コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【立山山麓・上市町・信濃大町】人気おすすめスポット!

【立山山麓・上市町・信濃大町】人気おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年8月31日

北陸新幹線・富山駅から便利な富山県側の玄関口
長野県側の玄関口

立山駅

無料休憩所やコインロッカーのある立山駅
富山市内とアルペンルートを結ぶ玄関口の立山駅。アルペンルート富山側の出発点で、長野側からの終着点。1階は富山地方鉄道の立山駅、2階は立山ケーブルカーの駅となっている。山の斜面にあたるためメインエントランスは2階になり、2階には無料休憩所やコインロッカーがある。

赤い屋根が目を引くロッジ風の建物がかわいい

雄山神社 前立社壇

霊山・立山の入り口に建つ
立山の神を祀る雄山神社三社のうちのひとつ。本殿は五間社流れ造りで、室町後期の様式では現在北陸最大で国の重要文化財だ。境内にそびえる樹齢500年のタテヤマスギも見事。

境内には凛とした空気が漂う

モンベルヴィレッジ 立山

アウトドア用品が何でも揃う
アウトドア用品のモンベルがカフェや生活雑貨、体験型施設などを併設した大型複合店。屋外ではカヤックやロッククライミングが体験できる。

登山やハイキング、キャンプ、カヤックなど各種アウトドア用品が充実

人工池ではスタッフの指導のもとカヤック体験(20分・600円)ができる。クライミング体験施設や、レンタサイクルの取り扱いもある

施設内にはサイクル専門ストア「モンベルサイクル」や生活雑貨を扱う「フィールドノート」などモンベル初のショップも出店している

富山県[立山博物館]

立山信仰や地獄の世界観を紹介
立山の歴史と自然を紹介する「展示館」、地獄と極楽を疑似体験できる「まんだら遊苑」などからなる広域分散型博物館。全施設をめぐるには所要時間約3時間程度みておこう。

立山信仰の拠点だった芦峅寺集落に建つ

富山県立山カルデラ砂防博物館

立山の自然と歴史が分かる
立山や立山カルデラの自然・歴史と砂防を学べる博物館。大型地形ジオラマや3D映像、工事専用トロッコの実車展示などがある。実際に立山カルデラを訪れる体験学習会も開催。

日本の地質百選である立山カルデラの成り立ちを学ぼう

お食事&喫茶 あおき

気軽に立ち寄れる食事処
立山駅すぐそばにあり、早朝から営業しているので便利。カレーやラーメン、定食などがリーズナブルに味わえ、米は富山県産という点もうれしい。スイーツメニューも多い。

肉厚のカツに男性ファンも多いカツカレー900円

大岩山日石寺

リピーターの多いそうめんが名物
神亀2(725)年に行基が開いたのが始まりと伝えられている寺。立山信仰の一端として発展し、最盛期には21社60坊を抱える大寺として名を馳せた古刹。名物のそうめんも評判。

本堂の不動明王像

大岩のおいしい水を使ったそうめん550円の味わいは格別

立山山麓の魅力を満喫!大岩山日石寺で写仏体験と門前街で精進料理

真言密宗大本山大岩山日石寺では「大岩日石寺磨崖仏」の不動明王を描き写す写仏体験ができる。写仏した不動明王は、護摩祈祷の後、特製のお守りとなって、後日郵送で届けられる。昼食は、近くの門前街旅館で山菜料理と名物のそうめんを味わおう。

3000円/名(中学生以上対象、要予約)
※料金に含まれるもの:写仏体験及びお守り郵送費・護摩祈祷料・昼食代
所要時間:約90分(昼食時間を含む) 
http://kami1tabi.net/(各種体験プランの詳細はホームページを参照)

ホテル 森の風 立山

滑らかな肌ざわりの美肌の湯
立山黒部アルペンルートの玄関口に位置し、観光や登山、スキーに便利。風呂は無色透明で滑らかな「美肌の湯」。食事は富山の旬の食材を中心とした和食会席か創作和食膳にて提供。

露天風呂から四季折々の景色が望める

市立大町山岳博物館

北アルプスを一望できる展望室
北アルプスの山と人の関わりや動植物を紹介。展望室からは四季に色づく美しい北アルプスの山並みが見渡せる。「北アルプスの山の成り立ちのコーナー」が一部リニューアル。

鹿島槍ヶ岳や五龍岳を見渡せる

わちがい

大町の郷土料理を提供
長野県産の地粉と北アルプスの名水で練りあげた細うどん「わちがいざざ」は、のど越しの良さが評判。築130年の古民家を利用した、趣のある雰囲気の中で味わおう。

名物「わちがいざざ」は、地元の野菜を使った小鉢などと一緒に

こまつうどん店

名物ダムカレーが人気
7種類のダシを使った和風カレーはうどん店ならでは。大町産コシヒカリや黒豚など素材にもとことんこだわっている。黒部ダムをモチーフにした黒部ダムカレーが名物メニューだ。

うどんとセットの黒部ダムカレー1300円

昭和軒

安曇野豚を使ったソースかつ丼
昭和2(1927)年創業の地元で長年愛される食堂。名物ソースがけかつ丼はご飯に千切りのキャベツと特製ソースをからめたカツを乗せたものでボリューム満点。

秘伝のタレが食欲をそそるソースかつ丼840円

筆者:mapple

まっぷる富山 立山・黒部 五箇山・白川郷’19

発売日:2018年04月12日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×