コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【酒田】地産地消のフレンチレストランランチを!

【酒田】地産地消のフレンチレストランランチを!

by mapple

更新日:2018年9月9日

周囲を海と山に囲まれた酒田は、山海の幸に恵まれたエリア。数多くの料理人が腕をふるうなか、地元で長く愛されているのが、庄内産食材の持ち味を生かした「酒田フレンチ」だ。フレンチの名店で滋味豊かな料理を楽しもう。

酒田フレンチの歴史

昭和42(1967)年に「レストラン欅」の支配人・佐藤久一氏が、「本格的なフランス料理を味わえる店を酒田に」と、声を上げたことが始まり。庄内の食材を使ったメニューは、多くの食通たちを魅了し全国へと知られていった

Restaurant Nico

地元食材を主役にした魅惑のフレンチ
日本海で獲れた魚介や近隣農家から仕入れた野菜など、酒田ならではの滋味あふれる食材を用いたフレンチを楽しめる。味はもちろん、食感や見た目など細部にまで手間ひまをかけたオリジナリティあふれるフレンチを提供している。

予算:昼2000円〜、夜3000円〜
予約:コースは前日までに要予約

閑静な通り沿いに建つ一軒家レストラン

ゆったりとくつろげる広々とした店内

[必食]ランチのプチコース 2000円

前菜2品、スープ、メイン、デザート、パン、ドリンク。写真のメインは鯛のソテー

コレもおすすめ
庄内産和豚もち豚のロースト グリーンペッパーソース1365円

フランス風郷土料理 欅

「酒田フレンチ」の老舗が作る素材を生かした郷土の味
その日港に水揚げされた魚を見てからメニューを決めるという、素材にこだわった「酒田フレンチ」が人気の老舗。魚介は新鮮さを生かし、シンプルなソースで味付け。

予算:昼1200円〜、夜3500円〜
予約:コースは前日までに要予約

老舗の風格が漂う上質な雰囲気

[必食]食の都ランチ 2160円(内容により値段変更)

前菜、スープ、メイン、デザート、パンorライス、ドリンク

コレもおすすめ
週替わりランチ980円〜

ル・ポットフー

旬のおいしさを一皿にギュッと凝縮
魚介はシェフみずからが毎朝港に足を運び吟味。その日最もおいしい食材を使い、素材の持ち味を生かしたフランス風郷土料理を提供する。料理に合わせた日本酒やワインも充実している。

予算:昼2700円〜、夜3500円〜
予約:個室は要予約

クラシカルな調度品が配された店内

[必食]シェフおすすめランチ 2700円

前菜、スープ、メイン、デザート、パン、ドリンク。写真のメインは桜鯛のポアレ

コレもおすすめ
Aコース3500円

レストラン ロアジス

庄内の美味を知り尽くしたシェフのおもてなし料理
庄内豚や日本海の魚介、旬の野菜など食材の魅力をを引き出したフランス料理が評判。グランシェフの太田政宏さんは「食の都・庄内」親善大使としても活躍する。

予算:昼2300円〜、夜3500円〜
予約:夜は前日までに要予約

シックな雰囲気の店内

[必食]Aランチ 2370円

前菜、スープ、メイン、デザート、パン、ドリンク。写真のメインは庄内豚のソテー

コレもおすすめ
お魚のランチ1720円〜

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×