コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【鶴ヶ城】会津若松のシンボル!歴史さんぽスポット!

【鶴ヶ城】会津若松のシンボル!歴史さんぽスポット!

by mapple

更新日:2018年8月31日

会津若松のシンボルとして長い歴史をもつ鶴ヶ城は、幕末に戊辰戦争の舞台となったことで知られる。当時と同じ赤瓦を再現した美しい姿は今もなお、訪れる人を魅了する。

鶴ヶ城

戊辰戦争を耐え抜いた会津人が誇る不落の名城
会津若松の基礎をつくった名将、蒲生氏郷が文禄2(1593)年に7層の天守閣を築き、江戸初期の城主・加藤明成のときに白亜5層の天守閣が完成。戊辰戦争では激しい攻防戦を耐え抜くが、明治7(1874)年に石垣だけを残して取り壊され、現在の城は昭和40(1965)年に再建された。

見学時間目安 1時間30分

全国的にも珍しい赤瓦の天守閣。再建時は黒瓦だったが、2011年の改修で幕末の姿に。
鯱全体に銀箔が貼られ、目はダイヤモンド製という豪華絢爛な装飾が施されている。

会津戊辰戦争から150年!

2018年は天守閣で戊辰戦争関係の収蔵品を公開した企画展が開催されるのでチェックしてみよう。

天守閣入口・塩蔵

天守閣内唯一の遺構である塩蔵を再現
重厚な石垣に小さく開いた入口から天守閣へ登る。入口奥には全国的に貴重な塩蔵が残る。

海のない会津にとって塩は貴重だった

鶴ヶ城天守閣郷土博物館[1層~4層] 

楽しく歴史を学べる体験型ミュージアム
鶴ヶ城の歴史や構造を映像などでわかりやすく紹介。会津の歴史を楽しく学べる。

テーマや時代ごとに会津の歴史を紹介

シアターでは戊辰戦争などについて解説

展望層[5層]

市内を一望できる眺めは見事
最上層の展望層からは白虎隊自刃の地・飯盛山や会津若松市街地、磐梯山などが見渡せる。

飯盛山方面。鶴ヶ城が見守る会津若松の街を見下ろしてみよう

城内の見どころMAP

1 椿坂

北出丸から本丸へ通じる大手門(太鼓門)へと続く坂。この坂を制する者が城を制するといわれたほど重要な場所だった。

2 廊下橋

二ノ丸から本丸へと通じる朱塗りの橋。豊臣秀吉が会津に来た頃は、こちらが大手口(表玄関)だった。

3 茶室麟閣

千利休の子、少庵が蒲生氏郷のために建てたと伝わる。草庵風の茶室や庭園がある。入園料200円。

抹茶(菓子付き)600円

4 荒城の月碑

『荒城の月』は明治後期に詩人・土井晩翠が荒れた鶴ヶ城址などをモデルに作詞。その後、滝廉太郎が曲をつけた。

5 鉄門

本丸へ通じる表門。柱や扉の木の部分が鉄で覆われていることからこの名がついた。頑丈で重厚な造り。

6 武者走り

本丸への敵の侵入を防ぐ要となっていた太鼓門の上に、兵を上り下りさせるための石段。V字形に積まれている。

干飯櫓

城内に11あった二重櫓のうち、いちばん大きかった櫓を復元。食糧の貯蔵庫として使われていた。内部は鶴ヶ城天守閣に入城すれば見学できる。

注目! 鶴ヶ城の石垣

戊辰戦争後、城は取り壊されたが、地下約4mから自然石を積んでいる野面積の石垣は、蒲生氏郷が築いた当時のものが残っている。石と石の接合面を少し加工して溶接のような打込ハギ、四辺形に加工した切込ハギもあり、3つの石積み工法が見られる。

走長屋でおみやげ探し

南走長屋は武器庫として使われていたといわれている。小さな穴から鉄砲を撃っていたという様子も再現している。

国産の木材を使って復元した南走長屋の廊下

歴史人物画の巨匠が描いた蒲生氏郷!

氏郷クリアファイル 350円
諏訪原寛幸氏とコラボしたグッズがそろう

赤瓦城しおり(左)350円
什の掟しおり(右)250円

什の掟などが書かれた蒔絵のオリジナルしおり

戊辰150周年「VR幕末の会津若松」

3面マルチスクリーンのVR体感シアター登場!
戊辰戦争から150周年を記念して鶴ヶ城内の鉄門に、3面マルチスクリーンのCGシアターを新設。「若松城内」「城下町編」「空へ編」の3つのストーリーを上映。ゆかりの人物が会津の歴史を案内してくれる。約6分。

「若松城内」のVRで流れる塩蔵の解説

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×