トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 宮崎・日南海岸 > 

【宮崎】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

渡辺拓海

更新日: 2021年9月1日

この記事をシェアしよう!

【宮崎】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、宮崎の定番スポットへ遊びに行こう!」
とても魅力的な誘いですよね、わかります。
ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。
コロナ禍の昨今、少しためらってしまいますよね。

そこで今回は、より魅力的なお誘い、
「週末は、宮崎の“穴場”スポットへ遊びに行こう!」のご提案!
公園でのんびりしたり、絶景を堪能したり、かわいい動物たちに癒されたり……さまざまな穴場スポット情報を厳選してお届けいたします。
次のお休みは、宮崎県の新しい魅力を見つけに行きましょう♪

※新型コロナウイルス感染症に関連した各施設の対応・対策により、営業時間等が異なる場合があります。最新情報は各施設の公式サイトでご確認ください

この記事の目次

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】生目古墳群史跡公園<宮崎市>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】生目古墳群史跡公園<宮崎市>

宮崎を代表する古墳群を公開

古墳時代につくられた生目古墳群を公園として整備。遊歩道や展望台が設置され、古墳周辺の散策も楽しめます。隣接して展示・体験学習施設の「生目の杜遊古館」があります。

生目古墳群史跡公園

住所
宮崎県宮崎市跡江4058-1
交通
JR日豊本線南宮崎駅から徒歩3分の宮交シティバスセンターから宮崎交通記念病院経由有田行きバスで34分、坂の下下車すぐ
料金
無料

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】皇子原公園<西諸県郡高原町>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】皇子原公園<西諸県郡高原町>

神話と自然に囲まれた公園

神武天皇の生誕地として知られる自然公園です。園内には古墳群や森林浴のできる遊歩道があり、ニジマス釣りやゴーカート、ミニSLなども楽しめます。春は桜、秋はヒガンバナの名所としても人気。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

皇子原公園

住所
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田3-251
交通
JR吉都線高原駅からタクシーで10分
料金
入園料=無料/ニジマス釣り場=1600円/テニスコート(1時間)=650円/バッテリーカー=100円/ミニSL=200円/ゴーカート=300円~/(料金は変更の場合あり)

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】くまそ広場<都城市>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】くまそ広場<都城市>

芝生広場や楽しい遊具で家族連れに人気

こもれびの森、芝生広場など8つのゾーンに分かれた公園です。子どもの広場には、コンビネーション遊具から小さい子ども向けの低めのものまでバラエティーに富んだ設備がそろっています。

くまそ広場

住所
宮崎県都城市関之尾町6326-50
交通
JR日豊本線西都城駅から宮崎交通霧島神宮行きバスで25分、関之尾滝下車、徒歩20分
料金
情報なし

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】国際海浜エントランスプラザ<宮崎市>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】国際海浜エントランスプラザ<宮崎市>

レンタサイクルで一ツ葉を散策しよう

宮崎の一大リゾート、シーガイアに隣接した公園です。敷地内にはイギリスの伝統的な庭園を再現した英国式庭園のほか、芝生広場やスポーツ施設をそなえています。レンタサイクルは管理事務所で受付中。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

国際海浜エントランスプラザ

住所
宮崎県宮崎市山崎町浜山414-1
交通
JR宮崎駅から宮崎交通フローランテ宮崎行きバスで25分、終点下車、徒歩10分
料金
入園=無料/レンタサイクル(1時間)=100円/マレットゴルフ(3時間)=200円/

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】城山公園<延岡市>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】城山公園<延岡市>

延岡城跡を整備した公園

慶長8(1603)年に、初代藩主の高橋元種が築いた延岡城の跡地を整備した公園。高さ22mの千人殺しの石垣や、朝6時から夕方5時に6回つく城山の鐘など、見どころの多いスポットです。

城山公園

住所
宮崎県延岡市東本小路178
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通保健福祉大学行きバスで8分、大瀬橋北詰下車、徒歩5分
料金
情報なし

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】法華嶽公園<東諸県郡国富町>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×公園】法華嶽公園<東諸県郡国富町>

35haの広大な森林公園

山や渓谷、国有林を利用してつくった広大な森林公園です。四季折々の草花に彩られ、春は桜、シャクナゲが咲き誇ります。スポーツ施設、キャンプ場も併設。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の施設や設備において、利用制限あり

法華嶽公園

住所
宮崎県東諸県郡国富町深年4106-18
交通
JR宮崎駅から宮崎交通綾行きバスで41分、国富で宮崎交通法華嶽行きバスに乗り換えて20分、終点下車すぐ
料金
入園料=無料/グラススキー・マウンテンボード(各半日)=大人1000円、中学生以下500円/パターゴルフ(1ラウンド)=200円/テニスコート(1時間)=500円/キャンプ場入場料=200円/テント(1張)=2000円/じゃぶんこ広場入場料=100円/

【宮崎のおでかけ穴場スポット×動物園】宮崎市フェニックス自然動物園<宮崎市>

【宮崎のおでかけ穴場スポット×動物園】宮崎市フェニックス自然動物園<宮崎市>

フライング・フラミンゴショーが見られる

アジアやアフリカなどの動物およそ100種1,200点を飼育している動物園。園内には、「アジアゾウ展示場」「アフリカ園」「類人猿舎」「ラクダ園」「こども動物村」「猛獣舎」「フラミンゴ展示場」などがあります。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部イベントの中止・延期あり

宮崎市フェニックス自然動物園

住所
宮崎県宮崎市塩路浜山3083-42
交通
JR宮崎駅から宮崎交通フェニックス自然動物園行きバスで39分、終点下車すぐ
料金
大人840円、中学生420円、小学生310円(妊婦は母子手帳持参で無料、障がい者手帳持参で無料)
1 2 3 4 5

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!