>  >  >  >  >  >  【松本】城下町レトロさんぽ♪おすすめスポットをチェック!

【松本】城下町レトロさんぽ♪おすすめスポットをチェック!

【松本】城下町レトロさんぽ♪おすすめスポットをチェック!

城下町として発展した松本には、アートスポットや個性的でスタイルのあるお店も増加中。昔と今が交差する町を思いのままに歩こう!

国宝松本城

1594(文禄3)年頃、石川数正・康長親子が築城。連結複合式の城で、6階建て(高さ29.4m)の大天守を中心に、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓の5棟からなる。

国宝松本城

松本城ヒストリー
明治期、破却や破損の危機にあった松本城。市川量造と小林有也という2人の先人が住民に呼びかけ、賛同を得て保存・修理が成し遂げられた。

国宝松本城

狭間
鉄砲や矢を放つための小窓。天守に115か所、城全体で2000以上ある

国宝松本城

突き上げ戸
竪格子窓の外側に設置されたシャッター。つっかい棒で瞬時に開閉可能

国宝松本城

石落とし
石垣を登ってきた敵を攻撃するために設けられた長方形の穴

天守見学のマストポイントはココ!

五重の屋根なのに中は6階建てという不思議な造りの天守。当時の大工、石工、左官、瓦職人の類い希なる技を隅々まで見学しよう。

天守見学のマストポイントはココ!

1階 武者走り
天守1階は食料や武器・弾薬を貯蔵していた場所で、武者走りと呼ばれる廊下が部屋を取り囲んでいる。

天守見学のマストポイントはココ!

2階 松本城鉄砲蔵
かつて武士たちがひかえていた場所には現在、火縄銃や装飾品などを展示。鉄砲の歴史を学ぶことができる。
提供:松本城管理事務所

天守見学のマストポイントはココ!

4階 御座の間
合戦時には城主がここに座った。下の階と比べて天井が高く、柱が少ない造りになっており広々とした印象。

天守見学のマストポイントはココ!

5階 急角度の階段
5階は作戦会議室だったと考えられている。4階から5階への階段は勾配が61度もあり、はしごを登るような感覚だ。

天守見学のマストポイントはココ!

6階 展望窓からの眺め
北は城山や岡田の山、東は美ヶ原の山々。南は松本市の南部と塩尻市、西はアルプスの山並みが見渡せる。

天守見学のマストポイントはココ!

6階 城を守る御神体
6階の天井は太い梁が井の字形に組まれており、その中央には1618(元和4)年以来二十六夜神が祀られている。

松本市立博物館

松本の歴史を学ぼう
1906(明治39)年に開館した松本城の敷地内にある博物館。展示内容は松本市の民俗と歴史の2部門で、松本城に関する資料や発掘出土品も紹介。

松本市立博物館

ミュージアムショップも併設

松本市立博物館

住所
長野県松本市丸の内4-1 松本城公園内
交通
JR篠ノ井線松本駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休(展示替え期間休、12月29日~翌1月3日休)
料金
入館料(国宝松本城と共通)=高校生以上610円、小・中学生300円/(市内在住70歳以上・障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

松本城

住所
長野県松本市丸の内4-1
交通
JR篠ノ井線松本駅からアルピコ交通周遊バスタウンスニーカー北コースで6分、松本城・市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00、時期により異なる)
休業日
無休(12月29~31日休)
料金
入場料(松本市立博物館と共通)=高校生以上610円、小・中学生300円/(団体割引あり、障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

重要文化財旧開智学校

明治初期の歴史ある建築
1876(明治9)年から1963(昭和38)年まで小学校として使用された。当時流行していた擬洋風建築の代表作としても有名。

重要文化財旧開智学校

重要文化財 旧開智学校校舎

住所
長野県松本市開智2丁目4-12
交通
JR篠ノ井線松本駅からアルピコ交通周遊バスタウンスニーカー北コースで12分、旧開智学校下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)、変更の場合あり(要確認)
休業日
第3月曜、12~翌2月は月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人250円、小・中学生100円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名まで無料)

長野県宝松本市旧司祭館

船大工の技法を残す貴重な純西洋館
1889(明治22)年に建築された西洋館。建物はアメリカ開拓時代の技法を取り入れたアーリーアメリカン様式だ。

長野県宝松本市旧司祭館

長野県宝松本市旧司祭館

住所
長野県松本市開智2丁目6-24
交通
JR篠ノ井線松本駅からアルピコ交通周遊バスタウンスニーカー北コースで12分、旧開智学校下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)、変更の場合あり(要確認)
休業日
第3月曜、12~翌2月は月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

中町通り

土蔵造りの町並みを探検
かつて酒造業者や呉服問屋が集まって栄えた通り。蔵造りの建物を店舗にした、民芸・工芸品店などが並ぶレトロな雰囲気。

中町通り

中町通り

住所
長野県松本市中央
交通
JR篠ノ井線松本駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

縄手通り

下町の情緒を感じる商店街
江戸時代の風情を漂わせた、長屋風の建物が並ぶ商店街。約150mの通りには雑貨店や食事処などが連なる。

縄手通り

松本市美術館

アートの町を象徴する巨大なチューリップ
松本ゆかりの作品を中心に展示する美術館。中でも、松本市出身の世界的な前衛芸術家・草間彌生の作品は主要コレクションのひとつ。高さ10mもある野外彫刻《幻の華》は必見だ。常設展のほか、多彩な企画展も年間を通して開催。

松本市美術館

草間彌生《幻の華》2002年

松本市美術館

開放感あるエントランス

松本市美術館

常設展示『草間彌生 魂のおきどころ』

ミュージアムショップの草間グッズに注目!

ポップなデザインのポストカードやバッグなど、草間ワールドあふれるグッズをゲットしよう。

ミュージアムショップの草間グッズに注目!

ダンシングパンプキンポストカード486円

ミュージアムショップの草間グッズに注目!

草間彌生キーリング3024円

松本市美術館

住所
長野県松本市中央4丁目2-22
交通
JR篠ノ井線松本駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌平日休(年末年始休)
料金
大人410円、高・大学生200円、中学生以下無料、企画展は別料金(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、常設展は松本市内在住の70歳以上無料)

クラフトフェアまつもと

作家の顔が見える展示場
陶磁・木工・染織・ガラスなどの工芸作家が全国から250人以上集まり、作品を展示販売。毎年5月の最終土日に開催。

クラフトフェアまつもと

作家と直接会話しながら作品を選べる

クラフトフェアまつもと

住所
長野県松本市県3丁目1-1 あがたの森公園
交通
JR篠ノ井線松本駅からアルピコ交通周遊バスタウンスニーカー東コースで11分、あがたの森公園下車すぐ
営業期間
5月最終土・日曜(雨天決行)
営業時間
初日は11:00~17:00、2日目は9:00~17:00
休業日
情報なし
料金
情報なし
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×