コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  慶良間諸島【渡嘉敷島】アクセス&おすすめスポット!

慶良間諸島【渡嘉敷島】アクセス&おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年5月23日

慶良間諸島の中でいちばん面積が大きく、島全体の8割を森林が占める、自然豊かな渡嘉敷島。世界屈指の透明度を誇る海で、シュノーケリングなどの多彩なマリンスポーツを一年を通して楽しむことができる。

◉総合案内/渡嘉敷村商工会 098-987-2430

沖縄本島から渡嘉敷島へのアクセス

那覇泊港から高速船とフェリーを利用。那覇泊港内の乗り場は高速船は北岸、フェリーは南岸と異なるので注意。週末や連休、夏休みなどの繁忙期は、フェリー、高速船ともに満席で乗船できない場合もあるので、電話予約で席の確保を。

◉高速船・フェリー問い合わせ 098-868-7541(渡嘉敷村那覇連絡事務所)

那覇泊港~渡嘉敷港(注)高速船は北岸、フェリーは南岸発着
高速船マリンライナーとかしき 片道35分2490円 1日2~3便
フェリーとかしき 片道1時間10分1660円 1日1便
※片道運賃のほか、環境協力税100円が別途必要

座間味島、阿嘉島への移動はケラマ航路を利用

渡嘉敷島から座間味島へ行くには、渡嘉敷島阿波連漁港から阿嘉港を経由して座間味港へ向かう便(ケラマ航路)を利用。前日までの予約制で、予約があるときのみ運航する。

◉ケラマ航路問い合わせ 098-987-2614(座間味村産業振興課)

阿波連漁港~座間味港(阿嘉港経由)
片道35分700円1日2便(事前予約制)
※片道運賃のほか、環境協力税100円が別途必要

 

島内の移動

渡嘉敷港から役場前、阿波連ビーチへバスが運行。台数の少ないタクシーやレンタカーは事前予約を。起伏の激しい山道が多く、レンタサイクルよりレンタバイクがおすすめ。

バス 片道400円
とかしき観光バス 098-987-2232(とかしき観光バス合同会社)

タクシー 貸切観光1時間6400円~
米浜交通 090-3078-5895

レンタカー 3時間3888円~、6時間5500円~
かりゆしレンタルサービス 098-987-3311
アロハレンタル企画 098-987-2272
くじらレンタカー 098-987-2836

レンタバイク 3時間2000円~、6時間2500円~
かりゆしレンタルサービス 098-987-3311
アロハレンタル企画 098-987-2272

レンタサイクル 3時間756円、24時間2160円
かりゆしレンタルサービス 098-987-3311

阿波連ビーチ

サンゴ礁と熱帯魚のパラダイス
阿波連集落の前にあり約800mにわたって真っ白な砂浜が続く。海の透明度が抜群で、波打ち際に立った状態で熱帯魚を見ることができる。サンゴ礁を観察するには体験ダイビングがおすすめ。

ビーチデータ
更衣室 あり
シャワー あり
WC あり
レンタル あり
売店 ビーチ入口に飲食店多数あり

チャレンジ!体験ダイビング

サンゴ礁と熱帯魚を見つけに体験ダイビング
簡単なダイビング器材の説明を受けて、憧れの水中世界へダイブ。体験ダイビングはインストラクターがばっちりサポートしてくれるから、まったく泳げなくてもチャレンジできる。

お楽しみポイント
自分のすぐ近くを無数の熱帯魚が泳ぎ、まるで一緒に海中散歩をしているような体験ができる。

トカシクビーチ

ウミガメが暮らす遠浅ビーチ
島の中央西側にある、渡嘉敷島を代表するビーチのひとつ。緑の山々が迫る入り江にあり、波静かな遠浅の海で海水浴が楽しめる。運が良ければウミガメを見ることができる。

ビーチデータ
更衣室 シャワールームと兼用コインロッカー200円~
シャワー 水、温水シャワー(施設使用料)500円
WC 2カ所あり(無料)
レンタル シュノーケリング4点セット1500円、パラソル1000円ほか
売店 自動販売機あり

チャレンジ!SUP&シュノーケリング

世界屈指の美しい海でシュノーケリング&SUPでミニツーリング
マスクとフィンを付けて水中へシュノーケリング。SUPで青い海を海上散歩して、トカシキブルーを満喫。講習とガイド付きなので初心者も安心。

お楽しみポイント
ウミガメとの遭遇率が高いトカシクビーチでシュノーケリング。スタッフがウミガメと一緒に泳げるようにガイドしてくれる。

SUP&シュノーケリング 予約制

料金 7500円(器材レンタル料、ガイド料、送迎料、保険料込)
所要 3時間

●アコースティックライフ
080-2795-9967 受付は8:00〜20:00 無休
集合場所は要問い合わせ

島人ダイバーに聞くウミガメと出会うコツ

じっと同じ場所で待つ
バタバタ泳ぎまわらず、海面で静止して現れるのを待とう

息継ぎで顔を出す瞬間を見逃さないで
海中をのぞくだけでなく、海面を観察すると発見できることも

そっと観察しよう
見つけても触ったり、追いかけたりするのは厳禁

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×