極寒体験できる流氷体感テラス

北海道立北方民族博物館

北方民族の文化を専門に紹介
グリーンランドから北欧、アイヌ文化も含めた北方民族とオホーツク文化を、映像やマジックビジョンなどで解説。日・英・韓・中・タイの5か国語対応の音声ガイド(無料)あり。

北海道立北方民族博物館

衣・食・住・生業に関する資料が残る

網走市立郷土博物館分館 モヨロ貝塚館

オホーツク人の遺跡・遺物を展示
北方から移り住んだ古代オホーツクの海の民。「オホーツク文化」と呼ばれる独自の文化を、遺跡に残された家・墓・貝塚から紹介する。

網走市立郷土博物館分館 モヨロ貝塚館

オホーツク人の生活を再現している

あばしりネイチャークルーズ クジラ・イルカ・ウミドリウォッチング

網走沖でクジラやイルカに出会う
オホーツクのオキアミに群がる数万羽のハシボソミズナギドリとクジラのショットは圧巻。イルカも見られる。

あばしりネイチャークルーズ クジラ・イルカ・ウミドリウォッチング

群れで泳ぐ迫力の景色を船上で眺められる

ラーメンきっさ えきばしゃ

道産食材を使うラーメンがそろう
塩ベースのスープに、白髪ネギとチャーシューの千切りたっぷりの「ツーラーメン」が看板メニュー。海の幸がふんだんに入った「駅長ラーメン」もぜひ。

ラーメンきっさ えきばしゃ

郷愁を誘う、レトロな店内

ラーメンきっさ えきばしゃ

「駅長ラーメン」は1600円

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください