コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【しまなみ海道】海鮮グルメ&ロケーションカフェ!

【しまなみ海道】海鮮グルメ&ロケーションカフェ!

by mapple

更新日:2018年7月15日

瀬戸内の海鮮グルメが自慢の食事処、多島美が広がるロケーションカフェなど、昼食&休憩に立ち寄りたい人気店をピックアップ。

お食事処 大漁

島ランチはコスパ◎の新鮮魚介を
大山祇神社の正面に位置し、参拝者やサイクリストで賑わう人気店。元魚屋の店主が選ぶ魚介は新鮮でおいしいと地元客にも好評。丼や刺身、握りなどメニューは多彩で、そのほとんどが500円前後!名物の海鮮丼は並んでも食べる価値あり。【大三島】

【CHECK!】行列が物語る人気ぶり!
大山祇神社前という好立地に建つため、休日には開店直後から満席状態。予約(電話予約は不可)ができるので、真っ先に予約リストに記入を。

全部のせ丼 1480円
まぐろ、うに、いくらなど10種類の魚介が酢飯が覆う

ご飯もの以外はセルフサービス

休日には長蛇の列ができる

道の駅 多々羅しまなみ公園レストラン

サイクリストが集うレストランで幻の高級魚に舌鼓
多々羅大橋のたもとにある道の駅。瀬戸内海を望むレストランでは、幻の高級魚「マハタ」を丼やにぎり寿司、薄造りなど多彩なメニューで味わえる。【大三島】

マハタ丼 1950円
マハタを丼と吸い物で楽しめる定食。マハタの刺身はぷりぷりとした歯ごたえが特徴

道の駅 多々羅しまなみ公園内にある

瀬戸の味 万作

秘伝の味噌が素材の味をひき立てる
瀬戸田の港にあがる鮮度抜群の海の幸が主役。島の名物であるタコ料理をはじめ、鯛、タコ、エビ、野菜などを味噌焼きにした浜子鍋が看板メニュー。【生口島】

浜子鍋 1300円
生口島の郷土料理で、かつて塩田で働いていた「浜子」たちが好んで食べていたことが名の由来(写真は1人前)

落ち着いたたたずまいの外観

open cafe 遠見茶屋

カレイ山展望台のそばにあるオープンカフェ
標高約200mの高台に建つ、春から秋の土・日曜、祝日オープンの絶景カフェ。窓はなく、開放的な店内からは、能島や伯方島など瀬戸内の島々が一望できる。

大島カレイ山のカレーライス(サラダ付) 800円、自家製ハニーレモン 300円
スパイスを効かせたシーフードカレー。1日限定25食のため予約がベター

窓はなく、安全用のワイヤーのみのオープンな空間

カレイ山展望台に隣接して建つ

島めぐりで見つけたシトラスみやげ

おみやげには、瀬戸内の温暖な気候が育んだみずみずしい柑橘を使ったスイーツを。

因島はっさく屋

因島大橋記念公園内の餅菓子屋。石臼でついたみかん餅で、白餡と島の名産であるはっさくを包む大福にファンも多い。【因島】

はっさく大福 160円(10月上旬~8月中旬)

島ごころ

瀬戸田レモンにこだわった洋菓子やジャムを製造・販売する。レモンの旬を見極めて作られる、レモンケーキは絶品。【生口島】

瀬戸田レモンケーキ 島ごころ (1個)250円

しまなみドルチェ本店

地元の果物を使う自然派ジェラートの店。デコポンの果汁をふんだんに使った「瀬戸田のデコみかん」は酸味と甘みのバランスが絶妙。【生口島】

ジェラートダブル 430円

富士本舗

瀬戸田港から続くしおまち商店街にあるみやげ店。瀬戸内の素材とアイデアを生かしたオリジナル商品を展開する。【生口島】

レモンせんべい 650円

Limone

無農薬自家栽培の柑橘で作る、ほろ苦くキレのあるレモンリキュールが人気。オリジナルスイーツや雑貨も販売。

大三島大三島リモンチェッロ(右)、ネーブルチェッロ(左)各(200㎖)2100円

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×